デニムスタイルを格上げするビビットカラー使い。何で取りれるか迷ったらコレ!

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

デニムスタイルがマンネリ化してきたと感じたら、まず試してほしいのがビビットカラーの一点投入だ。

パッと華やぐ挿し色をチラ見せするだけで、デニムブルーがいっそう魅力的になるぞ!

デニムスタイルに挿し色でアクセントを

山根敏史さん Age 45

福山の工場にてエコ染色した糸を使ったデニムは、山根さん自身が手掛けるブランドのもの。フーディの鮮烈な赤が藍の深みを引き立てる。腕時計のベルトの色もさりげなくリンク。

  • デニム、デニムジャケット、中に着たコート、帽子/すべてエフシーイー

ゆとりのあるサイジングと立体的なシルエットが特徴的。ハリのあるスウェット地で、深みのあるブルーをいっそうみずみずしく。

  • 2万900円/トラディショナル ウェザーウェア(トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 03-6418-5712)

高級長糸の残糸で編んだ、サステナブルなロングスリーブポロシャツ。ボディから編み続いた前立てなど細部の上品な仕様で、陽気な色を纏いながらも引き締まった印象に。

  • 1万5000円/ライテンダー(トゥッティ フルッティ 03-4405-1444)

鮮やかなレッドカラーのTシャツは、ドロップショルダーかつ身幅が広いボックスシルエット。2種類の超長綿をブレンドしたコットンを用いて、鮮やかながら奇抜には感じさせない、上品な風合いが特徴。

  • 3万800円/ヘリル(にしのや 03-6434-0983)

最高級のアイリッシュコットンがもたらす恩恵は、柔らかく締め付けの少ない履き心地と、きらびやかな彩りに宿る。カラフルなドレスソックスで遊ぶデニムスタイルを。

  • ソックス各5500円/シャルべ(シャルべ 日本橋三越本店 03-3241-3311)
OCEANS 2021年5月号 [雑誌] | OCEANS編集部 | 男性ファッション・ライフスタイル | Kindleストア | Amazon
AmazonでOCEANS編集部のOCEANS 2021年5月号 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント