トークスキル基礎〜インスタライブ編〜

トークスキル
スポンサーリンク

色々手法は学んだはいんだけども、それを練習する場所がない。
誰にどのようなことを伝えていいのかわからない。

そんな方向けになります。

実際に学んだ手法などを実際に試す場所としてインスタライブはかなり良いんですね。
インスタライブで発信するとめちゃくちゃ良いアウトプットになります。

本日は3つのポイント

  • なぜインスタライブが良いのか?
  • 準備方法
  • 実践中に意識していること

なぜインスタライブが良いのか?

インスタライブは、生配信ですよね。
じゃあその上でのメリットは、

  • その場で改善できる

その時その瞬間で、コメントをくれるわけです。だから、ちょっと今の話わかりずらかったです。こういう所を直した方が良いと思います。っていうのをその時に気付けるわけですね。

その上で

  • 改善のスピードが早くなる

PDCAサイクルってご存知でしょうか?PDCAサイクルに乗っけて、改善をして行くわけですけども。このCの部分。チェックですね。チェックの数が多ければ多いほど成長のスピードは早いです。
なぜ自分はダメなのか?どう直して行くのかが気づけて、そこを直せば直すほど成長できるわけですよ。
インスタライブをその瞬間にやって自分の悪いところがすぐにわかる。
その場でわかるという所は、インスタライブをする上でめちゃめちゃメリットです。

準備方法

  • テーマを決める

自分は何についてお話しして行くのか?そのテーマがないと人は集まりません。

  • 台本の作成

テーマを決めたら台本を作る。コツは、インプットしたことをブログに書きます。
ブログに書く時に、PREP法を意識しながら書いて行く。
そうすれば、ブログが台本になっているわけですよ。
そうすれば一石二鳥効率よくアウトプットできるわけですよ。

  • ストーリーで告知

いきなりゲリラライブをやっても、あまり集まりません。しっかりとストーリーを使って告知をしていき、見ていただく機会を増やしましょう。
コメントしてくれた人をメンションしてください。告知の中に入れてください。そうすれば、フィードバックも得られる。

実施中に意識していること

  • コメントは見ない

自分の話したいことをまずは一通り見る。そして、最後にみればなるほどとまとめて自分でチェックする。

  • 時間を決めて話す

30分話して30分フィードバックなんでも良いですが。ビジネスでもプレゼンの時間は決まっているかと思います。

  • ライブ視聴者がプレゼン相手だと思って話す

これは、イメージの部分です。20人なら20人のプレゼン相手がいると思って話す。

コメント