定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

「フランス語でしか注文できないパン屋」が話題に 外国語を話す『きっかけ』と『楽しさ』をつくる

CATERING INDUSTRY(飲食)
スポンサーリンク

語学アプリを提供するDuolingoは6月23日、24日の2日間、「フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋」をオープン。6月15日に日本語話者向けフランス語コースの提供を開始するのに合わせた企画で、フランス語を話すきっかけをつくった。ここでは、本企画を実施した理由とその成果について、話を聞いた。

フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋

Duolingo(デュオリンゴ)は、英語をはじめとした言語をゲームのように楽しく学べる無料の語学アプリ。グローバルでは5億のユーザーがいるが、近年、日本においても利用者が増え、拡大している。そのDuolingoが6月23日、24日の2日間、東京・恵比寿に「フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋」をオープン。6月15日に日本語話者向けフランス語コースの提供を開始するのに合わせた企画で、スチーム生食パン専門店「STEAM BREAD EBISU」(渋谷区恵比寿)とコラボレーションした。

店舗では、フランス語で注文できた人に、フランスパンを無料でプレゼントするイベントを実施した。期間中、「STEAM BREAD EBISU」は青と白を基調にしたフランスのパリにあるパン屋のようなイメージに装飾。「フランス語の注文しか受け付けない ふしぎなパン屋」という名の通り、フランス語でしか注文を受け付けることができず、制限時間の20秒間に店頭に表示されるフランス語のフレーズで注文できると、このイベントのために開発したオリジナルのフランスパンがプレゼントされる。

また、非接触型の店舗の形として、受け渡し口はヨーロッパで感染症が流行した際に使われた「ワインの窓」をオマージュしている。

イベントを体験する様子。フランス語での注文時に声が小さかったり、弱々しいと、「ワインの窓」をオマージュした受け取り口から、「自信を持って」などカードが出てくるというおもしろい仕掛けもあった。また、店舗ではDuolingoのブランド認知のために、リーフレット、ポスター、紙袋も制作した。

メディア露出の獲得だけを指標に

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント