定期購読者様限定ページはこちら

【2021-22年秋冬トレンド】最旬おしゃれの合言葉は「ワントーン」

CORDE・DRESSING(コーデ・着こなし)
スポンサーリンク

2021-22年秋冬コレクションもいよいよ中盤! リアルランウェイに参戦するブランドが先シーズンよりも格段に増えた今季は、多くのおしゃれ賢者が現地にカムバック。そんなファッションの熱を取り戻した会場周辺で、トレンドセッターたちが渾身の着こなしに選んだのは、ワントーンコーディネートだ。

今回は、数ある中でもセンスの光る17ルックを選抜! これまでアクセントとして取り入れていたような鮮烈なカラーも、彼女たちのテクニックを見て学べば、意外と簡単に全身で取り入れられるはず。同じ色でも、ひとりひとりまったく異なる着こなしなので、最後まで見逃さないで。

ブラック

Iラインのシンプルなノースリーブドレスにロングブーツやプラダのグローブ、スクエアシェイプのサングラスをセットして、どこか往年の女優のようなアティチュードのキャロライン・ダウアー。

顔まわりのアクセサリーはシンプルかつ存在感のあるイヤリングのみ、上腕部分は肌を見せるなど、抜けの作り方が抜群に上手い!

エリザベス・ヴォン・デ・ゴルツォはドレープの美しい品格あるブラックドレスを、エッジィなヴァレンティノのスタッズサンダルとバッグでスパイシーに。

首には華奢なチェーンのセンシュアルなネックレスを合わせ、女性らしさをひとさじ。

手首や首元のタイトなリブにより一切の隙を感じさせないブラックのロングドレスは、艶やかな質感でさりげないフェミニニティを薫らせて。

真っ黒のボディのジャックムスのバッグやまるで水泳ゴーグルのような重厚なデザインのサングラス、メゾン マルジェラの「TABI」ブーツと、とことんヘビーな小物を添えて絶妙なバランスを演出。

ウエストのラインがきれいなビルドアップショルダーのジャケットに、センタープレス入りのスラックスを合わせた、メンズ顔負けのクールなスーチングスタイル。

ウェービーなショートヘアにクリップをランダムにつけるテクニックにもセンスが光る。バッグとシューズはプラダ。

ホワイト

リンダ・トールは足元と袖のヘムラインのカッティングが特徴的なハイネックのホワイトのリブワンピースに、同色のマチのある大きなトートバッグを携えて。

サングラスとサンダルのアウトソールの色をリンクさせる巧みなテクニックはあっぱれ!

変化球トレンチコートにロングブーツとプラダのバッグをセットして、ソリッドなホワイトコーデを楽しむメアリー・リースト。

シルバーリングやブラックで縁取られたイエローレンズのサングラスなど、小物でさらにエッジィに。

ホワイトのスーチングを楽しむ男女のカップル。ストリングをたっぷりとあしらったジャケットの彼女は、赤のサンダルにホワイトのバッグとサングラス、ダブルジャケットの彼は、赤のクリアサングラスにマルジェラのシューズをセットさせ、見事に色をリンク!

イエロー

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント