定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

アメリカや新興国など、世界のREITに投資する

BizMAG
スポンサーリンク

こんにちは。  

マンション? 倉庫? REITで投資できるいろいろな不動産
資産形成のための金融商品にはいろいろあります。その中で、マンションやオフィスビルなどの不動産に投資できるのが「REIT(リート)」です。今回は、REITが実際に投資している不動産の種類とその特徴について紹介します。 日興フロッ...

資産形成のための金融商品にはいろいろありますが、マンションやオフィスビルなどの不動産に投資するのが「REIT(リート)」です。今回は、REIT発祥の地アメリカや、世界第3位の市場規模を誇るオーストラリア、今後の発展が期待される新興国など、海外のREITに目を向けてみます。

日興フロッギーより

REITは世界中で取引されている

マンションやオフィスビルなどの不動産を小分けにして投資家に売り、その賃料が収入として得られるというのがREITの仕組みです。日本でJ-REITの取引が始まったのは2001年ですが、世界で初めてREITが誕生したのは、世界最大の経済大国・アメリカ合衆国です。

アメリカでREITが生まれたのは1960年。すでに60年を超える歴史があります。ヨーロッパでは、オランダで1969年にREIT市場が作られました。欧米以外では、1971年にオーストラリアでREITの取引が始まりました。意外にREITの歴史が浅いのがイギリスで、2007年にREIT市場ができたばかり。ドイツも2007年、フランスは2003年なので、実は日本の方が長い歴史を持っています。

現在は欧米や日本、オセアニアにとどまらず、アジアや中東、アフリカなど世界中でREITの取引が行われています。

REITの国・地域別の市場規模を見てみましょう。REITの時価総額はアメリカがダントツのトップ。そして、日本のREIT市場は世界第2位です。2020年11月末時点では、世界のREITの時価総額は約156兆円となっています。

もっとも、2020年11月末の東証1部市場の時価総額は661兆円なので、株式市場と比べると規模が小さいのが現状です。

同じREITでも国ごとに値動きの傾向が異なる

海外のREITは、どのような特徴があるのでしょうか?

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント