定期購読者様限定ページはこちら

ひとつ取り入れるだけで新鮮!福田麻琴さんに教わる「パンツ以外」のデニム6選

CORDE・DRESSING(コーデ・着こなし)
スポンサーリンク

「ベーシック好きな私も、今年はちょっと挑戦したい気分!」­――カジュアル上手としても知られるスタイリストの福田麻琴さんが今季、気になっているデニムは意外にも“パンツ以外”! デニムが得意な人も、そうでない人も、ひとつ取り入れるだけで新鮮&おしゃれにきく逸品をご紹介します。

より

迷ってしまうほど豊富なアウター。ひとクセある分、着こなしは上品に

お出かけの機会が減り、“しっかり防寒”から“気楽にはおれる”ものへとアウターの概念も変わってきたせいか、今季は軽やかなデニムアウターがとにかく豊富。シャツやパーカの延長で楽しめるくらい、どれもがゆるやかでリラクシーな雰囲気。だからこそ、シックな色や女性らしい味つけできれいめに着こなしましょう。

迷ったら、まずはモノトーン。大人のゆるシャツは辛口に

  • シャツ¥28600/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)
  • トップス¥24200/インターリブ(サクラ)
  • パンツ¥16500/ジャーナル スタンダード 自由が丘店(ジャーナル スタンダード)
  • ピアス¥31900/ショールーム セッション(マリハ)
  • バッグ¥141900/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

ほどよく厚手でアウターの顔を持ちつつも、しなやかで動きやすいオーバーシャツ。「デニムアウターといえばGジャン一辺倒だった中で、CPOジャケット風のデザインが新鮮。いい意味でデニムすぎない黒、全体もモノトーンでシックにまとめるのが、大人流の楽しみ方」(福田さん)

シャツ¥28600/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)

新顔のメキシカンパーカは品よく仕上がる“白多め”で

  • プルオーバー¥49500/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(メキパ)
  • ニット¥38500/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マルモア)
  • パンツ¥28600/ティッカ
  • スカーフ¥13200/マニプリ
  • バッグ¥45100/ヴァジックジャパン(ヴァジック)
  • 靴¥33000/ベイジュ(ピッピシック)

名前ごと覚えておきたい「メキシカンパーカ」は、たっぷりしたボリュームとすっぽりかぶれるプルオーバー型が特徴的。「ユーズド感のある色も少しラフな印象だからこそ、白いトーンやきれいめなグリーンの小物で上品に。袖をまくってきゃしゃな手首を出すのも、ビッグアウターをすっきり着るひと手間です」(福田さん)

プルオーバー¥49500/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(メキパ)

丈が短くアップデート!着慣れたGジャンも目新しく

  • ジャケット¥31680(サージ)・モチーフネックレス¥286000・パールネックレス¥69300(ともにマリハ)/ショールーム セッション
  • ワンピース¥39600/エリオポール代官山(エリオポール)
  • バッグ¥31900/ラルフ ローレン(ローレン ラルフ ローレン)

おなじみのGジャンもここ数年はビッグシルエットが中心。「中でも今季らしいなと感じたのはショート丈。かといって短すぎず、最近多いボリュームボトムともバランスがとりやすいので重宝します。甘口ワンピ+辛口Gジャンのコンビは、どんなにトレンドが変わっても好きな永遠の定番!」(福田さん)

ジャケット¥31680(サージ)/ショールーム セッション

同じ素材を、同じブランドで。素直に着るのがいちばん!

トレンドのセットアップは、デニムのようなカジュアルな素材をきれいめに着こなすうえでも、実は効果的。それぞれ単品でも使えて着回しもきくので、ひとつあると便利なアイテムだと思います。まったくの別物から上下の色やデザインを合わせようとするのはどうしてもハードルが高いので、難しく考えず、同じブランドの同じ素材でそろえておくのが正解。

インにブラウスを仕込んで女性らしさを香らせて

  • ジャケット¥31900・パンツ¥17600・ブラウス¥23100/ラルフ ローレン(ローレン ラルフ ローレン)
  • ストール¥22000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン)
  • リング(人さし指)¥10450・(中指)¥8800/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)
  • バッグ¥154000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)
  • 靴¥35200/ベイジュ(ピッピシック)

セットで着るだけで出る“洒落感”があるからこそ、インナーは極力シンプルに。「Tシャツやタートル、中には何を入れても素敵ですが、今だったら柔らかなブラウスもおすすめ。デニム×デニムの強さがやわらぎ、フェミニンさが引き立ちます」(福田さん)

ジャケット¥31900/ラルフ ローレン(ローレン ラルフ ローレン)

少ない色数で楽しむのが、大人にも“着やすく”なるルール

ワンピースはもちろん、サロペットやサスペンダー付きなど、つなぎ系のスカートが人気の今年は、デニムでも続々と登場しています。ともすると子どもっぽくも見えてしまうアイテムだからこそ、大事なのは配色。ベーシック色を中心に、できるだけ少ない色数で潔くまとめるのが、大人っぽく洗練されて見えるコツです。

ジャンスカに負けない旬の足元で鮮度をアップ

  • ワンピース¥23100/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブアンドハーフ)
  • コート¥92400/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マルモア)
  • トップス¥28600/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)
  • バッグ¥20900/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)
  • サングラス¥47300/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)
  • ストール¥62700/エリオポール代官山(エリオポール)
  • 靴下¥4400(オーラリー)・靴¥83600(オーラリー メイドバイ フットザコーチャー)/オーラリー

オール黒で着てもカッコいいけれど、甘さのある茶系と合わせれば一層上品。「靴下+サンダルやロングブーツなど、“重ため”の足元も今年らしさを高めるポイントに」(福田さん)

ワンピース¥23100/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ファイブアンドハーフ)

甘すぎるくらいでちょうどいい。おしゃれに“味変”できるブラウスを

デニムシャツといっても今年は、これまでのようにトラッドなデザインではなく、フェミニンで華やかなブラウスが主役。特に注目を集める大衿タイプは、これさえあればほかのアイテムは今までどおりでOK!というくらい、一枚でパンチ力もトレンド力も十分。大胆なデザインほど、色はシックなほうがよさそうですね

気になっていたビッグカラーに挑戦できるのもデニムのおかげ

  • シャツ¥29700/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(ウィム ガゼット)
  • ニット¥24200/プラージュ 代官山店(プラージュ)
  • リング¥52800/ショールーム セッション(マリハ)
  • キャップ¥9900/ゲストリスト(アッパーハイツ)
  • バッグ¥93500/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)

甘口なフリル&セーラーカラーでもいきすぎず、日常に取り入れやすいのはカジュアルなデニムだからこそ。「シルク混のアランニットはネイビー、ウールキャップはグレー。大人っぽい色と素材でなじませて品よく」(福田さん)

シャツ¥29700/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店(ウィム ガゼット)

教えてくれたのは スタイリスト 福田麻琴さん/MAKOTO FUKUDA

パリ留学に裏打ちされたフレンチテイストに、今どきの抜け感を加えたベーシックスタイルが得意。中でもデニムを使ったコーディネートには定評が。1児の母。

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

SNSやブログでは語られない購読者限定のニュースレター配信。
購読者限定の特典も多数ございます。

ニュースレター配信のお知らせ
今なら初回2週間無料 Kazuhiro Mouri's Newsletter登録フォーム この度は、Kazuhiro Mouri’s Newsletterをご訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらのニュースレターは、僕が普...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント