定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

さまざまな企業の株を“おまかせ”で“いっぺんに”買える!

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。

日本には株式を上場している会社が3800社以上あります。でもこんなにあると、「どの株を買えばいいかわからない!」という方もいらっしゃるのでは。そんな方にご紹介したいのが、専門家が株式を厳選して運用する「投資信託」です。

日興フロッギーより

初級者が資産形成するならまずは「投資信託」

投資をする企業を選ぶのは、楽しいものです。将来儲かっている自分を思い浮かべながら、日興フロッギーの銘柄分析や「億り人」の記事を参考に、銘柄を絞り込んでいく時間は、株式投資の醍醐味でしょう。

しかし、3800銘柄もある中から「買いたい」「儲かりそう」な銘柄を選び出すのは大変と感じる方もいらっしゃるのでは。

今回紹介する「投資信託」は、そんな悩みを解決できる金融商品です。「株式運用のプロに銘柄を選んでもらう」「数百の銘柄に分散投資する」「銘柄の入れ替えもおまかせする」――投資信託を使えば、そんなことが可能となります。

投資信託の仕組みと特徴

投資信託は、①多くの投資家(みなさんのことです)から資金を集め、②その資金を原資にして、③専門家(ファンドマネージャー)が株式などに投資して、④運用成果(株式なら配当や売却益)を投資家に分配する、という仕組みになっています それでは、ポイントになる部分を、詳しく紹介していきます。

銘柄・時間の分散効果

投資信託は、全国各地の証券会社や銀行などで販売されています。投資信託を運用する会社は、こうした販売会社を通じて、日本全国の投資家から資金を集めます。

そうして集められた資金を、資産運用会社の運用担当者が株式などに投資します。投資信託の商品によって投資先や本数が異なり、たとえば株式を対象とする投資信託の場合、数十~数百銘柄、商品によっては1000銘柄以上の銘柄に投資するものもあります。

ですから、1本の投資信託を買うだけで、たくさんの銘柄へいっぺんに投資するのと同じ効果(銘柄分散)を得ることができます。

また、最近では「1000円」から買える投資信託も増えているため、少額で積み立てていくことで「時間分散」の効果を得ることもできます。

投資信託の2つのタイプ

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント