定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

デジタルに新たな価値と概念を生むNFT。“NFT×ファッション”の創造が未来を紡ぐ

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

ブロックチェーン上で発行される「NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)」。デジタルコンテンツ市場の発展に大きく貢献する革新的技術です。 最近では、NFTを活用したデジタルアートやメディアが度々高額で売買され、IT・経済界を賑わせています。NFTを巡るこのような動向からは、どんな可能性が読み取れるのでしょうか。また、国内企業がNFT関連のビジネスに参入する際には、どんな考え方がポイントになるのでしょうか。 DXやXR事業を軸に、デジタルヒューマンやデジタルファッション等のクリエーティブを展開する、1SEC(ワンセック)のCEO 宮地さんに伺います。

bae(https://bae.dentsutec.co.jp/)より

最先端のクリエーター達が期待を寄せるNFTのメリット

——デジタルアートやデジタルメディアの資産性や希少性を担保する技術として注目される「NFT」。変遷を簡単に教えてください。

NFTが登場したのは2017年頃で、ゲームやデジタルアートに利用されてきました。2020年に登場したデジタルトレーディングカード「NBA Top Shot」の人気などを受けて、市場が急激に活性化しました。

NBA選手のスーパープレイ動画が見られるデジタルカードを売買。現在も市場を牽引する「NBA Top Shot」。希少性の高い人気選手のカードには2千万円以上の値がついている

クリエーティブ関連を軸に話をすると、例えば、アーティストの「Beeple(ビープル)」、人気DJの「deadmau5(デッドマウス)」、スニーカーデザインチームの「RTFKT(アーティファクト)」等がNFT作品をマーケットやオークションに発表し、価格が数億~数十億円まで高騰する事例が続出。

その可能性に着目したクリエーターが次々とクリプトアート(NFTアート)を出品し、投機家も多額の資金を投じて、ITや経済界を中心にバズワードになった、というのが現在までの流れです。

(画像左)2020年末にdeadmau5はグッズコレクションを約1億1千万円分販売
(画像右)Beepleことマイク・ウィンケルマンの作品は2021年3月に約75億円で落札

また、純粋なデジタルアート以外にも、Twitter社founderのジャック・ドーシー氏による最初のツイートが約3億円で落札されたり、インターネット・ミームのCGが高額で取り引きされたりと、NFTを使って世に新たな価値を問う試みが続き、話題が尽きない状況です。

——多くのクリエーターがNFTに可能性を見出す理由は何でしょうか。

リアルな美術品もそうですが、今までは作品が最初に売れた際にのみクリエーターに利益があり、転売された際には正当な利益を獲得できる仕組みがありませんでした。しかも、デジタル作品は容易にコピーされるため、本物だという証明が難しかったのです。

しかし、NFTを使えば作品の真正性・希少性が証明でき、購入者(保有者)側の資産性も裏付けられます。また、ブロックチェーンテクノロジーによって、二次流通、三次流通と売買された際にも、クリエーターが利益を得る仕組みを設計できるようになりました。

老舗の美術オークショニストもNFTの取り扱いを始め、デジタルなクリエーティブのポジションは、今までと異なるフェーズに突入しました。「正当な評価と売買の仕組みが確立した」ということが、今多くのクリエーターたちがNFTに抱く可能性や期待感の正体です。

——コロナ禍による経済状況の変化で、分散型金融に投資する投機家が増えていることも、NFTの人気に影響しているでしょうか。

現在、NFTに資金を投入しているのは北米を中心とした投機家がほとんどですから、そういった側面も大きいと思います。イーロン・マスク氏のような超富裕層が、可能性に賭けて次々と買っているイメージですね。

NFT市場規模の推移。2020年には約3億1,500万ドル(約350億円)。NFT売買に用いる仮想通貨の高騰や、NFTカードやアートの人気と高騰を受けて、2021年にはさらに急伸
出典:2020年2月 「Non-Fungible Report: NFT Market Cap Could Hit $315 Million This Year」BLOCKONOMIによる

2021年第一四半期のみで約15億ドルの売上を達成。「NBA Top Shot」のほか、クリプトアートを展開する「CryptoPunks」、マーケットプレイスの「OpenSea」が市場を牽引
出典:2021年4月 「NFTs generate record $1.5 billion transaction volume in Q1 2021」DappRadarによる

ただ、バーチャルなファッション等への注目度については、メタバース(※)の人気が濃くなっているという背景が関わっており、ここが、今後一般層までNFTが普及するポイントになると考えています。
※現実世界を仮想空間上にトレースしたミラーワールド。多くのプラットフォーマーがワールドの構築に乗り出している。

詳しくは後述しますが、私たちも今後、メタバースを見据えたクリエーティブを展開していきます。

メタバースに飛び込むためのデジタルファッション

——1SECから2021年4月に発売された「AIR SMOKE 1™(エアスモークワン)」は、NFTを活用した国内初のバーチャルスニーカーとして話題になりました。どのようなクリエーティブでしょうか。

私たちが発売する初のクリプトアートで、デジタルファッションアイテムという位置づけです。0.5秒ごとのモーションでレインボーカラーが移り変わり、ソールからスモークが湧き上がる、3DCGのスニーカーです。

発売数日前に北米と日本でリリースを発布。有力なファッションメディアを中心に報道され、話題となった。購入したのは米国のアートコレクター

 

虹色にしたのは、ヒッピームーブメントに着想を得たもので、ダイバーシティへの価値の象徴でもあります。直感的にも「レインボーカラーがウケる!」と思って決めました。
「途切れないスモーク」という演出を加え、フィジカルで再現出来ないクリエーティブを意識して、非現実的でデジタルにしか存在しえない一足にしました。私自身、リアルなNIKEのコレクターで、100足くらい持っているので、カッコいいと思う要素を詰め込んだデザインです。

「AIR SMOKE 1™」はNFTのマーケット「Rarible(ラリブル)」と「OpenSea(オープンシー)」で発売し、9分後に約140万円(5イーサリアム)で落札されました。正直、そのスピードには驚きましたし、もっとたくさん出品してもよかったかな、と思いました(笑)。
ちなみに、「AIR SMOKE 1™」と同じ時期に発売されたRTFKTのNFTスニーカーも、1足約150万円、総額約3.2億円が売れています。

TFKTはNFTスニーカー以外にも、リアルスニーカー、ARファッション、3Dアバターなど、オンラインとオフラインを横断するクリエーティブを展開する

——他のものではなく、NFTのスニーカーを発売された理由はどこにあるのでしょうか。

スニーカーというマテリアルが、デジタルアートのファンや熱心なスニーカーのコレクターはもちろん、おしゃれが好きな一般層からも注目されやすく、受け入れられやすいからです。
誰にとっても身近なファッションの訴求力は、メタバースへの重要なハブになり、NFTを多くの人が購入し始めるきっかけにもなると考えています。

——「NFTファッションがメタバースへのハブになる」のはなぜですか。もう少し詳しく教えてください。

実は私たちは、数年内にメタバース世界をオープンして(仮に“ISLAND”と呼称)ファッションブランドやメゾンが集う、魅力ある都市に成長させたいと考えています。簡単に言うと、WEBからアクセスできるデジタルなテーマパークを創り、世界中の人に遊びに来てもらうイメージです。

ただ、世界観だけを披露しても、人は集まりにくいでしょう。そこで、ISLAND内でファッションアイテムというコンテンツを展開し、それに興味を抱く人々に集まってもらうことで、メタバースとしての価値を充実させていきたいと考えているのです。

——メタバースのワールドの中で、自分のアバターが着られるような、ファッションアイテムを展開されるということでしょうか。

その通りです。もう少し、詳しく説明しましょう。
いま、世界中でリモートワークが広がっているように、人の営みは、現実からデジタル上に “お引っ越し” しています。1SECでは、この流れを数年前から掴み、バーチャルヒューマンの開発などに取り組んできました。2017年頃は、「メタバース的な世界が定着するのは2025年以降」と予想していました。

しかし、COVID-19の流行をきっかけに流れがブーストされ、メタバースは一気に”遠くの概念”ではなく身近な世界の一つになりました。「VRChat」「Fortnite(フォートナイト)」「どうぶつの森」なども、現状メタバースと呼べますが、実際にこれらの中で、自らをアバター化して過ごすことを楽しむ人は増えていますよね。

今後もメタバースが進化・拡張していく上で、ライフスタイルの中の物理的なアセットはどんどんデジタル化していきます。
とりわけ、人の個性やパーソナリティが反映され、同時に資産性もあるファッションは、重要なカギになるはずです。

 

1SECが展開する、インタラクティブな会話が可能なバーチャルヒューマン。誰もがバーチャルヒューマン化して、メタバースで自由に行動できる未来の創造にも取り組むという

 

——確かに、メタバースが拡張すれば、アバターが着るものの自由度も求められそうです。

はい。その流れが来ると確信して、「AIR SMOKE 1™」の発売とともに、「1Block」というデジタルファッションレーベルを立ち上げました。

1年以内に、リアルで人気のハイブランドや先進的なメゾンとコラボしながら、今までにないNFTのデジタルファッションを発表していきます。
オートクチュールやフィジカルアイテムとの連動などを展開していきますので、ぜひ楽しみにしてください。

——NFTに興味を示すユーザー層はどのように変化していくでしょうか。

デジタルファッションやアバターを通じて触れられるセンスやカルチャーのバリエーションも増えれば、より多くの人がメタバースやNFTに関心を寄せ、マス層へ拡大するはずです。
RTFKT や「GUCCI」がすでに展開しているように、デジタルファッションアイテムをAR上で着たり、アバターに着せたりすることは今でも可能ですが、将来的にはよりシームレスになります。

リアルワールドがXRでアップデートされていく過程で、「超富裕層がNFTを買い、オンラインゲームやネットカルチャーに詳しい層がメタバースで過ごす」というだけではなく、スマホの動画やゲームのように、誰もがNFTやメタバースに触れるようになると思います。

メタバースは、先天的なフィジカルにも属性にも縛られないダイバーシティになるでしょう。誰もが自由なアバターの姿で世界中の人々と繋がり、好きなワールドで遊び、今までにないファッションを纏える日が来たら、最高に楽しいと思いませんか。

GUCCIはアバターSNS「ZEPETO(ゼペット)」でのアイテム提供や、ゲーミングプラットフォーム「Roblox(ロブロックス)」でのVR空間の公開などに積極的に取り組む

NFTが当たり前に流通する世界がやってくる

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント