定期購読者様限定ページはこちら

「次買うべき」はこれ! エレ派のための最旬ブラウス&シャツ10選【2022春夏コレクションスナップ】

ACCESSORIES(小物使い)
スポンサーリンク

春夏真っ先に手に入れたい定番アイテム“ブラウス&シャツ”、2022年は何が流行る? 自粛ムードから解き放たれたファッショニスタたちが集結した2022春夏コレクションの会場周辺で、おしゃれ賢者たちのブラウス&シャツの着こなしを大調査!

より

#1 華やぎを添えるフリルブラウス

人気インフルエンサーのレナ・ペルミノヴァは、オーバーサイズジャケットのインナーに優雅なフリルブラウスをIN。まだ寒さが残る日はジャケットやニットに重ね着、暖かい日は一枚で着ても様になるフリルブラウスは、春夏に欠かせません! 今年っぽさを出すなら、フリルが細かいものより、レナのような品のあるゆるやかなフリルがおすすめ。

#2 エレガントなラッフル&ケープシルエット

前面にデザインされたたっぷりのフリルと、ケープ風の袖がポイントになったラブリーなブラウスを主役に、ストリートの視線を独り占めしたのは、インフルエンサーのタマラ・カリニック。春夏トレンド大本命と言われる“ピンク”のスカートを合わせて、清楚で上品なコーディネートに。

#3 ハイネックのノースリーブブラウス

知的なムードを演出するハイネックのノースリーブブラウスは、どんなボトムスにも相性抜群! 系統を選ばず万能に着まわせるので、一枚は持っておきたいマストハブアイテム。エッジの効いたレザースカートを合わせれば、洗練された都会的なスタイリングが完成。

#4 センシュアルにアレンジしたストライプシャツ

ストリートスナップの常連キャロライン・ダウアーは、全身をフェンディでコーディネート。定番のストライプシャツは、前をお花のように結ぶだけで、グッと女性らしいセンシュアルな印象に早変わり! いろんなシャツに応用できそうなテクニックです。

#5 オフショルダー&ラッフル

フリルをたっぷりあしらったボリューミーなオフショルダートップスは、落ち着いたトーンでまとめて、リュクスに仕上げるのが正解。派手なシルエットのアイテムこそ、あえてくすみカラーを選ぶことで、グッとこなれ度がUPし、おしゃれ上級者な着こなしになります。

#6 甘すぎないラッフルブラウス

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント