定期購読者様限定ページはこちら

ピンクカーディガンコーデ『こうすれば甘くなりすぎない!』お手本23選

アパレルマグ
Processed with MOLDIV
スポンサーリンク

こんにちは。

見た目のキュートさで、つい手が伸びるピンクカーディガン。着こなしによっては、幼くなったり甘くなりすぎてしまうのが心配なところ。これから紹介するポイントを押さえれば、大人らしく着こなすことが可能!お手本の23コーデを早速チェックしてみて。

  1. ピンクカーディガンコーデ【トップス】選びのポイント
    1. キャミソール・タンクトップをチラ見せで色っぽく
      1. ▼ピンクカーディガン×白タンクトップ×ベージュパンツ
      2. ▼ピンクカーディガン×ピンクキャミソール×デニム
    2. トップスにピンクを取り入れてリンクさせる
      1. ▼ピンクカーディガン×ロゴT×ブラックデニム
      2. ▼ピンクカーディガン×ピンクタンクトップ×白イージーパンツ
    3. Tシャツでガーリーさをセーブして
      1. ▼ピンクカーディガン×白T×ブラウンパンツ
      2. ▼ピンクカーディガン×ボーダートップス×デニム
    4. 鎖骨見せでヘルシーな色気を漂わせて
      1. ▼ピンクカーディガン×白T×黒デニム
      2. ▼ピンクカーディガン×グレーT×チュールスカート
    5. タイトめニットをインして野暮ったさをセーブ
      1. ▼ピンクカーディガン×ブルーニット×デニム
      2. ▼ピンクカーディガン×ピンクニット×白スカート
  2. ピンクカーディガンコーデ【ボトムス】選びのポイント
    1. ライトブルーデニムとあわせて大人かわいく
      1. ▼ピンクカーディガン×白トップス×デニムサロペット
      2. ▼ピンクカーディガン×黒トップス×デニム
      3. ▼ピンクロングカーディガン×白T×デニム
    2. スカートはミモレ丈で大人の可愛さを加えて
      1. ▼ピンクカーディガン×白プリーツスカート
      2. ▼ピンクカーディガン×白T×コットンスカート
    3. 細身パンツでスッキリとしたシルエットが◎
      1. ▼ピンクロングカーディガン×白ブラウス×デニム
      2. ▼ピンクカーディガン×白トップス×デニム
  3. ピンクカーディガンコーデ【アウター】選びのポイント
    1. 辛口アウターでスパイスを効かせる
      1. ▼ライダースジャケット×ピンクカーディガン×黒スキニー
    2. ショート丈アウターを重ね着してコーデに奥行きを
      1. ▼ピンクロングカーディガン×デニムジャケット×黒スキニー
      2. ▼ピンクカーディガン×ライダースジャケット×黒スキニー
  4. ピンクカーディガンを【トップスとして着る】時のポイント
    1. 黒ボトムスで引き締めてクールに仕上げる
      1. ▼ピンクカーディガン×黒スキニー
      2. ▼ピンクカーディガン×黒スカート
    2. タイトめカーディガンはタックインして脚長効果を狙う
      1. ▼ピンクカーディガン×黒デニムスカート
  5. まとめ

ピンクカーディガンコーデ【トップス】選びのポイント

ピンクカーディガンそのものが甘いアイテムなので、合わせるトップスでかわいさをセーブするのがMINE世代にはおすすめ。そのまま可愛く着こなすのではなく、大人らしさと色香を意識してみて。

キャミソール・タンクトップをチラ見せで色っぽく

▼ピンクカーディガン×白タンクトップ×ベージュパンツ

白リブタンクトップとベージュのナチュラルカラースタイルは、ダスティピンクのニットカーディガン合わせで色のトーンを統一。足元もヌーディパンプスをチョイスして、上品に仕上げて。

▼ピンクカーディガン×ピンクキャミソール×デニム

ピンクONピンクで糖度高めな着こなしは、大胆な肌見せでフレッシュに。ヴィンテージライクなワイドパンツと厚底シューズ合わせでよりクールな着こなしが完成。

トップスにピンクを取り入れてリンクさせる

▼ピンクカーディガン×ロゴT×ブラックデニム

フューシャピンクのカーディガンと、ペールピンクのロゴTでカラーリンク。ハンサムなブラックデニムで甘さを抑えめに。

▼ピンクカーディガン×ピンクタンクトップ×白イージーパンツ

インナーとセットになったピンクカーディガンは、ヌーディなピンクで大人顔に。白のドット柄パンツと合わせてとことんレディに着こなしたい。

Tシャツでガーリーさをセーブして

▼ピンクカーディガン×白T×ブラウンパンツ

ピンクのざっくりカーディガンは、カジュアルの代表アイテムの白Tと甘さを抑えるブラウンパンツ合わせで大人顔にシフト。

▼ピンクカーディガン×ボーダートップス×デニム

ボーダートップスとジーンズの定番カジュアルは、ピンクの力を借りてフェミニンをひとさじ。丸みのあるシルエットが体型カバーも叶えてくれる。

鎖骨見せでヘルシーな色気を漂わせて

▼ピンクカーディガン×白T×黒デニム

ダスティピンクで気負わずトライできるカーディガンと黒デニムの組み合わせは、クルーネックのTシャツ合わせでデコルテを露出。ヘルシーな肌見せでこなれ感を演出して。

▼ピンクカーディガン×グレーT×チュールスカート

ベビーピンクのカーディガンとチュールスカートのフェミニン度たっぷりな着こなしも、中間色のグレーで品よくまとめて。足元はスニーカーで外すのがお約束。

タイトめニットをインして野暮ったさをセーブ

▼ピンクカーディガン×ブルーニット×デニム

ニットONニットにトライする時は、ゆるぴたのバランスを意識して着膨れ防止。トップスからシューズまでブルーで統一すれば、それぞれのカラーが引き立ち合う着こなしに。

▼ピンクカーディガン×ピンクニット×白スカート

オフィスもOKな綺麗めフェミニンスタイル。同色ニットとのアンサンブルでより高度な着こなしが叶う。温かみのあるホワイトのフレアスカートを合わせて、上品スタイルをメイク。

ピンクカーディガンコーデ【ボトムス】選びのポイント

ピンクカーディガンに合わせるボトムスは、やはりカジュアルにまとまるデニムが一番人気の様子。続いて、上品に仕上がる白スカートもおすすめ。

ライトブルーデニムとあわせて大人かわいく

▼ピンクカーディガン×白トップス×デニムサロペット

ざっくりピンクカーディガンには、スキニーのデニムサロペットを合わせて大人可愛いを演出。肌色に馴染むブラウンヒールで大人要素をプラス。

▼ピンクカーディガン×黒トップス×デニム

ピンクカーディガンとライトブルーのライトトーンの組み合わせは、黒トップスとシューズ合わせで引き締め。レオパードバッグのスパイスもお忘れなく。

▼ピンクロングカーディガン×白T×デニム

綺麗色ピンクロングカーディガンで、いつものTシャツ×デニムの組み合わせがロマンチックにシフト。小物のカラーも統一すれば、色数が抑えられてトゥーマッチにならない。

スカートはミモレ丈で大人の可愛さを加えて

▼ピンクカーディガン×白プリーツスカート

甘くなりすぎないダスティピンクのカーディガンとブラウン小物の組み合わせには、ホワイトのプリーツスカートでブライトアップしつつ上品さを底上げ。

▼ピンクカーディガン×白T×コットンスカート

ピンクと白の甘い組み合わせは、ミモレ丈スカートで大人らしさをキープ。キャップやレギンスを添えて、テイストミックスな着こなしに。

細身パンツでスッキリとしたシルエットが◎

▼ピンクロングカーディガン×白ブラウス×デニム

ピンクロングカーディガンと刺繍ブラウスの甘さは、大人なインディゴスキニーデニムでレディに昇華。ヒール合わせでロング丈カーディガンの縦長ラインをさらに強調して。

▼ピンクカーディガン×白トップス×デニム

ピンクと白のふんわりカラーは、スキニーデニムでカジュアルダウンしながら引き締め。ベージュのダブルツイストサンダルで上品さをキープ。

ピンクカーディガンコーデ【アウター】選びのポイント

ここでは、ピンクカーディガンの着こなし幅を広げるためのノウハウを伝授! 他のアウターと重ねることで表情が変わるから、トライしてみて。

辛口アウターでスパイスを効かせる

▼ライダースジャケット×ピンクカーディガン×黒スキニー

ピンクカーディガンの甘さを、ハンサムアイテム代表のライダースジャケットと黒スキニーでハンサムにシフト。

ショート丈アウターを重ね着してコーデに奥行きを

▼ピンクロングカーディガン×デニムジャケット×黒スキニー

ドロップショルダーでゆったりしたピンクロングカーディガンと白Tの組み合わせは、間にデニムジャケットを挟んでカジュアルダウン。ブルーとピンクのコントラストでたちまち立体感が。

▼ピンクカーディガン×ライダースジャケット×黒スキニー

ライダースジャケットと黒スキニーでストイックなスタイルを、ピンクのざっくりカーディガンで親しみやすさをプラス。冬に安心するダークカラーコーデも華やかな印象に。

ピンクカーディガンを【トップスとして着る】時のポイント

ボタンを閉めれば、きれいめトップスとして活躍するピンクカーディガン。合わせるボトムスカラーにも注目。

黒ボトムスで引き締めてクールに仕上げる

▼ピンクカーディガン×黒スキニー

カラーコントラストがはっきりとして目に留まるヴィヴィッドピンクと黒の組み合わせ。足元も黒のパンプス合わせで、クールな着こなしを楽しんで。

▼ピンクカーディガン×黒スカート

Vネックのピンクカーディガンとタイトスカートの女っぷり高い着こなしも、好感度の高い色の組み合わせで嫌味なく着こなせる。足元はスカートとカラーリンクしたスニーカーで外して。

タイトめカーディガンはタックインして脚長効果を狙う

▼ピンクカーディガン×黒デニムスカート

コクーンシルエットがトレンドライクなピンクカーディガン。甘さを抑えるブラックデニムスカートに合わせることでこなれ感UP! 覗くデコルテがヘルシーな色気を漂わせる。

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

 

コメント