トークスキル基礎〜ストレスを与えない話方編〜

トークスキル
スポンサーリンク

ストレスを与えない話し方

聞き手っていうのは、ストレスを抱えているか抱えていないかで理解力が全く変わって来ます。

本日も3つあります。

  • ストレスを与えない話し方とは?
  • 具体的に何をしていくか
  • 1つの方法

ストレスを与えない話し方とは?

優秀な話してのの特徴とは?みなさんなんだと思いますか?
答えは、ストレスを与えない話し方になります。

  • 優秀な話しての特徴

ストレスを与えない話し方ってどういうことかというと。
例えば、講演会などでノートをとってみるとします。
そのノート取ったことをアウトプットしている人をよく見ますが。
何か気づきませんか?共通点に。
大体みんな同じノートになっているわけですよ。
それはなぜかというと。

  • 文章構成を整理して話す

文章構成の時点でみなさんが聞きやすいように、話が作り込まれているからなんです。
だから講演者が話す順番通りにノートをとっていけば、ノートは完成しちゃうんですよ。
これがストレスを与えない話し手です。

ストレスを与えている人っていうのは、聞き手の分解能力によって上手にノートを取れる人はノートを取れますが。
上手にノートを取れない人は取れないんですね。

だから、皆違ったことになっているんですね。
これは話がちゃんと構成されていないから、聞き手が話を整理しながら聞いている状態。
これがストレスになっているわけですね。

  • 「ここだけでも覚えてください」

「ここだけでも覚えてください」というワードはめちゃくちゃ大事です。なぜかというと、聞き手にストレスを与えないっていうのは、何回も行っていますが。聞き手は探りながら話を聞いているわけですね。だから、「ここ大事ですよ」ってしっかり明確に提示してあげる事でストレスをかからずに話を聞けるわけです。

具体的に何をしていくか?

  • PRECの法則を使う

結論→根拠→事例→結論で締める。これは話してが聞きやすい文章構成になっているわけですよ。

  • 段落を分ける

今僕はどこの何の話をしていますよっていうのを聞き手に細かく段落ごとに話していきます。

  • どこの話かを強調

今までは何て話をしていましたが。これからは、○○の話をしていきます。

1つの方法

  • 台本作成時に作り込む

ストレスを与えない話し方のコツは時間をかけてでも台本を作る。プレゼンが上手い人は、文章構成をしっかり作り込んでいます。

コメント