定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

【夏に着たいレディースファッション31選】何気ないのにおしゃれに見せるコツがわかる着こなし

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

ライフスタイルやマインドの変化が目まぐるしい中でも、暑い夏はやってくるし、ファッションくらいポジティブでいたい。今回は初心に戻って夏の着こなしを楽しむことにフォーカスして、大人の余裕を感じさせるコーデをピックアップ。このシーズンだからこそ着たいレディースファッションを紹介します。

Oggi(オッジ) 2021年 09 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのOggi(オッジ) 2021年 09 月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またOggi(オッジ) 2021年 09 月号 もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

  1. 遊びを取り入れて夏のレディースファッションを華やかに
  2. 【パンツ】キレのよさに頼ってきれいめコーデに
    1. 【1】オリエンタル柄パンツ×ベージュニット
    2. 【2】黒エコレザーパンツ×チャコールネイビーブラウス
    3. 【3】白パンツ×シルバーパンプス
    4. 【4】ベージュタックパンツ×ベージュサンダル
    5. 【5】黒パンツ×ベージュジャケット
    6. 【6】グレーパンツ×シルバーパンプス
    7. 【7】白パンツ×グレーサンダル
  3. 【スカート】惹かれる柄やデザインを軸に選んで
    1. 【1】ボタニカル柄スカート×黒ニット×黒ブルゾン
    2. 【2】白セミフレアスカート×イエローニット×グレーシャツジャケット
    3. 【3】ブラウンのロング丈チュールスカート×白Tシャツ
    4. 【4】赤フレアスカート×トング
    5. 【5】白スカート×イエローニット
    6. 【6】イエロースカート×ベージュパンプス
    7. 【7】グリーンフレアスカート×ベージュサンダル
  4. 【ワンピース】シンプルでも華のあるシルエットを
    1. 【1】ボーダー柄ワンピース×ネイビージャケット
    2. 【2】白シャツワンピース×ブルーデニム×グリーンニット
    3. 【3】黒ロングワンピース×白リネンパーカー
    4. 【4】黒ワンピース×シルバーパンプス
    5. 【5】ネイビーシャツワンピース×ベージュパンプス
    6. 【6】ブラウンワンピース×スニーカー
  5. 【カジュアル】遊び心をトッピングして旬モードに
    1. 【1】ベージュシアーニット×グレージュのフレアスカート
    2. 【2】ボーダーカットソー×バックスリット入り黒スカート
    3. 【3】ベージュシャツワンピース×黒デニムパンツ
    4. 【4】白Tシャツ×黒オールインワン
    5. 【5】黒Tシャツ×ネイビータイトスカート
    6. 【6】白Tシャツ×ブルーチノタイトスカート
    7. 【7】黒Tシャツ×カラーボトムス
    8. 【8】白Tシャツ×カーキパンツ×ジャケット
    9. 【9】黒Tシャツ×黒ワイドパンツ
    10. 【10】白Tシャツ×ネイビーパンツ
    11. 【11】黒Tシャツ×黒パンツ
  6. 最後に

遊びを取り入れて夏のレディースファッションを華やかに

抜け感のあるトラッドな着こなしも、リラックス感を漂わせたスタイルも…、夏はシンプルであってもだらけて見えない工夫が必要。今回は大人のこなれ感を加える、色、質感、柄など素材感にこだわった着こなしを集めました。自分らしくかつ大人にふさわしい着こなしを見つけて。

・リラクシーなシルエットはツヤ素材を加えて大人っぽく
・インパクトのある柄はこの夏の盛り上げ役に活躍
・透け感のある素材で女っぽさをプラス

【パンツ】キレのよさに頼ってきれいめコーデに

夏のパンツコーデは、ちょっとしたイベントにも着られるきれいめパンツがあると便利。細身シルエットやハリ感のある素材に加えて、今年らしい光沢感のあるパンツはコーデのアクセントになって、夏の着こなしが一気に華やぐのでおすすめです。

【1】オリエンタル柄パンツ×ベージュニット

夏のおしゃれをクラスアップする柄パンツは、ブラウン×ベージュのまろやか配色で小粋な柄をやわらかい雰囲気にまとめて。シルクパジャマのような光沢感でシンプルコーデを上品に。

  • パンツ¥38,500(Edition 表参道ヒルズ店〈Edition〉)
  • 〝GALERIE VIE〟のニット¥33,000・〝BEMBIEN〟のバッグ¥14,300(GALERIE VIE 丸の内店)
  • 靴¥13,200(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)
  • イヤーカフ¥2,970(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)
  • ネックレス¥11,220(サイクロ〈CYCRO〉)
  • リング¥1,980(ロードス〈ヘンカ〉)

【2】黒エコレザーパンツ×チャコールネイビーブラウス

スタイリッシュな黒のエコレザーパンツは、グレーをまぜたようなダークネイビーのプルオーバーブラウスを合わせて、あえてダークにまとめて。ふんわりスリーブの甘さをほどよく抑えて大人っぽく。

  • ブラウス¥33,000(ボウルズ〈ハイク〉)
  • パンツ¥30,800(オットデザイン〈ルーム エイト〉)
  • バッグ¥29,700(GALERIE VIE 丸の内店〈NATASHA BARRAULT〉)
  • 靴¥13,200(メゾン イエナ〈ルアナ〉)
  • サングラス¥52,800(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)

【3】白パンツ×シルバーパンプス

白ニット×白パンツの清潔感たっぷりなホワイトトーンコーデ。全身のイメージがほっこりしないように、足元はメタリックシルバーの「ツヤ」でキレ味をプラス。パンツはクロップド丈を選んですっきりと。

  • サンダル[ヒール5cm]¥29,000(PIPPICHIC)
  • 「GALERIE VIE」のニット¥17,000・「CYRIL」のリング¥42,000(GALERIE VIE 丸の内店)
  • パンツ¥22,000(ティッカ〈ティッカ〉)
  • バッグ¥98,000(H.P.FRANCE〈JAMIN PUECH〉)
  • ピアス¥13,000(DES PRÉS〈IRIS47〉)

【4】ベージュタックパンツ×ベージュサンダル

白Tシャツにハイウエストなタックパンツで脚長効果も。アニマル柄のフェルトバッグとぺたんこトングなど、キャッチーな小物でほんのりかわいいトラッドカジュアルコーデに。

  • Tシャツ¥19,000(コロネット〈エアロン〉)
  • 肩にかけたニット¥33,000(FUN Inc〈. VONDEL〉)
  • バッグ¥94,00(0 ドレステリア 博多店〈エバゴス〉)
  • 靴¥18,500(Essay ラゾーナ川崎店〈ファビオ ルスコーニ〉)
  • 眼鏡¥34,000(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)
  • イヤリング¥160,000(KAORU 伊勢丹新宿本店〈KAORU〉)
  • 時計¥25,000(ピークス〈ロゼモン〉)
  • バングル¥27,000(ストローラーPR〈マユ〉)

【5】黒パンツ×ベージュジャケット

黒パンツにベージュのジャケット、ネイビービスチェをレイヤード。ダークトーンだからこそ、さりげなさが肝。シンプルな黒Tシャツコーデを華やかに更新。

  • ビスチェ[共布ベルト付き]¥12,000(mimi&roger)
  • ジャケット[共布ベルト付き]¥58,000(シップス 大丸東京WOMEN’S店〈カレンテージ〉)
  • Tシャツ¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)
  • パンツ¥20,000(フィルム〈ダブルスタンダードクロージング〉)
  • ピアス¥4,600(シップス 有楽町店〈ウブ〉)
  • バッグ¥34,000(T-square Press Room〈SERPUI〉)

【6】グレーパンツ×シルバーパンプス

定番の黒×グレーのコーデ。共布ベルト付きのグレーワイドパンツには、黒Tシャツをインして。スカーフで顔周りに華やぎを。足元はシルバーのパンプスで引き締める。

  • パンツ¥8,800(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)
  • ジャケット¥24,000(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉)
  • カットソー¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)
  • バッグ¥140,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • スカーフ¥2,900(ジオン商事〈セピカ〉)
  • 靴¥29,000(PIPPICHIC)
  • 時計¥880,000(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)

【7】白パンツ×グレーサンダル

快活なリブ白Tシャツをオールホワイトで透明感際立つ着こなしに。パンツはリネンを選び、異素材を重ねて立体感を出すのがコツ。足元もサンダルで軽やかに。

  • Tシャツ¥8,100(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)
  • パンツ¥12,038・靴¥10,186(バナナ・リパブリック)
  • 手首に巻いたスカーフ¥7,800(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店〈マニプリ〉)
  • バッグ¥120,000・パールストラッ¥180,000(TASAKI〈TASAKI por RELIQUIAE〉)
  • 時計¥880,000(DKSHジ ャパン〈ベダ&カンパニー〉)
  • 〝MARIA BLACK〟のチョーカー¥42,000・〝Hirotaka〟のバングル[上]¥88,000・[下]¥58,000(ショールーム セッション)

【スカート】惹かれる柄やデザインを軸に選んで

夏のスカートはコーデの主役になることが多いので、思い切って華やかカラーや柄を選ぶくらいがちょうどいいバランス。落ち着きのある色を選ぶときも素材のよさを引き立てることにこだわって。ここでは、ニュアンシーに着こなす大人のスカートコーデを紹介します。

【1】ボタニカル柄スカート×黒ニット×黒ブルゾン

リゾートライクな大ぶりのボタニカル柄フレアスカートは、落ち着いた黒トップスを合わせてクールダウンを。あえてシックなトーンでまとめて、キャッチーな柄スカートをかっこよく着こなして。

  • スカート¥20,900(マイストラーダ〈マイストラーダ〉)
  • ブルゾン¥19,800(アンクレイヴ〈アンクレイヴ〉)
  • ニット¥17,600(GALERIE VIE 丸の内店〈GALERIE VIE〉)
  • バッグ¥53,900(アパルトモン 青山店〈デメリエー ロンドン〉)
  • 靴¥33,000(ハイブリッジ インターナショナル〈ファビオ ルスコーニ〉)
  • バレッタ¥29,700(プリュイ トウキョウ〈プリュイ〉)
  • ネックレス¥15,400(アルティーダ ウード)

【2】白セミフレアスカート×イエローニット×グレーシャツジャケット

ほどよくフィットして凛と引き締めてくれるヘビーリネンスカートは、きれい色トップスを合わせて一気に夏モードに。鮮やかなイエローをニュアンシーな色で挟んで、コーデを引き立てて。

  • スカート¥23,100(アダム エ ロペ〈アダム エ ロペ〉)
  • シャツジャケット¥28,600(GUEST LIST〈upper hights〉)
  • タンクトップ¥10,450(TOMORROWLAND〈MACPHEE〉)
  • バッグ¥36,300(ヴァジックジャパン〈VASIC〉)
  • 靴¥35,200(ラグ & ボーン 表参道店〈ラグ & ボーン〉)
  • サングラス¥28,600(プロポデザイン〈プロポ〉)
  • 〝アグメス〟のピアス¥44,000・〝ガブリエラ アルティガス〟のバングル¥53,900(アパルトモン 青山店)

【3】ブラウンのロング丈チュールスカート×白Tシャツ

  • 靴¥29,000(PIPPICHIC)
  • バングル¥33,000(インデアン・クラフト)
  • イヤリング¥7,000(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈エネーダ〉)
  • バッグ¥134,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • ネックレス¥24,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉)
  • 日傘¥26,000(ショールーム セッション〈Athena New York〉)
  • サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)

【4】赤フレアスカート×トング

  • バッグ¥45,000(martinique日本橋〈メルセデス サラザール〉)
  • カットソー¥14,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)
  • 「シーピー シェイズ フォー ロンハーマン」のスカート¥37,000・
  • 「エム パーソンズ」の靴¥63,000(ロンハーマン)
  • 帽子¥14,000(カレンソロジー青山〈エイドリアンハッツ〉)
  • ピアス¥200,000・ネックレス¥358,000・リング¥215,000( TASAKI〈TASAKI〉)

【5】白スカート×イエローニット

ツヤ感のあるとろみ素材のスカートなら、鮮やかイエローニットと合わせてもコントラストが強すぎず、上品な印象に仕上がる。オフショル×とろみスカートの楽チンおしゃれ見えコーデが完成。

  • 靴¥42,000(THE GRAND Inc.〈LAURENCE〉)
  • バッグ¥69,000(essence of ANAYI〈MAISON BOINET〉
  • バングル¥5,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ナイン〉)

【6】イエロースカート×ベージュパンプス

ピュア白Tシャツにカナリアイエローのスカートを合わせて、気持ちも軽やかに。削ぎ落としたシンプルな着こなしだからこそ、きれい色がパッと映えるコーデ。

  • バッグ¥19,000・ブレスレット¥4,900(STELLAR HOLLYWOOD 青山店〈ステラ ハリウッド〉)
  • 靴¥17,000(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉)

【7】グリーンフレアスカート×ベージュサンダル

共布ベルト付きの落ち着いた深みのあるグリーンのフレアスカートに合わせたいのは、ベーシックな白Tシャツ。計算されたボリュームが着こなしの鍵。

  • Tシャツ/AURALEE
  • スカート/muller of yoshiokubo
  • バッグにかけたデニムジャケット/Acne Studios
  • バッグ/Fatima Morocco
  • 靴/PIPPICHIC
  • ブレスレット/Tiffany&Co.
  • ピアス/ADER

【ワンピース】シンプルでも華のあるシルエットを

夏の定番ワンピースは、ちょっとしたよそいきコーデやワンマイルウェアのように着たり、レイヤード次第で雰囲気をガラッと変えてくれるので、実はマンネリ防止におすすめ。ここでは、これからのシーズンに活躍するレイヤード術、1枚で着こなしが完成するデザインワンピを紹介します。

【1】ボーダー柄ワンピース×ネイビージャケット

フレンチシックなゆるっとしたボーダーワンピースには、ベーシックなジャケットや先広スクエアトウでハッと目を引いて。ワンピースの裾からチラリと見えるアンクレットチェーンで色気をプラスして。

  • 靴[1.5・アンクレットチェーン付き]¥10,780(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店〈ミラ オーウェン〉)
  • ジャケット¥53,900(インターリブ〈サクラ〉)
  • ワンピース[キャミワンピース付き]¥29,700(THIRD MAGAZINE〈THIRD MAGAZINE×mikomori〉)
  • バッグ¥37,400(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈HEREU〉)
  • 〝ワンエーアールバイウノアエレ〟のブレスレット¥11,000・〝ウノアエレシルバーコレクション〟のリング¥16,500(ウノアエレ ジャパン)

【2】白シャツワンピース×ブルーデニム×グリーンニット

ほんのり肌が透けるシアー素材の白ワンピースは、辛口なブルーデニムを重ねてキレよく。エスニックムード漂うカフタンワンピースの上から、グリーンカーディガンを肩掛けすると好バランス。

  • ワンピース¥17,000(ノーク)
  • 肩に掛けたカーディガン¥31,900(スローン)
  • デニムパンツ¥22,880(ショールーム セッション〈サージ〉)
  • 〝OPEN EDITIONS〟のバッグ¥6,600・〝TKEES〟の靴¥11,000(エスケーパーズオンライン)
  • ピアス¥35,200(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)
  • ブレスレット¥9,350(フォーティーン ショールーム〈in mood〉)

【3】黒ロングワンピース×白リネンパーカー

裾に大きく広がるロングワンピースにUV対策リネンパーカーをはおった夏コーデ。モノトーンの着こなしに、シルバーアクセを重ねて辛口な味付けをプラスして。

  • イヤリング¥62,000(KAORU ルミネ有楽町店〈KAORU〉)
  • バングル[ひじ側]¥28,000(インデアン・クラフト)
  • バングル[手首側]¥33,000(インデアン・クラフト)
  • バッグ¥134,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • 帽子¥3,500(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈アーバンリサーチ〉)

【4】黒ワンピース×シルバーパンプス

大事な夜には、ワンディテールの黒ワンピースで一気に華やか見え。小物には、ミニバッグと目を引くシルバーパンプスを合わせてパーティー仕様に。

  • ワンピース¥43,000(Theory luxe)
  • カーディガン¥15,000(デミルクス ビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉)
  • バッグ¥68,000(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ロシオ〉)
  • 靴¥52,000(アマン〈ペリーコ〉)
  • ピアス¥28,000(ショールーム セッション〈Hirotaka〉)
  • バングル¥43,000(マユ アトリエ〈マユ〉)

【5】ネイビーシャツワンピース×ベージュパンプス

1枚でドラマティックな着こなしが実現! “nano・universe(ナノ・ユニバース)”のネイビーシャツワンピースで旬な着こなし。

  • 〝マルコビアンキーニ〟のバッグ15,000円
  • 〝ファビオ ルスコーニ〟の靴23,500円(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)
  • 時計36,500円(ピークス〈ロゼモン〉)

【6】ブラウンワンピース×スニーカー

タンクでカジュアルすぎないレイヤードバランスが叶う! ストラップが細くて胸元の開きが広いタンクワンピなら、レイヤードしてもカジュアルすぎずおしゃれに見えちゃう。

  • サングラス¥4,800(フォーティーン ショールーム〈パラフィナ〉)
  • 靴¥22,000(ハイブリッジショーケース 六本木店〈Amb〉)
  • サングラス¥6,000(フォーティーン ショールーム〈パラフィナ〉)

【カジュアル】遊び心をトッピングして旬モードに

夏のカジュアルコーデは、リラックス感ときちんと感の両立が大きなテーマ。カジュアル度合いに悩んだときは、シックな色でまとめたり、きれいめアイテムでメリハリをつけることを意識してみて。ここでは、大人にふさわしい肩の力の抜けた着こなしを紹介します。

【1】ベージュシアーニット×グレージュのフレアスカート

ロングニットとナロウフレアスカートのゆったりとしたシルエットは、サテン風のマットなツヤ素材で立体感をプラス。旬のきれいめスカートを投入して、リラックス感あふれるコーデにメリハリを。

  • スカート¥28,600(インターリブ〈サクラ〉)
  • ニット¥22,000(プラージュ 代官山店〈ミッシング ユー オルレディ〉)
  • バッグ¥12,100(ロンハーマン〈ロンハーマン〉)
  • 靴¥16,500(アダム エ ロペ〈アダム エ ロぺ〉)
  • サングラス¥39,600(アイヴァン 東京ギャラリー〈アイヴァン〉)
  • ネックレス[短]¥13,200・[長]¥11,000(アパルトモン 青山店〈マリッサ メイソン〉)

【2】ボーダーカットソー×バックスリット入り黒スカート

ビックシルエットのボーダートップスは、リッチな黒スカートを合わせて大人のフレンチシックコーデに。ストイックな配色にまとめているから、カジュアルな柄も断然今っぽく。

  • スカート¥26,400・カットソー¥17,600(Edition 表参道ヒルズ店〈Edition〉)
  • バッグ¥23,100(ノーブル 有楽町マルイ店〈アーロン〉)
  • 靴¥85,800(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店〈ジェイダブリュ アンダーソン〉)
  • ヘッドアクセ¥8,800(DES PRÉS〈PALOMA GERMAIN〉)
  • ピアス¥35,200(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレシルバーコレクション〉)

【3】ベージュシャツワンピース×黒デニムパンツ

ベージュのリネンシャツワンピース×黒デニムを合わせたカジュアルコーデ。黒デニムや黒い小物でまとめて、モードなレイヤードを楽しんで。かごバッグでリラックスムードをUPさせて。

  • 靴¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈マウロ デ バーリ×デミルクス ビームス〉)
  • バッグ¥22,000(ルーニィ)
  • 帽子¥5,800(ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店〈ラ メゾン ド リリス〉)
  • サングラス¥47,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)

【4】白Tシャツ×黒オールインワン

モノトーンコーデで大人っぽさも忘れない! 快適に過ごせるオールインワンなら、どんな体勢でもラクラクな1日に。ウエストマークのボーダーニットもポイント。

  • オールインワン¥39,000・Tシャツ¥14,000・ニット¥28,000(Theory)
  • バッグ¥20,000(ロードス〈イコット〉)
  • 靴¥5,800(コンバースインフォメーションセンター〈コンバース〉)
  • サングラス¥33,000(アイヴァン 東京ミッドタウン〈オリバーピープルズ〉)
  • ピアス¥5,250(アビステ)

【5】黒Tシャツ×ネイビータイトスカート

黒×ネイビーのシンプルコーデは、ロゴTシャツをポイントに加えて。辛口コーデには、ビビッド靴でチャーミングさと遊び心をプラスする。

  • 靴[1]¥36,000(PIPPICHIC)
  • ジャケット¥69,000(ユニオンランチ)
  • カットソー¥24,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)
  • スカート¥24,000(アパルトモン 東京店〈アパルトモン〉)
  • バッグ¥9,800(ロウェルシングス ルミネ新宿店〈ロウェル シングス〉)
  • ネックレス¥330,000(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)
  • リング¥86,000(アーツワークス〈チェリーブラウン〉)

【6】白Tシャツ×ブルーチノタイトスカート

おしゃれなロゴもコーデのアクセントに。女っぽいタイトシルエットとカジュアルな素材のコンビは、ON&OFFを問わず活躍間違いなし!

  • 肩に掛けたカーディガン24,000円・〝エトレ セシル〟のTシャツ12,000円・〝ベルメール〟のバッグ35,000円・〝ホリー ライアン〟のピアス26,000円(エストネーション)
  • 時計640,000円(ブライトリング・ ジャパン〈ブライトリング〉)

【7】黒Tシャツ×カラーボトムス

鮮やかなブリックカラーのパンツを合わせて、より黒トップスを引き立たせるコーデ。足元はスニーカーでアクティブさを演出してみる。

  • メガネ¥36,000(ブリンク外苑前〈スペクタクラーズ〉)
  • バッグ¥16,000(ジネス ディアモール大阪店〈ポップコーン〉)
  • 靴¥19,000(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店〈ファビオ ルスコーニ〉)

【8】白Tシャツ×カーキパンツ×ジャケット

Tシャツ×ベイカーパンツの組み合わせも、テーラードジャケットを合わせると新鮮な印象に早変わり。ジャケットをさらっとはおって大人の余裕を。

  • ジャケット¥52,000(l’heritage martinique〈l’heritage martinique〉)
  • 〝ウエストオーバーオールズ〟のTシャツ¥5,800・〝RHC〟のパンツ¥22,000(RHC ロンハーマン)
  • バッグ¥185,000(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)

【9】黒Tシャツ×黒ワイドパンツ

オールブラックでシンプルなコーデに、アクセントをくれるのはカラーサコッシュ。汗ばむ季節にも黒のトップスなら汗染みや汚れも気にならずうれしい!

  • カットソー¥3,900(Luftrobe)
  • パンツ¥24,000(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店〈ドゥーズィエム クラス〉)
  • バッグ¥4,200(BEAVER 渋谷〈POLeR〉)
  • 靴¥6,300(デッカーズジャパン〈テバ〉)
  • 帽子¥3,900(オーバーライド 明治通り店〈オーバーライド〉)
  • ピアス¥4,000(バロックジャパンリミテッド〈RIM.ARK〉)
  • 時計¥10,000(アイスウォッチ 原宿〈アイスウォッチ〉)

【10】白Tシャツ×ネイビーパンツ

おしゃれ感を演出してくれるジレを1点投入すると、ほどよいモード感のある旬なスタイルに。とろみ感のある白Tシャツはリラックス感ときれいめな印象をどちらもつくれる旬アイテム。

  • バッグ¥21,000(レガロ)
  • 〝タラントン by ダイアナ〟の靴¥21,000(ダイアナ 銀座本店)
  • ピアス¥55,000(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)
  • バングル¥90,000(アガット〈agete GINZA〉)

【11】黒Tシャツ×黒パンツ

  • バッグ¥4,500(ビューティ&ユース ユナイテッド アローズ 渋谷公園通り店〈ビューティ&ユース〉)
  • 靴¥22,000(ハイブリッジショーケース 六本木店〈Amb〉)
  • 帽子¥2,400(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチキュープラザ 原宿店〈センスオブプレイス〉)
  • ブレスレット¥3,500(ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店〈ナカモル〉)
Oggi(オッジ) 2021年 09 月号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのOggi(オッジ) 2021年 09 月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またOggi(オッジ) 2021年 09 月号 もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

最後に

今回は夏のおしゃれに役立つレディースファッションを紹介しました。着慣れたアイテムを旬のシルエットに更新してみたり、映えるアイテムを投入したり…。夏だからと楽なほうに安易に流されずに、かっこよく着こなせるリラクシーさが大人が求めるバランス感。このことを念頭に置いておくと、新しく服を買い足すときにも吟味しやすくなるので、ぜひ役立てて。

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント