定期購読者様限定ページはこちら

ウーバーイーツも労災保険加入可能に。保険料や補償の対象は?

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

2021年9月1日からの法改正で、「自転車を使用して貨物運送事業を行う者」と「ITフリーランス」が労災保険に任意で入れるようになりました。自転車を使用して貨物運送事業を行う者といえば、ウーバーイーツ(Uber Eats)ですね。食事を届けてくれるサービスです。

ウーバーイーツは、コロナ禍において巣ごもり需要を後押しするサービスです。働き方もアプリでオンライン化し、好きな時間に稼働したり、週単位で収入が得られたりするお手軽さが注目され広がりました。では、ウーバーイーツが加入可能となった労災保険とはどのような制度なのでしょうか。補償や保険料を詳しく紹介します。

労災保険ってそもそも何?

労災保険の正式名称は「労働者災害補償保険」といいます。労災というのは、労働中に負ったケガや病気のこと。具体的には、業務中と通勤途中のケガや病気を指します。労災保険では、そうした労働中のケガや病気で治療する際、障害が残った際、死亡した際などに、労働者災害補償保険法で決められた運用ルールにより、保険給付が行われます。

労災保険は、社員を一人でも抱える会社が加入するよう義務付けられ、保険料もすべて会社が負担することになっています。労災保険の保険料は、会社が提供している事業の種類ごとに決められています。

労災保険の対象者となる労働者は、会社から働く対価として賃金が支払われる正社員・パート・アルバイト・派遣社員・契約社員などの人々すべてが含まれます。そして、労災が発生したときは等しく補償されます。ただ、言い換えれば、賃金が支払われない会社の役員や、会社から直接仕事を請け負うフリーランスなどの個人事業主は労働者から外れます。

労災保険に特別加入できるフリーランスがいる

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント