ジーンズのおすすめコーデ12選|色別にデニムの旬な着こなしをチェック

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

カジュアルコーデに欠かせないデニムパンツは、色の微妙な風合いにこだわってみると、いつもの着こなしがグッとおしゃれに格上げされます。ここでは、注目の色落ちデニムから定番デニム、使えるデニムまで、幅広くご紹介します。ぜひお気に入りの一本を見つけてみて。

ジーンズの色の選び方は?

カジュアルスタイルでの王道ファッションアイテムであるデニムパンツは、カラーによって雰囲気が大きく変わります。色落ちでおしゃれ度をアップさせたり、定番カラーでシンプルな着こなしを楽しんだり、色々なコーデを楽しみましょう。

・色落ちジーンズでこなれ感とおしゃれ感がアップ
・ライトブルーデニムは一本あると安心
・どのコーデにも合うブラックデニムに注目

色落ちジーンズのおしゃれコーデ

こなれ感のある色落ちデニムパンツは、いつもの着こなしが格上げされるおしゃれアイテム。色落ちによって程よく淡い色合いになり、これからの春にもぴったりなコーデになります。自分に似合う着こなしを探して。

【1】ブルーデニムパンツ×ミントグリーンニット

首元が少し立ち上がったネックで、どこかクラシカルなムードが香るミントグリーンの透けニット。色落ちしたブルーデニムパンツと合わせ、肩の力が抜けた着こなしに。

  • ニット[インナーキャミソール付き]¥13,200(FRAY I.D ルミネ新宿2店〈FRAY I.D〉)
  • デニムパンツ¥21,800(ショールーム セッション〈SERGE de bleu〉)
  • 手に持ったジャケット¥42,000(ROPÉ)
  • バッグ¥145,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • 靴¥11,000(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店〈ル タロン グリーズ〉)
  • ピアス¥55,000(ロンハーマン〈ソフィー ブハイ〉)

【2】ブルーデニムパンツ×ピンクシャツ

可愛らしいマイルドなピンクのシャツに、色落ちした淡いブルーデニムで思いきり春らしく。ビッグシルエットのシャツ、ボーイフレンドデニム、とシルエットも「大きめ」でそろえると、カラーミックスがうまくいきます。

  • シャツ¥11,000(バロックジャパンリミテッド〈ブラックバイマウジー〉)
  • パンツ¥21,800(ショールーム セッション〈SERGE de bleu〉)
  • バッグ¥7,800(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ビューティ&ユース〉)
  • 靴¥44,000(アクアガール渋谷〈ネブローニ〉)
  • イヤリング¥17,000(アガット〈agete〉)

3】ブルーデニムパンツ×グリーンカーデ×トートバッグ

ミントグリーンのリブカーディガン×色落ちデニムパンツのこなれスタイルに、斜めがけトートでスパイスを。色みが残ったデニムパンツがきれいめな雰囲気に仕上がります。

  • カーディガン¥24,000・パンツ¥22,000(Theory) 靴¥8,990(PLST)
  • 頭に巻いたスカーフ¥11,000(フラッパーズ〈マニプリ〉)
  • 黒のバッグ/Oggi5月号付録
  • サングラス¥48,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)
  • イヤリング¥15,000(ジュエッテ)

【4】ブルーデニムパンツ×黒カーデ

薄手の黒カーディガンと厚みのあるデニムパンツで、気温の調整を心がけたお出かけスタイル。色落ちデニムを好印象に装うには、清潔感を意識した着こなしが大切。

  • バッグ¥39,000(サザビーリーグ〈ステート オブ エスケープ〉)
  • 靴¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈マウロ デ バーリ×デミルクス ビームス〉)
  • ネックレス¥39,000(ロンハーマン〈ハルポ〉)
  • バングル¥28,000(インデアン・クラフト)

定番のライトブルーデニムコーデ

定番のライトブルーのデニムパンツは、一本持っておくと便利なマストおしゃれアイテム。流行や年代を問わずにいつでも履けるので、大人の女性も挑戦しやすく、カジュアルコーデを楽しむことができます。

【1】ライトブルーデニムパンツ×黒フラットサンダル

ピクニックなどのアクティブなお出かけのときは、程よいカジュアルで臨むのが今の気分。定番のライトブルーデニムに、足元はフラットなサンダルで、とことん動きやすさを重視して。

  • ヘアバンド¥6,900(シャポード オー 東急プラザ銀座店〈シャポード オー〉)
  • 靴¥17,000(デミルクス ビームス 新宿〈マウロ デ バーリ×デミルクス ビームス〉
  • バングル¥33,000(インデアン・クラフト ネックレス¥24,000(ショールーム セッション〈MARIA BLACK〉
  • チョーカー¥42,000(プリュイ トウキョウ〈プリュイ〉
  • バッグ¥22,000(ルーニィ)

【2】ライトブルーデニムパンツ×ピンクノースリーブ

女性らしいピンクのノースリーブに、ライトブルーのデニムパンツを合わせたシンプルな着こなし。ノースリーブの存在感のあるリブニットが、奥行きのある印象に。

  • バッグ¥253,000(ロエベ ジャパン カスタマーサービス〈ロエベ〉)
  • 「オーラリー フォー ロンハーマン」のニット¥23,000
  • 「リダン」のデニム¥34,000
  • 「マノロ ブラニク」の靴¥100,000
  • (ロンハーマン) ピアス¥685,000
  • ブレスレット¥390,000・バングル¥178,000(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)

【3】ライトブルーデニムパンツ×黒タートルネックニット×ストライプシャツ

定番のライトブルーデニムパンツに、おしゃれなレイヤードスタイルを合わせたコーデ。タートルネックニット×ストライプシャツで、デニムパンツもお仕事モードに。

  • 靴¥29,000(FUN Inc.〈CHEMBUR〉)
  • ソックス¥1,000(Blondoll 新丸の内ビル店〈17℃〉)
  • ベルト¥15,000(GREED International Tokyo Store〈BED&BREAKFAST〉)
  • バングル¥15,000(SILVER SPOON)
  • バッグ¥154,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)

【4】ライトブルーデニムパンツ×ネイビージャケット

シンプルなライトブルーのデニムパンツこそ、大人になる楽しさを味わえる定番アイテム。知的なネイビージャケットを合わせて、大人カジュアルに仕上げて。

  • パンツ[3月発売予定]¥22,000(JET ルミネ新宿店 ルミネ2〈ジェット ロサンゼルス〉)
  • ジャケット¥87,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)
  • カットソー¥7,500(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉)
  • バッグ¥47,000(TOMORROWLAND〈CARBOTTI〉)
  • 靴¥29,000(フィルム〈ザ キャットウィスカーズ〉)
  • ピアス¥16,000(GALERIE VIE 丸の内店〈MODERN WEAVING〉)
  • 〝Hirotaka〟のバングル¥88,000・〝MARIA BLACK〟のリング¥15,000(ショールーム セッション)

実は一番使える色! ブラックデニムコーデ

カジュアルなデニムパンツも、どんな装いにも合わせやすいブラックカラーだと、いつものコーデにたくさん使えます。デニムパンツながら「きちんと感」も生まれるので、少しかしこまったシーンにもおすすめです。

【1】ブラックデニムパンツ×ミントグリーンコート

「きちんと感」を考えたら、オフィスカジュアルになじむのはブルーデニムより旬のブラックデニム。デニムならではのハイライズと、オーバーサイズトップスとの組み合わせで、通勤スタイルが抜群に今っぽくなります。

  • デニムパンツ¥29,000(マディソンブルー〈マディソンブルー〉)
  • コート[共布ベルト付き]¥29,000(マイストラーダ)
  • ニット¥8,800(アンクレイヴ)
  • バッグ¥18,000(T&L〈TOFF&LOADSTONE〉)
  • 靴¥43,000(フラッパーズ〈ネブローニ〉)
  • ピアス¥8,800(ジューシーロック〈JUICY ROCK Original〉)
  • ネックレス¥10,800(サイクロ〈CYCRO〉)
  • リング¥30,000(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)

【2】ブラックデニムパンツ×イエローロングカーデ

気のおけない友人と会う日は、ワイドデニムパンツでリラック感を重視。いつもより少し挑戦した着こなしの気分のときは、ブラックデニムで大人スパイスを投入して。

  • カーディガン¥18,500(エミ ニュウマン新宿店〈エミ アトリエ〉)
  • カットソー¥8,000(MICA&DEAL 恵比寿本店〈MICA&DEAL〉)
  • Jデニム¥17,000(KURO GINZA〈KURO〉)
  • キャップ¥5,500(ザ・ノース・フェイス 3〈マーチ〉)
  • リュック¥29,000(UNBY PR〈cote&ciel〉)
  • 靴¥10,000(エミ ニュウマン新宿店〈ナイキ〉)
  • 時計¥13,500(アウトドアプロダクツカスタマーセンター〈OUTDOOR PRODUCTS〉)

【3】ブラックデニムパンツ×白レースブラウス

上半身映えの透け感レースブラウスに、張り切りすぎていないブラックデニムパンツを合わせた甘辛コーデ。デニムパンツのカジュアルさで、トップスの透け感もヘルシーな印象を打ち出せます。

  • ブラウス[インナー付き]¥58,000(ebure)
  • デニム¥19,000(GUEST LIST〈RED CARD〉)
  • バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)
  • 靴¥30,000(PIPPICHIC)
  • ピアス¥18,000(エテ)
  • バングル¥18,000(ジュエッテ)

【4】ブラックデニムパンツ×オレンジニット

爽やかフェミニンなオレンジニットにシンプルなブラックデニムパンツを合わせたコーデ。ボディラインがわかるニットで、ブラックデニムも女性らしい着こなしに。

  • ニット¥19,000(DES PRÉS〈DES PRÉS〉)
  • パンツ¥23,000(GUEST LIST〈upper hights〉)
  • バッグ¥41,000(エスケーパーズ〈YOSUZI〉)
  • 靴¥29,000(アマン〈ペリーコ サニー〉)
  • ストール¥53,000(ebure〈Faliero Sarti〉)
  • ピアス¥6,000(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉)
  • 時計¥23,000(ピークス〈ロゼモン ノスタルジア〉)

最後に

カジュアルコーデに欠かせないデニムパンツを、着こなしがグッとおしゃれになる色別でご紹介しました。注目の色落ちデニムから定番デニム、使えるブラックデニムまで、ぜひお気に入りの一本を見つけてみて。

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。
最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント