定期購読者様限定ページはこちら

コロナ下で変化するギフト市場 小売・メーカーのギフト×ECへの対応

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

新型コロナにより市場全体としては下がったギフト市場。しかし、オンラインでのギフト需要は成長している。歳時において重要なギフト需要の今を解説する。

ギフト需要には、各種ラッピングオプションへの対応など、煩雑なオペレーションが求められる。

2020年初頭より、日本でも新型コロナウイルスの影響は瞬く間に規模を拡大し、多くの産業に漏れずギフト市場にも大小様々な変化をもたらしました。これまで「直接会って、手渡しされるもの」が主流であったギフトは、同年4月に発令された全国的な緊急事態宣言、さらにそこから長期にわたり続いた自粛生活により、毎年1000億円単位で成長を遂げていた市場にストップをかけ、前年比−8%の減少を記録することとなりました(*)。

*矢野経済研究所、ギフト市場に関する調査を実施(2020年)

悲観市場に見えた行動の変化

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント