【白、黒、デニム】申 真衣さんのおしゃれの鍵は「夏こそマイナーチェンジ」

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

2人の子育て、会社経営など日々マルチタスクをこなすVERYモデル・申 真衣(シンマイ)さん。VERYモデルをやると決めたのも「自由な時間も自信も目減りする子育て世代に向けたファッションがママたちの自信につながったら、と思ったから」と語るそんな彼女ですが、今年の夏のプライベートスタイルを紹介してもらいました。

VERY(ヴェリィ) 2021年8月号 [雑誌] | VERY編集部 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
AmazonでVERY編集部のVERY(ヴェリィ) 2021年8月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

夏でもブレずに黒が好き! 自分的にアガる更新ポイントをIN

夏でもモノトーンなのは時短や効率化というよりシンプルに黒を着ていると褒められることが多くてアガるから、という理由も(笑)。黒トップスは昨年買ったドリス・ヴァン・ノッテン、パンツはステラ・マッカートニー。定番のパンツコーデにTHE ROWのベルトやシャネルのミュールで更新感を。

祝〝毎日レギンス〟卒業 ハイウエストデニム 解禁が楽しみ

妊娠&産後はレギンスにチュニック丈トップスが定番でしたが、今年の夏は久しぶりに自分的に盛れる〝ハイウエストパンツにトップスIN〟ができるのが嬉しい! ブラウスはイザベル マラン、パンプスはTHE ROW。

白Tコーデに 変化をつける小物も 夏の醍醐味

プラダのネックピースやドリス・ヴァン・ノッテンのパンツでひとクセを。去年買ったTHE ROWのサンダルは今年も活躍させる予定。今年はマスクと合わせてつけても重たく見えない、透け感のあるサングラスも買い足したいですね。

ブレないマイナーチェンジなら お金も時間も無駄にならない

忙しい日々のカンフル剤としてファッションは大事なものだけど買物は冷静に。移動など隙間時間にリサーチを重ね、欲しいものを見つけてもまずは買わずにフォルダに入れてストックして熟考。トレンドも好きですが、自分に似合うものは限られるので慎重に見極めます。とくに気候が厳しい夏はよく着るアイテムが決まっているので夏物の買い足しは〝毎年絶対に使うものをマイナーチェンジするだけ〟と決めています。人には気づかれない微差ですが、無駄がない買い足しで季節終わりに「たくさん着たな」と満足感を味わうのも好きです。

モデル・経営者・母
三足のわらじを
やりくり中!

サングラス¥52,800(EYEVAN 7285/EYEVAN 7285 TOKYO)

VERY(ヴェリィ) 2021年8月号 [雑誌] | VERY編集部 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
AmazonでVERY編集部のVERY(ヴェリィ) 2021年8月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
定期購読(サブスクリプション)サービスのご案内をご訪問頂き誠にありがとうございます。 noteでのサービス提供廃止に伴って、noteで提供しておりました過去の有料コンテンツならびに、これからの有料コンテツは全て「Kazuhiro Mour...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント