なぜ24時間営業のお店が生まれたのか?

KM Essay
スポンサーリンク

こんにちは。

先日東京にある「スキップロード 中延」と言う商店街に行きました。
ここは食べ歩きできるスポットでもあります。

友達に聞いたら、コロナ以前は人で賑わっていたみたいですよ。
僕が行った際は、日曜日。
緊急事態宣言中という事もあって、活気が失われていましたが。
お店はしっかり営業していましたので。
食べ歩き楽しみました♪

早くコロナが収束して、また活気が戻るといいですね。

マガジンのスタート

前回から新しいマガジンをスタートしました。
その名も「KM Essay(ケイエム エッセイ)」と言います。
こちらのマガジンでは、普段のプライベートな事も配信しつつ。
少しためになる情報も小出しにしていきますよ♪

プライベートに近いですので、普段の難しいビジネス用語や書き方も一切なくより砕けた書き方なので。
読みやすいかな?と思います。

ジャンルレスでお届けします。
普段の「プライベートな部分を知りたい方」や「知識を身に付けたい方」は見てみてね♪
書き物以外にも音声/動画でも配信予定ですのでお楽しみに♪

note ご指定のページが見つかりません

なぜ24時間営業のお店ができたのか?

と言う事で、タイトルに戻りたいと思います。
前回の記事から、「時間」をテーマに記事を書いております。
もし前回の記事を見ていない方は、まずは過去の記事を見てからこの後を進めて頂くと飲み込みが早くなるかと思います。

▼第四回目▼

note ご指定のページが見つかりません

と言う事で、最近、24時間営業のフィットネスクラブが増えて繁盛しています。
なぜでしょう?

画像:https://melos.media/より

24時間営業のフィットネスクラブの多くは、プールなどがないトレーニングマシンのみの小さな施設が多いのですが、その分、月会費が安い。

一般的なフィットネスクラブが今、シニア世代が多いのに比べ、24時間営業の方が20〜330代が多いのが特徴です。
深夜などにパッときて、ささっとトレーニングして変えることができるのが受けているのでしょう。
忙しい世代だとその方がよく利用できるし、コスパもいいと言う事なのだと思います。

なぜ24時間営業の居酒屋があるのか?

現在は新型コロナウイルスの影響で、24時間も営業ができない状況下ですが。
ウイルスが流行する前の話です。

繁華街など行くと、24時間営業している居酒屋をよく見ましたよね?
あれはなんで?24時間営業なのでしょうか?

画像:https://chiku-wa.jp/より

居酒屋なので、夜の時間帯にはメインのお客さんがくる。
深夜も二次会三次会で使われることが多い。ど深夜から早朝にかけては、夜の仕事を終えた人たちで混む。

さすがに午前中は客足が落ちるようですが、その時間帯は仕込みを行い、お昼はランチ。
そして実は、午後にも飲み会がドンドン入ってくるそうです。
これは特にシニア世代のグループでの飲み会が多い。
試して見たらニーズがあって24時間営業が当たりだったみたいです。

24時間営業のたたみ屋!?

まとめ

▼続きは下記よりご覧いただけます▼

note ご指定のページが見つかりません

コメント