定期購読者様限定ページはこちら

ベージュパンツコーデ【レディース25選】きれいめ大人カジュアルお手本帳

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

ベージュパンツはワードローブに一枚は持っておきたいアイテム。オールシーズン着まわせるのでとっても重宝されるけど、実はカジュアルすぎるコーデになっていることも!ベージュパンツ(テーパードパンツ・ワイドパンツ・ストレートパンツ)を”大人カジュアル”や”きれいめ”に仕上げるには、コツがあるんです。トップスと靴の相性をいかしたコーデも一緒にご紹介します。

  1. ベージュパンツで“きれいめ大人カジュアル”コーデに仕上げるコツ
    1. 【1】『シルエット』にこだわる
      1. ▼ベージュパンツは「ヒール」でスタイルアップ
      2. ▼ベージュパンツは「トップス」をコンパクトに
    2. 【2】『シューズ』にこだわる
      1. ▼キレイめな靴を合わせてみる
  2. ベージュ【テーパード】パンツお手本コーデ《4選》
    1. ベージュテーパードパンツの<春夏コーデ>
      1. ▼白ブラウスでレディになる
      2. ▼黒トップス・黒パンプスで引き締める
    2. ベージュテーパードパンツの<秋冬コーデ>
      1. ▼小物はブラックで程よく締めて
      2. ▼ダークトーンコーデには白アイテムで明るく
  3. ベージュ【ワイド】パンツお手本コーデ《6選》
    1. ベージュワイドパンツの<春夏コーデ>
      1. ▼黒トップスには足元に季節感を
      2. ▼ビビットカラーで目線を上げる
      3. ▼ボーダー柄トップスは小物でアレンジする
    2. ベージュワイドパンツの<秋冬コーデ>
      1. ▼ワントーンコーデはシルエットを大切に
      2. ▼ブラウントップスにコントラストをつける
      3. ▼白アウター×ベージュパンツにはポイントを
  4. ベージュ【ストレート】パンツお手本コーデ《4選》
    1. ベージュストレートパンツの<春夏コーデ>
      1. ▼ロゴTシャツにヒールサンダル
      2. ▼甘め黒ブラウスで女らしさを
    2. ベージュストレートパンツの<秋冬コーデ>
      1. ▼白Vニットにはスニーカーを
      2. ▼派手色トップスを選んだら?
  5. 【オフィス】のベージュパンツコーデ
    1. 黒トップスが落ち着きのある印象に
    2. Vニットで品のいい肌見せ
    3. グリーントップスを知的に
  6. ベージュパンツの《シューズ》合わせは?
    1. ヒールサンダル×ベージュパンツ
    2. パンプス×白ソックス×ベージュパンツ
    3. ブーツ×ベージュパンツ
    4. スニーカー×ベージュパンツ
  7. まとめ

ベージュパンツで“きれいめ大人カジュアル”コーデに仕上げるコツ

カジュアル感の強いベージュパンツは、コーデに気を付けないとメンズっぽさが強調されてしまう。でも、しっかりとポイントをおさえれば”大人カジュアルコーデ”にも”オフィスコーデ”にも使える万能アイテムに早変わり!

  1. 『シルエット』にこだわる
  2. 『シューズ』にこだわる

【1】『シルエット』にこだわる

▼ベージュパンツは「ヒール」でスタイルアップ

ベージュパンツには「ヒール」を合わせて、一気にスタイルアップ!幼くみえてしまいそうなときは、ヒールでIラインを強調することで自然と大人っぽさを演出できます。

▼ベージュパンツは「トップス」をコンパクトに

トップスをコンパクトにすると脚長効果が狙える。まずは、トップスをパンツにインしてみて!シルエットをきれいに見せることが、”大人カジュアル”への近道。

【2】『シューズ』にこだわる

▼キレイめな靴を合わせてみる

ベージュパンツコーデをアップデートするには、キレイめな靴が効果的。いつものスニーカーではなく、上品さのある足元にすることで洗練された装いにシフトチェンジ。

ベージュ【テーパード】パンツお手本コーデ《4選》

”テーパードパンツ”は、足首向かって裾が細くなっているパンツのこと。 ベージュテーパードパンツは履くだけで女性らしいシルエットになるので、きれいめコーデにおすすめ。

ベージュテーパードパンツの<春夏コーデ>

▼白ブラウスでレディになる

ベージュテーパードパンツに涼し気な白ブラウス×黒ヒールパンプスを合わせると、どんなシーンでもOKな清楚コーデに仕上がる。オフィスコーデにも取り入れてみたい組み合わせ。

▼黒トップス・黒パンプスで引き締める

ゆったりとした幅広ベージュテーパードパンツは、着太りしやすい。それを回避してくれるのは、黒Tシャツ。さらに、ベレー帽やメガネフレームも黒をチョイスすることで統一感のあるコーデに。

ベージュテーパードパンツの<秋冬コーデ>

▼小物はブラックで程よく締めて

白トップス×ベージュテーパードパンツに、ブラックの小物を合わせることでしっかりとした印象に変身。ベージュが似合わない人でもブラックを取り入れるだけで重たくなりすぎず、挑戦しやすくなるはず。

▼ダークトーンコーデには白アイテムで明るく

ダークブラウンのトップス×ダークベージュのパンツには白カーディガンを羽織って。落ち着いたカラーのワントーンコーデには明るいアイテムをプラスすると華やかに。

ベージュ【ワイド】パンツお手本コーデ《6選》

ベージュワイドパンツは、カジュアルコーデには欠かせない定番アイテム。 信頼を置きすぎて、いつも同じコーデになっていませんか?一歩踏み出して、”大人カジュアル”にステップアップ。

ベージュワイドパンツの<春夏コーデ>

▼黒トップスには足元に季節感を

黒Tシャツ×ベージュのハイウエストワイドパンツは、メリハリがしっかりついたお手本コーデ。春夏らしいウェッジサンダルを選べば、程よい肌みせで抜け感がでます。

▼ビビットカラーで目線を上げる

鮮やかなブルートップスは存在感抜群。ベージュワイドパンツにインすることで脚長効果があるのはもちろんのこと、ビビットカラーが目線を上に向けてスタイルアップを実現。

▼ボーダー柄トップスは小物でアレンジする

ボーダー柄トップス×ベージュワイドパンツはカジュアルになりすぎてしまうので注意。流行のシルバーバレエシューズやクリアバックで、旬顔な大人カジュアルに。

ベージュワイドパンツの<秋冬コーデ>

▼ワントーンコーデはシルエットを大切に

白タートル×ベージュワイドパンツのワントーンコーデは、トップスの女性らしさにパンツの軽やかさがマッチ。シューズのブラウンパンプスがコーデのポイントになる。

▼ブラウントップスにコントラストをつける

ブラウントップスに、黒アイテムを加えることで辛口エッセンスをプラス。ブラウンニット×ベージュワイドパンツだけでは地味になりそうなコーデも、シルエットにこだわればトレンドライクに。

▼白アウター×ベージュパンツにはポイントを

ベージュワイドパンツに白アウターを羽織るだけでは、膨張してみえてしまう。スカーフを首元にひと巻きすると、全身のバランスが整いスタイルアップにも貢献。

ベージュ【ストレート】パンツお手本コーデ《4選》

履きこなし次第でどんなコーデにもマッチする、ベージュストレートパンツ。Iラインがしっかりと強調されるので、すらりとしたシルエットをゲット。

ベージュストレートパンツの<春夏コーデ>

▼ロゴTシャツにヒールサンダル

ロゴTシャツ×ベージュストレートパンツには、レディ度高めな黒ヒールサンダルを選んで。シンプルコーデもボーイッシュに見せず、品のあるカジュアルにブラッシュアップ。

▼甘め黒ブラウスで女らしさを

甘め黒ブラウスをインすることで、華やかさを獲得。ベージュストレートパンツがボリューム感たっぷりなフリルを落ち着かせてくれるので、甘めトップスもちゃんと馴染む。

ベージュストレートパンツの<秋冬コーデ>

▼白Vニットにはスニーカーを

白Vニット×ベージュストレートパンツは女らしく優しい雰囲気をもたらす。足元に黒スニーカー選べば、淡くまろやかなカジュアルスタイルをさりげなく引き締めてくれます。

▼派手色トップスを選んだら?

品のあるパープルスウェットが、大人カジュアルに導いてくれる。鮮やかな色をなじませたいときは、他のアイテムカラーは黒を選んで。これさえ覚えておけば、トップスの色選びが楽しくなる!

【オフィス】のベージュパンツコーデ

カジュアルカラーの代名詞であるベージュは、オフィスコーデにどう取り入れようか悩みがち。どんなトップスも柔らかく引き立てくれるベージュパンツを、オフィスでも着まわしたい。

黒トップスが落ち着きのある印象に

黒プルオーバー×ベージュパンツはテクニックいらずでオフィスコーデが完成する。ほかのアイテムを頼れるシンプルカラーでまとめれば、落ち着きのある印象に仕上がる。

Vニットで品のいい肌見せ

オフィスコーデに欠かせないのが、すっきりとシャープなシルエット。ブラウンのリブVニットはハイウエストのベージュパンツと相性抜群。きれいなIラインシルエットを作ります。

グリーントップスを知的に

ベージュのハイウエストパンツはグリーンニットできれいめオフィススタイルに。足元はパンツのカラーと合わせてベージュブーツで決めると今っぽく演出できる。

ベージュパンツの《シューズ》合わせは?

ベージュパンツコーデで周りと差をつけるには、『シューズ』合わせがカギとなる!ベージュパンツの本領を発揮させるのは、コーデとのバランスが取れた足元です。

ヒールサンダル×ベージュパンツ

ブラックのシンプルなトップスをインしたスタイルは足元にヒールを持ってくるだけで大人レディな装いに。指し色としてカラーものを合わせてもよいかも。

パンプス×白ソックス×ベージュパンツ

カジュアルなベージュパンツコーデを、黒パンプス×白ソックスがほんのりレトロに。ハイウエストワイドパンツとヒールパンプスの相乗効果で、計算されたスタイルアップコーデ。

ブーツ×ベージュパンツ

かっちりとした黒レザーブーツが茶系グラデーションを引き締める。足元にきちんと感をつくることで、ブラウンブラウス×ベージュパンツで理想的なハンサムさが生まれる。

スニーカー×ベージュパンツ

可愛らしさが印象的な白ブラウスには、黒スニーカーでカジュアルダウン。大人カジュアルに大切な引き算で、甘いトップスにはあえてラフなシューズを選ぶとちょうどいいバランスに。

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント