定期購読者様限定ページはこちら

【セルフスナップ】“マスクありき”の春ファッション、今年はどうする?

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

すっかりスタイリングの一部となったマスク。1年前と比べると、マスク自体のバリエーションが増えただけではなく、マスクとウェアの合わせ方、ヘアやメイクアップとのバランスの取り方など、スタイリング面でも変化があるのでは。東京のファッション・プロ4名に、最新の「マスクありき」のスタイリングを、セルフスナップ形式で見せてもらった。

インパクトあるパンツでマスクとバランスをとって

  • ジャケット・青いトップス/ともにメゾンスペシャル
  • Tシャツ/ヴィンテージアイテム
  • パンツ/パロマ ウール
  • シューズ/メゾン マルジェラ

繊細な表情のマスクチェーンと、重量感のあるピアスで、顔まわりにアクセントをつけて。ビビッドブルーのトップスは、さりげなくTシャツにプリントされた『シャイニング』の双子が着ているドレスの色とリンク! 「寝る前に翌日のスタイリングを考えて、朝に服を着るのが待ち遠しい!と思えることを楽しんでいます」と蒲原さん。

クラフト感あふれるパッチワークマスクを主役に

スタイリスト 矢内麻友さん(@mayu_yauchi

マスクとタイツ、シューズでチェック柄を取り入れた矢内さん。「お気に入りのパッチワークマスクと、グラニーなタイツを合わせたところがポイント。薄手のトレンチコートはごわつかないので、上にニットを重ねたり、この日のようにジャケットを重ねたりと、ワンピース感覚で着ています」。定番アイテムであるトレンチコートが、レイヤードテクニックで新しい表情に!

  • マスク/シメオナ レオナ
  • トレンチコート/ヴィンテージアイテム
  • トレンチコートの上に着たジャケット/JW アンダーソン
  • タイツ/ミュウミュウ
  • シューズ/バーバリー
  • ピアス/タサキ
  • シュシュ/ソフィー ブハイ

「クラフト感漂う小物を、アースカラーでまとめました」と矢内さん。ハンドメイドの温かみが感じられるマスクは、真っ赤なパイピングと若草色のロングリボンがアクセントに。黒いシュシュとパールピアスには、大人のガーリーな気分が漂っている。

モノトーンでマスクの日もスタイリッシュに

伊勢丹新宿店リ・スタイル(@restyle_isetan_shinjuku) スタイリスト 岩田紗羅さん(@sarah.iwata

強い印象になりがちなブラックのマスクを、つけ襟でロマンティックに味つけした岩田さん。「最近は白以外の色の不織布マスクもあるので、リップを選ぶ感覚でその日の気分やスタイリングに合わせて選んでいます。この日はつけ襟つきのロゴTシャツに、とろんとしたシルエットがフェミニンな印象のパンツを合わせて、全体的に白×黒のコントラストをはっきりと。足元は重量感のあるローファーを合わせ、ロマンティック×カジュアルのバランスを意識しました」

  • 手に持ったコート/アキラ ナカ
  • Tシャツ(つけ襟つき)/ロク
  • パンツ/マメ クロゴウチ
  • イヤーカフ(左右とも)/ハイク

「耳元には大ぶりのアクセサリーを合わせることで、マスクで顔が隠れていても明るく華やかな印象になるようにしています」と岩田さん。オブジェのようなデザインのイヤーカフは、左右で色を変えて遊び心をプラスした。

ベージュ〜ゴールドのワントーンで全身を統一

「マスクで顔が見えないので、覚えてもらいやすいように、髪はかなり強めのパーマをかけています。細かいロットで巻いてもらって、きれいに保つために月に一度メンテナンスをしています」と山中さん。ゴールドを中心としたネックレスのレイヤードも、さりげないアクセントになっている。

Bitly
より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント