定期購読者様限定ページはこちら

ビームスが挑むメタバース・コマース 意外と売れた、2つの発見

JOB&BUSINESS(仕事・ビジネス)
スポンサーリンク

メタバース時代の到来に先駆け、仮想空間での商品販売にチャレンジする企業がある。セレクトショップの雄、ビームス(東京・渋谷)だ。バーチャル店舗を出店し、店舗スタッフがアバターとなって“生”で接客をする――。同社のメタ・コマースへのチャレンジからは、リアルともECとも異なる新しい小売りの可能性が見えてきた。

ビームスはバーチャル店舗を出店し、スタッフがアバターにふんして接客を実施。その結果は、想定外の連発だった

小売りやメーカー各社は、今までもSNSを活用するなど、デジタルの進化に対応して消費者とのつながりを強化してきた。そんな中でのコロナ禍。実店舗での小売りが不調になる世界において、仮想空間はより現実感のあるフロンティアと見られるようになった。セレクトショップの雄、ビームス(東京・渋谷)のメタ・コマースへのチャレンジから、仮想空間における商品販売の可能性と未来をひもとく。

コロナ禍のチャレンジ バーチャルマーケット初参戦

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント