定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

オリヴィア・パレルモになりきり! 梅雨のモノトーンは“軽やかさ”がキーワード

ACCESSORIES(小物使い)
スポンサーリンク

今回は、ブラウスの透け感で軽やかに仕上げた、オリヴィア・パレルモのモノトーンルックにフォーカス。

25ans (ヴァンサンカン) 2021年9月号 (2021-07-28) [雑誌] | ハースト婦人画報社 | 女性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonでハースト婦人画報社の25ans (ヴァンサンカン) 2021年9月号 (2021-07-28) 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

レイニーシーズンのモノトーンは素材で軽やかに!

 

2020年8月にNYでキャッチされたオリヴィア・パレルモから学ぶのは、梅雨から夏にかけて真似したい、涼しげモノトーンルック術。この日は、シアーなブラックのトッド柄ブラウス、白いフレアスカートを選ぶことで、モノトーンコーデを軽やかにシフト。

パイソン柄のベルト、デコラティブなハンドバッグ、スタッズが煌めくスリッパシューズなど、エッジの効いた小物をトッピングすることで、品のあるモノトーンルックをモードにブラッシュアップ!

なりきりコーデはこちら!

 
オリヴィアの着こなしを参考に、袖が透けるブラックのブラウスとホワイトのフレアスカートをセレクト。ビジューが煌めくハンドバッグやビーズ刺しゅうのフラットミュールをプラスすることで、煌めきとエッジの両方をプラスしました。スパイシーなパイソン柄ベルトもほどよくモードなアクセントに。

フェミニン、軽やかなオーガンジーブラウス

▼続きは有料会員限定になります▼
定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント