定期購読者様限定ページはこちら

コーセーが銀座店リニューアル 最新マシンでメークの楽しみ喚起

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

コーセーが「Find Your Own Beauty」を掲げる同社のコンセプトストア「Maison KOSE銀座」を2021年11月1日にリニューアルオープンした。1階と2階のコーナーを刷新し、先進的なデジタル技術を活用した「ビューティアトラクション」として「NEW ME COLLECTION」などを導入。新たな体験価値を生み出し、顧客とのタッチポイントとしての役割を高めていく。

コーセーのコンセプトストア「Maison KOSE銀座」が2021年11月1日にリニューアルオープン。デジタル技術を活用した「NEW ME COLLECTION」などを導入した

自分の知らない自分を知る体験の提供

 Maison KOSE銀座は、顧客が化粧や美容に関わる新たなソフトウエアやハードウエアを、ブランド横断で試せる場として2019年12月にオープン。「ビューティアトラクション」と呼ぶ、技術を活用したメークシミュレーターやネイルプリンターなどの機器を通じ、ユーザーに美容に関わる新たな体験と「私らしい美の発見」の機会を提供することを目指してきた。同社にとっては顧客と直接コミュニケーションできる場でもあり、得た情報や経験は、スピーディーに社内へフィードバックしているという。

 リニューアルに当たり新型ビューティアトラクションを導入。「meet new me」をテーマに、「自分の知らない自分を知ることができる体験」を提供するものだという。

「Beauty Attraction ZONE」と名付けられた1階のキービジュアルのモチーフはドア。随所に登場するこのビジュアルは新しい自分との出会いを表現している

まず目を引くのが、「Beauty Attraction ZONE」と名付けられた1階に、新たに設置された「KOSE SELF PHOTO STUDIO」と「NEW ME COLLECTION」だ。

 KOSE SELF PHOTO STUDIOは多くの俳優を撮影するカメラマン監修の下、カメラやライトなど専門の撮影機材を再現。自分自身でシャッターを切って自由に写真を撮れるセルフ写真スタジオだ。

 同店では、顧客の要望を受け、コロナ禍で中止していたタッチアップ(美容部員が来店客にメークを施すこと)を再開。2階の「ビューティスタジオ」では「ビューティコンサルタント」と同社が呼ぶ、専任スタッフによるメークのレッスンも開催している。KOSE SELF PHOTO STUDIOは「(店舗内で)体験したメークの記録として、(スマートフォンのカメラアプリなどの)フィルターやスタンプで加工した写真とは異なる、高画質な写真を収めることができるようになっている」(コーセー マーケティング戦略部 Maison KOSE銀座店長の深沢亮氏)。気に入った写真は自分のスマホにダウンロードできる。

顧客はコロナ禍対策としてマスクをして入店するが、「KOSE SELF PHOTO STUDIO」ではマスクを外して撮影。気に入った写真は自分のスマホにダウンロードできる

50種類のバーチャルメークが可能

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント