定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

セブンの店で揚げるカレーパンが絶好調 レジ横の“看板”目指す

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

「お店で揚げたカレーパン ついに販売開始!」。東京都や神奈川県にある一部のセブン-イレブンの店頭には、こんな張り紙が利用者の目を引く。店舗も売り込みにひときわ力を入れるその場で揚げるカレーパンが、想定の2~3倍の売り上げが続く人気商品となっている。コンビニで重要なレジ横の看板商品と位置付け、女性や若年層も取り込む呼び水としての期待をかける。

日経クロストレンド

より

セブン-イレブンが東京や神奈川、東海地方の一部店舗で2021年6月末から販売し始めた、店内調理のカレーパンが絶好調だ。その名も「お店で揚げたカレーパン」(税込み149円)。パンの棚にある袋入りの商品ではなく、各店舗のフライヤーで揚げ、レジの横にあるホットスナックの什器(じゅうき)に並べられる。コロナ禍で遠くのパン屋には買いに行けないが、身近なコンビニで高品質のカレーパンが食べられるとあって、人気を博しているのだ。

お店で揚げたカレーパン。モチっとした生地の中に粘性のあるルウが入っている

都内のある店舗では8月中旬、午前10時の時点で12個のカレーパンが什器に並んでいた。午後2時に再訪したときにはすでに完売。カウンターの裏では、夕方以降の分を揚げている最中だった。セブン-イレブン・ジャパンによると、発売から1カ月半たっても売り上げが落ちず、想定の2~3倍ペースで推移しているという。

レジ横の什器で売られるカレーパン。焼き鳥と場所を分け合う(写真提供/セブン-イレブン・ジャパン)

セブン-イレブン・ジャパン執行役員 FF・惣菜部長の羽石奈緒氏は、「店内で揚げると女性や若年層の購入者が増え、老若男女に支持されている。若い女性がネットの評判を見てカレーパンを買いに来たという声が出てきたのは、従来には無かった反応」と話す。

 一般的にコンビニ利用者の過半は男性で、袋入りカレーパンを支持しているのも年配男性だ。女性や若年層とのタッチポイントも生み出すカレーパンに、多くの店舗が可能性を感じ取った。店頭に「お店で揚げたカレーパン」などとに大々的に張り紙を掲示し、予約専用の用紙まで用意する店もある。コロナ禍で客足が減ったコンビニ業界において、回復の起爆剤としての期待がかかる。

店頭に大々的な張り紙をする店舗もある

予約専用の用紙まである

店舗のメリットも大きく、積極的に販促開始

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント