定期購読者様限定ページはこちら

「TUBE」デザイナー、斎藤久夫さんがアメリカンファッションを好む理由とは

COLUMN(コラム)
スポンサーリンク

ファッション業界のキーパーソンに、アメリカンファッションについて聞く特集。今回は、「TUBE」でデザイナーを務める斎藤久夫さんに話を聞きました。

「当時、アメリカは夢の国でした」と語るのは、「TUBE」でデザイナーを務める斎藤久夫さん。そんな斎藤さんが、アメリカのファッションと出合ったのは15歳のとき。いや、ファッションではなく、“スタイル”と言ったほうが正しいかもしれません。「当時、『おしゃれな服は“アメリカン・トラッド”だ』と聞いて、懸命(けんめい)に探して買い求めていました。僕の年代はファッションやモードというのは、女性のためのものでしたから…」と斎藤さんは語ります。

「ジーンズとTシャツだけは、手放しちゃいけないと思う」

そんな斎藤さんは、「アメリカ服の魅力はカジュアルにこそある」と言います。「アメリカの服と言えば、ジーンズとTシャツです。アメリカはコットンの国。言い換えれば、実用服の国なのです。ボタンダウンシャツだって実用から生まれたもの。もっと言えば、工業製品的な服しかつくれない国だと思っています。あれは1971年でした。サンフランシスコのリーバイス工場に行ったのですが、縫製(ほうせい)はほとんどが直線。なぜかと尋ねたら、『今日工場に入った新人でも縫えるように』と(笑)。多民族国家だから、誰にでも似合うように直線的なシルエットになったという側面もあると思いますが、いい加減なところも多分にあると思いますよ」と、斎藤さんはコメントしました。

実にアメリカらしく合理的、ですが、「そこに魅力がある…」と続けます。

「それでいいんですよ。実用的、機能的、合理的であることがアメリカ服らしさだし、だからこそ世界に広がった。だって、どこでも誰でもつくれるんですから…。ただ、そんなアメリカ服の魅力も、続いたのは70年代ごろまででしょうか。いわゆるヘビーデューティ時代。雑誌『Made in U.S.A Catalog』が発刊されたころです。僕にとっては第2次アメリカ服ブームといった印象だったけど、これによりアメリカ服に開眼した人も多かったでしょうね。ただ、当時のアメリカ服の実情はぜんぜん違いましたけどね。大きく誇張された襟のシャツしかり、ソウルトレインの時代。そのころから、ファッション化していったんですね。僕は当時、アメリカの服を着ることはありませんでした。アウトドアブームがかろうじて、アメリカ服の魅力をつないでいてくれました」と、斎藤さんは話しました。

拡大しきった今こそ、原点回帰に答えがある

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント