定期購読者様限定ページはこちら

おこもり派も納得。ゆったり大人の読書ステイができる国内ホテル11

LIFE&CULTURE(生活・文化)
スポンサーリンク

併設されたライブラリーで本の虫になるのもよし、温泉に浸かるのもよし、美味しいご当地グルメに舌鼓を打つのもよし。仕事や人間関係で疲れた心と体を整えるために本とお出かけしてデトックスしよう。

▼アンケートにご回答いただいた旅の識者(五十音順)

石井宏子さん
旅行作家・温泉ビューティ研究家。旅にでかけて宿に泊まることをライフワークとし、旅行作家として取材・執筆、講演など年の半分は日本・世界を旅する。温泉地の自然環境にも着目し、ドイツ・ミュンヘン大学アンゲラ・シュウ気候医学教授に学び「気候療法士」資格を取得。温泉、自然環境、食事、宿での過ごし方などを通じて、心も体もきれいになる新しい旅“ビューティツーリズム”を提唱。著書「感動の温泉宿100」(文藝春秋)も発売中。http://www.onsenbeauty.com

寺田直子さん 

トラベルジャーナリスト。旅歴 30 年。訪れた国は約 90 ヶ国。ホスピタリティビジネス、世界の極上ホテル&リゾートに精通。雑誌、週刊誌、ウェブ、新聞などに寄稿する他、ラジオ出演、講演など多数。 著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)、「ロンドン美食ガイド」(日経 BP 社 共著)、「泣くために旅に出よう」(角川書店)、「フランスの美しい村を歩く」(海教育研究所)など。 ブログ「ハッピー・トラベルデイズ」http://blog.excite.co.jp/naoterada

  1. 【兵庫県/城崎】志賀直哉ゆかりの老舗旅館。庭園を眺めながら心静かに読書できる「城崎温泉 三木屋」
  2. 【山梨県/北杜】ワーケーションにもおすすめ。お気に入りの本と過ごす高原のカフェも併設「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」
  3. 【神奈川県/箱根】1万2,000冊のセンスの良い書に出会える宿「箱根本箱」
  4. 【北海道/登別】山のなかの秘密基地のような書斎で現実逃避「のぐち文庫」で贅沢な大人の一人旅を体験「望楼NOGUCHI登別」
  5. 【長崎県/雲仙】長崎市の名店「メトロ書店」が選書したライブラリーを併設「Mt.Resort雲仙九州ホテル」
  6. 【富山県/春日】美術館のようなライブラリーで優雅なひとときを「春日温泉 リバーリトリート雅樂倶」
  7. 【広島県/宮浜】隠れ部屋でシャンパン片手に読書ステイ「石亭」
  8. 【三重県/志摩】2016年にリニューアル。読書やレコードが楽しめる名門ホテル「志摩観光ホテル ザ クラシック」
  9. 【東京都/大島】漫画のラインナップも豊富。海を眺めながら読書三昧「ブッティーベッド伊豆大島」
  10. 【山形県/鶴岡】子どもも喜ぶ選書がずらり。田んぼに浮かぶ絶景ホテル「ショウナイホテル スイデンテラス」
  11. 【大分県/由布院】温泉で自然のマイナスイオンを感じた後はライブラリーラウンジへ「玉の湯」

【兵庫県/城崎】志賀直哉ゆかりの老舗旅館。庭園を眺めながら心静かに読書できる「城崎温泉 三木屋」

小説の神様とも呼ばれた文豪、志賀直哉を初め白樺派の面々が訪れた旧き良き温泉街に佇む、創業300年の日本旅館「三木屋」は、2013年にリニューアルし、より快適にその風情を楽しめるように。滞在中に時間を忘れてゆっくりと過ごせるライブラリーは、ブックディレクター幅允孝氏が本をセレクト。下駄の音が鳴り響く賑やかな温泉街の中心にありながら、一歩足を踏み入れればそこには静かでゆっくりと時が流れる閑静な読書空間が広がります。

城崎温泉 三木屋
住所/兵庫県豊岡市城崎町湯島487
Tel. 0796-32-2031
http://kinosaki-mikiya.jp/

【山梨県/北杜】ワーケーションにもおすすめ。お気に入りの本と過ごす高原のカフェも併設「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」

自然の恵みを堪能し、自然を遊びつくす特別体験ができる「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、文学からアートまで、お気に入りの本を読みながらコーヒーを愉しめる、寛ぎのブックストア「BOOKS&CAFE」も併設。美しい写真集や旅の本など、多彩な本がラインナップ。ゆったりとした時間のなかで、お気に入りの一冊を探すことができる。また、スキー場のゴンドラを再利用し、テレワーク用のプライベートオフィスとして使える「テレワークゴンドラ」が誕生。密になれない時代に個室で集中して仕事に取り組めると話題に。

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
住所/山梨県北杜市小淵沢町129-1Tel. 0570-073-055(リゾナーレ予約センター)宿泊料金/1 泊 24,000 円~(2 名1 室利用時1 名あたり、税込、朝食付)
https://risonare.com/yatsugatake/

【神奈川県/箱根】1万2,000冊のセンスの良い書に出会える宿「箱根本箱」

日本で最もコンセプチュアルに「本」をテーマにした宿。ただ読めるだけでなく購入できるところがポイント。客室やラウンジ(自分だけがおこもりできる隙間的な空間が秀逸)、温泉などさまざなまシチュエーションで興味のある本や、新しい本との出会いがあり、気に入れば自宅に持って帰れるのが魅力。本好きたちと出会えるカウンターのダイニングでは地産地消に特化したサスティナブルな料理を楽しむことも。ワインのセレクションも優れています。

とにかく「選書」のセンスが抜群。興味をそそられる本を見つけて立ち止まると、次々と読みたくなる本が連鎖。ロビーの巨大な本棚には中へ入り込める場所があり、ベンチに座るとまた本棚。階段を上ると、さらに隠れた本棚。それぞれの選書に独特のテーマ性があるので、気が付くと、自分が考えている興味の枠を超えて、広い世界があることに気づかされます。温泉で心も体もからっぽにして、本に没頭する時間が過ごせます。

箱根本箱
住所/神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-491
Tel. 0460-83-8025
宿泊料金/1室2名利用時¥18,321〜(サ込・税別・入湯税別・2食付)
http://hakonehonbako.com/

【北海道/登別】山のなかの秘密基地のような書斎で現実逃避「のぐち文庫」で贅沢な大人の一人旅を体験「望楼NOGUCHI登別」

12歳以下の宿泊が不可の大人の宿。全室展望風呂付きスイートというなんとも贅沢な空間は登別の泉質の良さとの相乗効果もあり、心から癒されます。スタイリッシュなパブリックスペース、ミニマルさが潔い大浴場もゆったりゆとりの広さ。「のぐち文庫」はオーナーである野口秀夫氏が愛読した本を並べた『オーナー文庫』と、北海道を舞台にしたミステリーをそろえた『北海道ご当地ミステリー文庫』に分かれ、この宿ならではの読書体験ができます。

望楼NOGUCHI登別
住所/北海道登別市登別温泉町200番地1
Tel.0570-026-570
宿泊料金/1泊2名1室1名様料金¥34,000~(サ込・税別・入湯税別・2食付)
https://www.bourou.com/

【長崎県/雲仙】長崎市の名店「メトロ書店」が選書したライブラリーを併設「Mt.Resort雲仙九州ホテル」

歴史ある老舗温泉ホテルが一大リニューアルを行いデザイン性のあるラグジュアリーホテルに刷新。名勝「雲仙地獄谷」をのぞむ客室は半露天風呂をそなえ贅沢。この眺望はこのホテルならでは。開放的でリゾート感あふれるルーフトップラウンジには長崎の「メトロ書店」セレクトの良質な写真集などを配置。美しい本と共に豊かな旅時間が味わえます。オリジナルのままのメインダイニングでの食事も上質。できれば連泊したい愛すべき宿です。

Mt.Resort雲仙九州ホテル
住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙320
Tel. 0957-73-3234
宿泊料金/1泊1室¥27,500~(サ込・税別・入湯税別・2食付)
https://kyushuhtl.co.jp/

【富山県/春日】美術館のようなライブラリーで優雅なひとときを「春日温泉 リバーリトリート雅樂倶」

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント