定期購読者様限定ページはこちら

【見本31選】大人女性のための、茶色ズボン(パンツ)コーデ

CORDE・DRESSING(コーデ・着こなし)
スポンサーリンク

茶色ズボン(パンツ)を使った上品コーデを集めました。茶色ズボンを地味にさせず、洗練させた着こなしが満載です。淡い茶色から焦げ茶色まで、茶色の濃淡に合わせたトップスやアウターの組み合わせ方は必見です。ぜひ茶色パンツコーデの参考にしてみてください。

  1. 【トップス】の色合わせ例
    1. 【黒】
    2. 【白】
    3. 【ベージュ】
    4. 【ブラウン】
    5. 【オレンジ】
  2. 【ストレートパンツ】
    1. 【ヒール】
      1. ミラノマダムに愛される王道配色で凛とした雰囲気に
      2. ブラウス×ワイドパンツ×シューズ
      3. 一見難易度の高いコク色も色をつなげれば取り入れやすい
    2. 【フラットシューズ】
      1. ブラウンを差したミラノ配色で洗練されたカジュアルに
      2. オールブラウンコーデ
    3. 【スニーカー】
      1. 上質とシンプルの真髄を知る大人がこの春たどり着いたニットの新たな楽しみ方
      2. グレージュカラーの一足ならスニーカースタイルも上品に
  3. 【ワイドパンツ】
    1. 【ヒール】
      1. 存在感のある柄が主役!優しい知性が香り立つアースカラーの着こなし
      2. シルクの艶をスパイスに、リッチ感と知性が香るオフィススタイルを完成
      3. 着るだけで華やかな存在感を手に入れられる一枚
      4. アイスブルーとブリック色の最旬配色でおしゃれ磨きを!
      5. ブラウスとリネン混のジャケットの色味を統一しオンスタイルに磨きを
      6. ノースリーブブラウス×ワイドパンツ×ブラウンヒール
      7. 白チュニック×ワイドパンツ
      8. トレンチコート×ワイドパンツ×フラットシューズ
      9. チェスナッツブラウン×フォックスファーで完成する垂涎のワントーン
      10. プラリネのような配色が、ハンサムなワイドパンツにクラス感をもたらす
    2. 【フラットシューズ】
      1. 洗いざらしのリネン特有のリラックス感がカジュアルを小粋に演出する
  4. 【テーパードドパンツ】
    1. 【ヒール】
      1. ジャケット×白ニット×スキニーパンツ×ブラウンヒールパンプス
      2. 端正なニュアンスホワイトの一枚を初秋ならではの配色で楽しむ
      3. トレンチコート×白ブラウス×テーパードパンツ×スカーフ
      4. イエローブラウス×テーパードパンツ
    2. 【フラットシューズ】
      1. コート×赤チュニック×茶テーパードパンツ×フラットシューズ
    3. 【スニーカー】
      1. ブラウンジャケット×白カットソー×茶テーパードパンツ×スニーカー
  5. 【クロップドパンツ】
    1. 【ヒール】
      1. 鮮やかなイエローで、ブラウンの装いにリズムを
    2. 【フラットシューズ】
      1. ニュアンスカラーをちりばめ、洗練を極める

【トップス】の色合わせ例

【黒】

  • ワンピース・カットソー・パンツ・バッグ(ザ・ロウ・ジャパン)
  • ペンダント・バングル・リング(ホアキン・ベラオ)
  • 靴(リエート〈サントーニ〉) 

はおりとして着ているのは、小ぶりなシャツ襟がモダンなコットンワンピース。装飾を抑えたデザインとすっきりしたシルエットが、コンフォートなワイドパンツスタイルを、颯爽としたカジュアルに導いて。仕上げのシルバージュエリーでキレ味を。

【白】

  • ジレ(ebure GINZA SIX店)
  • ブラウス(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)
  • パンツ(トレメッツォ〈ピーティートリノウーマン〉)
  • ピアス 93,000 ・ネックレス(エスケーパーズオンライン〈シリル〉)
  • サングラス(アイヴァン PR)
  • スカーフ(フラッパーズ〈マニプリ〉)
  • バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)
  • 靴(リエート〈サントーニ〉) 

ボタンレスのジレですっきり感を強調。深みのある色で奥行きを。

【ベージュ】

  • ジャケット・シャツ・パンツ・ベルト・ブレスレット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)
  • バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)
  • 靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 

起毛感のあるキャメル生地のシャツとタックパンツに、ネップの斑点が特徴的なドニゴールツイードのジャケットをオン。暖かみのある色味とテクスチャーのダブル効果で、着こなしにリッチな気品が生まれて。ゴールドトーンのメタル付き小物をちりばめて濃厚に

【ブラウン】

  • トップス・パンツ(MOGA)
  • ピアス・ペンダント・バングル(ホアキン・べラオ)
  • バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)
  • 靴(JIMMY CHOO) 

流麗なシルエットが今らしいリラックス感を醸すとろみセットアップ。ONシーンを意識するならフォルムのしっかりとした小物でシルエットを引き締めて。「レトロモダンな台形バッグは、フォルムに上品な個性があるうえに程よい収納力を備えているのが魅力です。あえてストラップをラフに垂らすと、こなれ感も演出できます」。ボリュームのあるシルバージュエリーや、トレンド感のあるボリュームストラップのミュールで、メリハリをつけつつ縦ラインを強調するのもポイント。「着こなし全体がトーンアップして、佇んでも歩いても爽やかなエレガンスが香ります」

【オレンジ】

  • (ピエールアルディ 東京)ブラウス(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)
  • パンツ(トゥモローランド〈バッカ〉)
  • ブレスレット(ヴァン クリーフ&アーペル)
  • バッグ(JIMMY CHOO) 

●主役のスニーカーは…キューブ柄を配したホワイトソールとオレンジのバックストラップがいきいきとしたモード感を醸す。大人に人気急上昇中の『トレック コメット』。
●着こなしは…アースカラーの装いにピリリと効かせて。

【ストレートパンツ】

【ヒール】

ミラノマダムに愛される王道配色で凛とした雰囲気に

  • ャケット・カットソー・パンツ・サングラス・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 

ブラウン×ネイビーがつくる、ハンサムなコントラストは、ミラネーゼが「アズーロ・エ・マローネ」と呼び、心から愛する配色。リネンのジャケットとパンツは、洗い上がりのような風合いがもち味の「バタビア織」。オーセンティックな香りが漂う、ブラウンのセットアップには、光沢のあるネイビーのカットソーをさらりと合わせて、かっこよく、小粋に。

ブラウス×ワイドパンツ×シューズ

「フェミニンブラウス×ハイウエストパンツ」の代表は、このフェンディのコレクションルック。プルオーバータイプのブラウスと、ワイドすぎないすらりとしたシルエットのパンツを合わせるだけで、秋冬らしい、クラシックでエレガントな雰囲気に。

一見難易度の高いコク色も色をつなげれば取り入れやすい

  • コート・ニット・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)
  • ピアス・ペンダント・ネックレス・バングル(ステディ スタディ〈トムウッド〉) 

シャカシャカとした軽量ファブリックのトレンチコートと、ふっくらなめらかなシルクカシミアニット、シャンブレー風の織り地で表情のあるストレートパンツ…。流行のブリック(赤茶・レンガ)カラーでつなげた「ワントーン」は、異なる質感のミックスを堪能。ミラノの街に溶け込むような難易度の高いコク色を、一気におしゃれに見せてくれます。

【フラットシューズ】

ブラウンを差したミラノ配色で洗練されたカジュアルに

  • シャツ・パンツ・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)
  • ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 

リネンシャツの心地よさを楽しめるのも、この季節の醍醐味。深みのあるマロンカラーのワイドパンツを合わせてミラノマダムさながらの、こなれ感漂う着こなしに。ワイド幅のピンタックが、ナチュラルな風合いの白シャツに凛とした表情をもたらします。ボリュームのあるフレンチスリーブが、二の腕をさりげなくカバーして。

オールブラウンコーデ

  • パンツ(サポートサーフェス)
  • シャツ(yoshie inaba)
  • バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)
  • 靴(リエート〈サントーニ〉)
  • バングル(ファンエンパイヤ)
  • めがね(ルックスオティカジャパン〈プラダ〉) 

ナツメグカラーのワイドパンツは、シャツも同色でそろえて、海外セレブに人気のカラーセットアップのように。ただしリゾート風になりやすい色なので、小物合わせには注意を。オンタイムで装うときは、端正なレザーのグレージュ小物で、きちんと感を強調しましょう。

【スニーカー】

上質とシンプルの真髄を知る大人がこの春たどり着いたニットの新たな楽しみ方

  • ニット・パンツ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)
  • サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)
  • ピアス・ネックレス・チャーム・ブレスレット・リング(シャンテクレール 東京店)
  • バッグ(JIMMY CHOO) 

極上シルクのニットをセットアップで楽しむ、新たなスタイルが穏やかな気品を漂わせて。ニットはロロ・ピアーナが開発したサステナブルシルクを用いたもの。極上の素材を引き立てるように、白のスニーカーや白のトートバッグでクリーンに決めれば、弾ける笑顔がさらに輝く。のっぺりしないよう、インパクトのあるジュエリーで立体感を出して。

グレージュカラーの一足ならスニーカースタイルも上品に

  • ルゾン(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)
  • ニット(ドレスアンレーヴ〈カピエ〉)
  • パンツ(アングローバル〈イレーヴ〉)
  • ピアス・リング(RHC ロンハーマン〈ソフィー モネ〉)
  • ペンダント・バングル(エスケーパーズ〈タプレイ〉)バッグ(ダニエル&ボブ ジャパン)
  • 靴(トッズ・ジャパン) 

ノーカラーのレザーブルゾンに、センタープレスのワイドパンツと首の詰まったコンパクトなニットを合わせた、ブラウン主体のパンツコーディネート。ニュアンスカラーのスニーカーを合わせて、カジュアルながらシックな雰囲気に。

【ワイドパンツ】

【ヒール】

存在感のある柄が主役!優しい知性が香り立つアースカラーの着こなし

  • ジャケット(アクネ ストゥディオズ アオヤマ〈アクネ ストゥディオズ〉)
  • ニット(ebure)
  • パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)
  • ネックレス(TASAKI〈TSAKI〉)
  • バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)
  • 靴(JIMMY CHOO) 

ダンディなピークラペルやシングルブレスト、センターベント、内ポケット…。メンズライクな要素を、オーバーサイズという最旬のバランスでモードに昇華したジャケットに、流行のワイドパンツを合わせて、迫力モードに。その一方で、襟元にパールネックレスを配して、クラシカルなラグジュアリー感を添えるのが大人の流儀。

シルクの艶をスパイスに、リッチ感と知性が香るオフィススタイルを完成

  • ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)
  • パンツ(サポートサーフェス)
  • ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)
  • 時計(DKSHジャパン〈ベダ&カンパニー〉)
  • ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)
  • バッグ(ロベルタ ディ カメリーノ)
  • 靴(アマン〈ペリーコ〉) 

ネイビーのシルクシャツとキャメルカラーのパンツの組み合わせは、知的で媚のない女性らしさが香る。色調は統一しつつ、ベロアのハンドバッグやパイソンのサンダルでリッチな個性をプラス。端正だけではない、着る人の美意識を感じさせるコーディネートに仕上がります。

着るだけで華やかな存在感を手に入れられる一枚

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント