定期購読者様限定ページはこちら

ブロマガの更新(KM Letter Vol.35)

KM Letter
スポンサーリンク

こんにちは。

noteアカウントがBANされた事により、過去のKM Letterの購読が難しい形となりましたが。
今後は、こちらよりKM Letterを更新してまいりますので。 今後も更新をお楽しみにして頂ければと思います。

また変更に伴い、KM Letterのフォーマットも以前から変更となります。 併せてご了承頂ければと思います。

先週の押さえておくべきファッションニュース

・すごいコラボですね!
https://www.vogue.co.jp/fashion/article/2021-06-15-dior-sacai

・結構国際的な問題ですね
https://www.fashionsnap.com/article/2021-06-16/qaherharhash-zara/

・どんな展開がされるのか?楽しみですね
https://hypebeast.com/jp/2021/6/undercover-new-mens-line-undercoverism-launch  

・そりゃな!一時期のブームやったもん
https://www.asahi.com/articles/ASN9L3STPN9KUTIL04S.html  

・いやぁ人気というか発売前から口コミがすごかったもんね
https://www.fashionsnap.com/article/uniqlo-mame-review-tops/  

・ウイグル問題が関係していますね
https://news.yahoo.co.jp/articles/acf08cf0ec82ee970d4024bf78803c13d2d5d0cc  

・まじか!昔持っていたぞ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83923  

今週のおしゃれ知識

さて今日はデニム(ジーンズ)についてです!

皆さんが普段から穿いているこのデニムは、どのようにして私達のファッションアイテムとして流行して好っったのでしょうか?

今日は、デニムの歴史について迫りたいと思います。

ゴールドラッシュがなければジーンズは生まれていなかった?

画像:https://www.leon.jp/より

年月は遡り、1848年にカリフォルニアの山中で金鉱が発見されるや、その噂はたちまち全世界に広がり、世界各地からカリフォルニアへの移民が殺到しました。

この大事件がいわゆるゴールドラッシュであり、一獲千金を夢見てカリフォルニアに集った人々をフォーティ・ナィナーズ1849年組)と呼んでいました。
ゴールドラッシュは、またもうひとつの大事件を生んだ。大事件というよりは、大発明というべきか。


ーンズという偉大な衣料品もこのころ生まれました。

 

画像:https://www.fashion-headline.com/より

リーバイ・ストラウスという名のユダヤ系ドイツ人の若者が、プッテンハイムという町から一移民としてニューヨークに着いたのは、ゴールドラッシュが始まる前年の1847年でした

その時、リーバイはまだ18歳で、英語もしゃべれず手に職があるわけでもなかった。
それでも希望に胸ふくらませて新天地
をもとめてはるばるやってきたのは、当時のヨーロッパが庶民にとって必ずしも住みやすい国ではなかったからかもしれない。

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちらから

コメント