コピーライティング基礎〜ライティングの真髄編〜

コピーライティング
スポンサーリンク

これから、お伝えすることをできるようになれば。
読者さんを操れるような、優位なポジションを取れるようになります。

それでは、やっていきましょう。

修辞弘法(しゅうじぎほう)

ライティングってテクニックは主に心理誘導がメインという風に考えられがちですが。
日本語のテクニック的な部分(伝え方)は、この修辞技法で説明ができます。

ここをできるようになることによって、読み手に読みやすく楽しめる文章を届けられるようになる。

修辞技法(しゅうじぎほう)の種類

比喩(直喩/隠喩/換喩/象徴喩/ect…)

何かに例えて読み手の想像を掻き立てる表現技法

  • 雲がまるで綿あめのようだ。(直喩)
  • 心に模を打ち付けた(隠喩)
  • バッハが好きだ(換喩)
  • ペンは剣より強し(象徴喩)

 

擬態語/擬声語/擬音語

様子を文字として表す技法

  • ズキズキ/ワクワク/ハラハラ/ドキドキ(擬態語)
  • わんわん/にゃんにゃん/カーカー(擬声語)

擬人法/擬物法

ものを人に例える技法。人を物に例える技法。

  • 街の夜風が優しく僕を包んだ(擬人法)
  • 彼女はまさにロボットだ(擬物法)

倒置法

分の要素や文そのものを統治して強調する技法

  • 俺は海賊王になる(通常)
  • 俺はなる、海賊王に(倒置法)
  • 海賊王に、俺はなる(主語の倒置法)

反復法

同じ話を反復することで強調する技法

  • もっともっと稼ぐ
  • 赤く赤く染まった手首

同語反復

同じ言葉を二回用いて強調する方法

  • それはそれ、これはこれ
  • 遊びたかったから遊んだだけ

体言止め

名刺で文を締めくくり余韻を残す技法

  • 私が一番感動した思い出、それは富士山から見たご来光と雲海。たどり着くまでの苦労を、全て忘れる光景でした。

反語

文末を疑問形で残して、強い断定を表す方法

  • 麻野さんが昔どのヤンキーだったと言って誰が信じるだろうか?(通常:信じないだろう。)

省略法

文章を省略して読み手にリズム感を与える技法

  • あの人は羽振りが良い、高級車、高級腕時計、ハイブランド、高級料理、海外旅行、、

対照法

逆の立場を置いて、言いたいことを強調する技法

  • あいつは自分に甘いくせに、人には厳しい。

疑惑法

曖昧な論述を用いて答えをぼやかせる技法

  • スポーツで大事なのは攻撃か防御か、攻撃が大事とも言えるし、防御が大事とも言える。

他にも緩叙法/列拳法などなど、、、

 

言葉を覚える必要はありません。
知識として押さえておきましょう!

品詞〜助詞〜

日本語の文章は「品詞」というパーツでできています。

この文書はあくまでライティング講義で日本語の勉強ではありません。
理解を深めて伝える力を鍛えよう!

格助詞

 

これを言葉で説明するのは結構難しいのですが。
文より感覚なので、違和感を見つけられれば良しなので。
今回も例文を用意しておりますので、やっていただければと思います。

例文

言われた通りにやっただけで、全く0でも
ライティングの能力がとても上がった。

山下の完全構築した不変的ライティングメソッドと
授業がお贈りするとてもわかりやすく
お伝えすることができる動画編集スキルが
あなたを真のライターへと導きます。

 

これを正しく置き換えてやっていただければと思います。

正解

言われた通りにやっただけで、全く0から
ライティングの技術がとても上がった。

山下完全構築した不変的ライティングメソッドと
授業がお贈りするとてもわかりやすく
お伝えすることができる動画編集スキル
あなたを真のライターへと導きます。

正解としては、色書いているので、わかりやすいかと思うのですが。
意外と気づかないじゃないでしょうか?

これって本当に小さな些細なことなんですが、こういうところが変わってくることで。
読者の些細なストレスがなくなりスムーズに読めるようになるんですね。

なので、?をなくして?を抱かないように進められるんで。
一番最後まで読みやすくなる。

助詞の間違いは文章によって見つけにくい。
助詞の間違いに気づけるようになれば
自然とうまい文章が書けるようになります。

接続後

分野語句をつなげる役割
ルールを理解してリズムのある文章を書こう

これに関しても例を出していきま。

回答を出していきます

これも色分けしているのでわかりやすいかと思います。
これがあるのとないのとでは、文章を見比べてください。
読みやすさが全然違いますよね?

これをちゃんと入れることによって、読者さんにとってもストレスなく読み進められるかと思います。

まとめ

これを全部覚えなくていいです。
ただこういう使い方をしているんだよという知識しとして覚えていただければと思います。

コメント