定期購読者様限定ページはこちら

【短足が気になる人必見!】脚長に見える着こなし術35連発

CORDE・DRESSING(コーデ・着こなし)
Processed with MOLDIV
スポンサーリンク

コーデを組む上で、気になってくる問題ベスト3に入る「短足が気になる」問題。お気に入りの服に身を包んでみたけれど、「あれ、なんだか脚が短い気が……」なんてこともしばしば。ここでは、そんな悩みを解決する脚長効果バツグンな着こなし術を35選ご紹介! これを網羅すれば、美シルエットを作れることまちがいなし。

  1. 短足に見えないコーデ《4つのポイント》
    1. 【1】「トップス丈」は短めに
      1. ▼テーパードパンツ×シャツ
    2. 【2】明るい「配色」は上にもってくる
      1. ▼下半身は暗色でまとめてバランスを取る
    3. 【3】ウエストがわかる「シルエット」を意識する
      1. ▼キュッと絞ったウエストに視線を集めて
    4. 【4】「小物」使いで全体のバランスを整える
      1. ▼黒小物で統一してバランスを整えて
  2. 【丈】しだいで脚は長く見せられる
    1. 短めトップスで脚の面積を大きく
      1. ▼短めトップスは目を引く鮮やかカラーがおすすめ
    2. ロング丈のトップスはタックインやブラウジングでバランスよく
      1. ▼タックイン&黒ボトムスでスタイルアップ
      2. ▼ブラウジングで目線の位置をあげて
    3. ハイウエストボトムスで腰高に
      1. ▼ホワイトハイウエストパンツで上品さもゲット
      2. ▼脚長だけでなく美くびれも強調
    4. フルレングスが脚長効果抜群
      1. ▼フルレングス×ヒールで足首下を長く設定
      2. ▼軽やかチュールスカートならフルレングスでも重くならない
      3. ▼ライトカラーでフレッシュに
    5. アンクルパンツで抜け感を意識して
      1. ▼ニュアンスカラーはほどよい肌見せで抜け感をプラス
      2. ▼アンクル丈のロールアップでバランスよく
    6. スキニーは少し足首が見える丈をチョイス
  3. 【配色】で脱短足!脚が長く見えるおすすめカラー
    1. 重め・暗めのカラーはボトムスにもってくる
      1. ▼ライトベージュ×カーキでメリハリをつけて
      2. ▼主張のある黒ボトムスをON
    2. 足元はヌーディーカラーを選ぶと脚長効果大
      1. ▼ボトムスとシューズはスキンカラーになじませて
      2. ▼プラットフォーム×ヌーディーカラーで楽々スタイルアップ
    3. ボトムスと靴は同系色で
      1. ▼プリーツなら縦長効果も期待できる
      2. ▼黒スカートにウエストベルトを効かせて
    4. ワンカラーコーデでスタイルよく
      1. ▼タイトシルエット×ヒールですっきりみえに
      2. ▼ウエストコンシャスなトップスで視線アップ
  4. 【シルエット】を縦長すれば短足に見せないコーデが叶う
    1. 1.すっきりきれいめIラインコーデ
      1. ▼テーパードパンツ×黒ノースリーブトップス
      2. ▼レースのタイトスカート×カーキカットソー
    2. 2.ゆったりコーデはウエストを絞って「Xライン」を意識
      1. ▼くびれを作ってXラインを強調
    3. 3.ふわっとトップス×すっきりボトムスで「Yライン」コーデ
      1. ▼ベージュ×ネイビーで大人カジュアルなYラインコーデ
    4. 4.「ワイドパンツ」「ガウチョパンツ」で「Aライン」コーデ
      1. ▼スプリングコートからのぞくガウチョパンツが自然なAラインを演出
      2. ▼ストライプ柄ワイドパンツで夏の爽やかなAラインコーデ
  5. 【小物】の使い方で「短足見えするコーデ」を解消
    1. 帽子で視線を上げる
      1. ▼サマーハットをポイントに
    2. ロング丈トップスはベルト使いでスタイルアップ
      1. ▼細ベルトを添えてメリハリをつけて
    3. ヒールのある靴で自然に脚長効果を狙おう
      1. ▼やっぱり「ヒールシューズ」が一番簡単!
    4. 脚長効果を狙うスニーカー選び
      1. ▼厚底なダッドスニーカーはスキニーパンツと好相性◎
      2. ▼ローカットスニーカー×ロングワンピースですっきり見せ
      3. ▼白スニーカー×ストレートデニムがスマートな印象を演出
  6. まとめ

短足に見えないコーデ《4つのポイント》

脚が短く見えてしまう理由は、もしかしたらコーデの合わせ方にあるかも!? ここでは、脚長見え&スタイルアップが叶う基本のポイントを4つピックアップ。

  1. 「トップス丈」は短めに
  2. 明るい「配色」は上にもってくる
  3. ウエストがわかる「シルエット」を意識する
  4. 「小物」使いで全体のバランスを整える

【1】「トップス丈」は短めに

上の図からもわかるように、脚長に見えるトップス丈は一目瞭然。お尻が気になるからといって中途半端な丈のトップスを合わせてしまうと、脚が短く見えるばかりかスタイルが悪くなってしまうおそれも。どこか一か所を隠すのではなく、全体のバランスを考えたトップス丈選びを意識してみて。

▼テーパードパンツ×シャツ

シャツ×パンツの定番きれいめスタイルは、フロントをタックインして腰高に。裾にかけて細くなるテーパードパンツをチョイスすれば、美脚ラインも叶う。

【2】明るい「配色」は上にもってくる

イラストを見比べたとき、どちらのトップスに視線がいくでしょうか? 人間の目は鮮やかで明るい色に視線がいきます。明るい色をトップスにもってくることで、人の視線を上に誘導することができるんです! 反対に、ボトムスは暗めの色にすると全体が引き締まります。

▼下半身は暗色でまとめてバランスを取る

目を引く明るい色はトップスに、暗色はボトムスにもってくることで、自然と視線が上に集中し、スタイルアップにつながる。このとき、シューズの色をボトムスと合わせることで、より脚長効果アップ。

【3】ウエストがわかる「シルエット」を意識する

寸胴のシルエットでも、ウエストにアクセントをつけることで、メリハリあるシルエットに。ウエストラインを気持ち高めに強調すれば、脚長効果は上がります。

▼キュッと絞ったウエストに視線を集めて

ゆったりトップスにワイドストレートパンツのゆったりコンビは、キュッとウエストをくびれさせることでメリハリが強調され、GOODバランスに。おまけに視線も上がるので、短足が気にならないスタイルが完成。

【4】「小物」使いで全体のバランスを整える

こちらも人の視覚を利用し、小物に視線を誘導することで、全体的にバランスのよい印象に。簡単に印象を変えられる小物使いは、ぜひマスターしたいところ。

▼黒小物で統一してバランスを整えて

やわらかなニットワンピースは小物使いでバランスを。ウエストをベルトでマークしたら、カバンやブーツなどそのほかの小物も黒系でまとめるとメリハリがつく。ワンピースの下に明るめカラーのスカートを重ねるとより足が長くみえる。

【丈】しだいで脚は長く見せられる

全身のバランスをよく見せるのが、脚長に見せる上ではとても重要なんです。黄金バランスを叶えるために、ぜひ「丈感」を重視してみて!

短めトップスで脚の面積を大きく

▼短めトップスは目を引く鮮やかカラーがおすすめ

トップスの丈は短いものをチョイスするだけで脚長効果があるけれど、更に目を引く鮮やかカラーならなお良し! ボトムスはカラートップスを引き立たせるデニムや黒など選ぶのが正解。

ロング丈のトップスはタックインやブラウジングでバランスよく

▼タックイン&黒ボトムスでスタイルアップ

トップスのフロントをタックインすると、脚長効果だけでなくこなれ感も演出可能。引き締め効果と脚のラインを拾わない黒ワイドボトムスを合わせて、下半身をしっかりカバー。

▼ブラウジングで目線の位置をあげて

ゆったりにニットもベルトを使ってブラウジングすればすっきりみえが叶う。目線の位置が上がることで足長効果UP。小物はダーク系でまとめるとよりすらっとした印象に。

ハイウエストボトムスで腰高に

▼ホワイトハイウエストパンツで上品さもゲット

レディなパープル系カットソーに、ホワイトのハイウエストボトムスを合わせたフェミニンスタイル。ハイウエスト×ヒールサンダルでとことん脚長効果を狙って。

▼脚長だけでなく美くびれも強調

くびれで止まるフレアスカートなら、腰高にしてくれるだけでなくメリハリのあるボディラインも作ってくれる。トップスにはシンプルな白カットソーを合わせて、スカートを主役に。

フルレングスが脚長効果抜群

▼フルレングス×ヒールで足首下を長く設定

くるぶし〜床に届くほどの長さのフルレングスボトムスなら、ヒールと合わせて足首下を長く演出できる。白シャツ×ミントグリーンのパンツで爽やかさをまとって。

▼軽やかチュールスカートならフルレングスでも重くならない

脚をすっぽり覆うフルレングスのスカートは、脚長効果は期待できるものの、重くならないか心配なところ。そんな時は、風に舞う軽やかチュールスカートをチョイスすれば解決。

▼ライトカラーでフレッシュに

ナチュラルな風合いが楽しめるコットンのフルレングススカートは、レモンカラーをチョイスして軽やかさアップ。トップスをINすることで脚長効果をにアップさせて。

アンクルパンツで抜け感を意識して

▼ニュアンスカラーはほどよい肌見せで抜け感をプラス

ニュアンスカラーのコーデは、アンクル丈のテーパードパンツで足首を見せてすっきりとした印象に。ヌーディーカラーのパンプスで脚長効果を後押し。

▼アンクル丈のロールアップでバランスよく

フルレングスのパンツもアンクル丈にロールアップすれば、全体がバランスよくきまる。ブルーに白のストライプが爽やかなトップスは、胸元のVカットが品よく女っぽさを演出してくれる。

スキニーは少し足首が見える丈をチョイス

スキニーパンツは足首に裾を余らせるよりも、思いきってくるぶしあたりまでカットした方がすっきりとしてバランスよく見えます。デザイン性のあるサンダルや、スリットの入ったトップスと合わせれば、さらにスタイルアップ効果大。

【配色】で脱短足!脚が長く見えるおすすめカラー

バランスよく仕上げるには、丈感はもちろんのこと、配色を意識するのも大切。そんな「GOODバランスな配色コーデ」って?

重め・暗めのカラーはボトムスにもってくる

▼ライトベージュ×カーキでメリハリをつけて

脚長効果を生むには、ボトムスだけでなく全体のバランスを整えることも重要。やわらかなベージュトップスにカーキボトムスを合わせることで、ハイウエストがより映えた印象に。

▼主張のある黒ボトムスをON

グレージュトップスに馴染む黒のパンツは、ハイウエストデザインで腰高に。脚を長く見せるパンプスは、足の甲が覗くので華奢にみえる効果も。

足元はヌーディーカラーを選ぶと脚長効果大

▼ボトムスとシューズはスキンカラーになじませて

肌と一体化させることで脚長効果を狙うベージュパンツとブーツの合わせ技。のっぺりしがちな肌色には、目を惹くダークグリーンのトップス合わせがgoodバランス。

▼プラットフォーム×ヌーディーカラーで楽々スタイルアップ

ヒールを選んで脚長にみせるのは簡単だけれど、足が疲れてしまうのが悩みどころ。プラットフォームのヌーディサンダルなら、スタイルアップ効果があるのに疲れ知らず。縦のラインを意識したノースリ×ストレートパンツですっきりみえを狙って。

ボトムスと靴は同系色で

▼プリーツなら縦長効果も期待できる

大人っぽいグレージュ系のスカートとホワイトニットを合わせた上品スタイル。肌馴染みの良い色なので、すっきりとした印象が叶えられる。更に、細かいプリーツデザインなら縦長効果でスタイルアップ効果大。

▼黒スカートにウエストベルトを効かせて

下半身をすっきりとした黒で統一したスタイル。ヒールパンプスで脚を長く見せつつ、ウエストベルトで腰の位置を高く設定してとことん脚長に。

ワンカラーコーデでスタイルよく

▼タイトシルエット×ヒールですっきりみえに

清涼感たっぷりなオールホワイトコーディネートは、ロング丈スカートをチョイスすることで脚のラインをカバー。タイトシルエット×ヒールブーツで縦ラインを強調してスタイルアップを叶えて。

▼ウエストコンシャスなトップスで視線アップ

引き締めカラーの黒でまとめたワンカラースタイル。透け感の高いストッキングを加えれば、同じ黒でも強弱がついて重たくならない。ウエストコンシャスとパフスリーブのトップスで視線を上に集中させて、スタイルアップを図って。

【シルエット】を縦長すれば短足に見せないコーデが叶う

1.すっきりきれいめIラインコーデ

コンパクトな上下やストンと落ち感のあるアイテムで作るIラインコーデなら、縦長に見えるので脚長だけでなく全体のスタイルアップが可能。

▼テーパードパンツ×黒ノースリーブトップス

レース袖が華やぎを与える黒のノースリーブトップスに、ライトベージュのテーパードパンツを合わせて縦長ラインをメイク。スキンカラーに馴染むベージュサンダルを合わせて、脚長効果を狙って。

▼レースのタイトスカート×カーキカットソー

コンパクトなカットソーにレースのタイトスカートを合わせた綺麗めスタイル。トップスはすっきりとボトムスにインすることで美脚が作れる。デコルテや脚元を覗かせてほんのり色香をプラス。

2.ゆったりコーデはウエストを絞って「Xライン」を意識

ウエスト部分がキュッと絞られた「Xライン」なら、必然的に腰の高さがアップ。おまけに脚のラインもカバーできるので、一石二鳥。

▼くびれを作ってXラインを強調

優しげな雰囲気をまとえるベージュセットアップは、スカートの付属ベルトをくびれの位置で絞ることで脚長&メリハリが作れる。リラクシーなホワイトワイドパンツをチラ見せして、おしゃれ感度アップ。

3.ふわっとトップス×すっきりボトムスで「Yライン」コーデ

上半身にボリュームを作り、下半身はすっきりとさせた「Yライン」コーデ。トップスをタックインしたりブラウジングしたりすれば、より脚長に。

▼ベージュ×ネイビーで大人カジュアルなYラインコーデ

たっぷり袖でボリュームのあるトップスには、すっきりとしたスキニーパンツを合わせてバランスの取れたYラインコーデをメイク。ベージュとネイビーの大人カジュアルコーデなら、好印象までゲットできちゃう。

4.「ワイドパンツ」「ガウチョパンツ」で「Aライン」コーデ

コーデ全体のボリュームを裾広がりに下にもっていくことで、「Aラインシルエット」が作れる。ワンピースやワイドパンツなどボリュームのあるボトムスで取り入れてみて。

▼スプリングコートからのぞくガウチョパンツが自然なAラインを演出

ネイビーと白のマリンテイストな春コーデにガウチョパンツを合わせれば、大人のかわいらしさが引き立つ。コートの裾と袖の赤ラインがリップとリンクして、こなれ感漂う仕上がりに。

▼ストライプ柄ワイドパンツで夏の爽やかなAラインコーデ

白シャツをワイドパンツにタックインしたAラインコーデは、夏の爽やかさを感じさせてくれる。かごバッグとサンダルでバカンス気分を盛り上げて。

【小物】の使い方で「短足見えするコーデ」を解消

最後に、身近な小物を使って脚長見え&スタイルアップできるテクをご紹介。どれも簡単な方法ばかりなので、さっそく今から取り入れてみて。

帽子で視線を上げる

▼サマーハットをポイントに

ハイウエストのワイドパンツにトップスをタックインしてバランスを整えたら、仕上げにサマーハットを添えて視線をアップ。季節感が高まるだけでなく、スタイルアップ効果も大。

ロング丈トップスはベルト使いでスタイルアップ

▼細ベルトを添えてメリハリをつけて

ニットプルオーバー×フレアスカートの組み合わせには、大人らしい細ベルトを添えて腰の位置を高めに設定すると◎。小物使いでさりげないスタイルアップを狙って。

ヒールのある靴で自然に脚長効果を狙おう

▼やっぱり「ヒールシューズ」が一番簡単!

脚長効果を生むために一番簡単な方法は、やっぱりヒールのある靴を選ぶこと。足の甲が見えるカットのパンプスや繊細なデザインのサンダルを選ぶことで、華奢見え効果も期待できる。

脚長効果を狙うスニーカー選び

▼厚底なダッドスニーカーはスキニーパンツと好相性◎

ダッドスニーカーはスキニーパンツなどタイトなボトムスと相性がよく、底が厚いので脚長効果もあり! スポーティーなムード漂う健康的なコーデが完成。

▼ローカットスニーカー×ロングワンピースですっきり見せ

少し足首の見えるワンピースは、ローカットスニーカーと合わせればコーデがすっきりと仕上がる。オールブラックでも抜け感ある大人の着こなしに。

▼白スニーカー×ストレートデニムがスマートな印象を演出

白スニーカー×ストレートデニムの爽やかな組み合わせは、大人女子にぴったり。ストレートデニムをきれいめに仕上げる白スニーカーは重宝することまちがいなし。

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

SNSやブログでは語られない購読者限定のニュースレター配信。
購読者限定の特典も多数ございます。

ニュースレター配信のお知らせ
今なら初回2週間無料 Kazuhiro Mouri's Newsletter登録フォーム この度は、Kazuhiro Mouri’s Newsletterをご訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらのニュースレターは、僕が普...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント