定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

ポロシャツは4つの襟型・素材に注目!

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

ビジネスインナーとして定着したからこそ、ポロシャツの細部を頭に入れて着こなしたい。知的で親しみやすい印象に導く、ポロシャツにおいて知っておくべき4項目を今回紹介します。

鹿の子素材

表目・裏目を縦横に交互に組み合わせるニッティング手法のひとつ「鹿の子編み」によってつくられる素材です。編み地の表面を透かしたり隆起させたりすることによって、独特の網目柄をつくり出されます。

 この鹿の子編みは、最も基本的な“平編み”にループ状の糸が特徴的と言える“タッグ編み”を併用しながら編んでいきます。この2つの編み方のバランスによって、基本となる鹿の子編みから派生して、「表鹿の子」、「裏鹿の子」などといったバリエーション豊かな網目柄をつくり出すことも可能となっています。

  このような編み方によって、適度な凹凸ができます。この凹凸のおかげで、肌に触れる生地の表面積が少なくなるというわけです。よって、汗をかいても生地がべったり肌に張りつくこともなく、サラッとドライな着用感を楽しむことができる素材の好例となっているわけです。

 こうして以前から、夏の衣服やスポーツウェアとも相性の良い素材でしたが、これを「ポロシャツ=鹿の子素材」と強調したのが、テニスプレーヤーのルネ・ラコステと言っていいでしょう。

シックだけど軽さも備えたブラックの鹿の子ポロシャツ

  • ポロシャツ1万4300円 (ラコステ/ラコステお客様センター TEL 0120-37-0202)
  • ジャケット2万9700円、パンツ1万4300円(2点共ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ原宿本店 TEL 03-3479-8180)
  • チーフ1万4300円(デザインワークス/デザインワークス 銀座 TEL 03-3573-6210)
  • ベルト1万3970円(シップス/シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)
  • 眼鏡3万5200円(エナロイド/ブリンク ベース TEL 03-3401-2835)

諸説ありますが前出のフランスのテニスプレイヤー、ルネ・ラコステがポロ競技用のユニフォームをテニスに応用したのが、「ポロシャツ」の起源と言われています。そしてラコステは、そのテニスシャツを鹿の子素材で仕立て、その動きやすさと着心地の良さから評判となったというわけです。

 こちらはラコステを代表するモデル「L.12.12」。スポーティーな印象が強いため、ブラックなど落ち着いた色を選ぶのが良いでしょう。

バリエーション

  • 左/6600円 (ナノ・ユニバース/ナノ・ユニバース カスタマーサービス TEL 0120-70-5088
  • 右/3万1900円(ドルモア/バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)

台襟高め

ドレスシャツのように、襟先を支える台襟が高いカタチ。スマートで知的な印象につながります。

ホリゾンタルカラーと3ボタンで、育ちの良さをアピール

  • ポロシャツ1万9800円 (ジム/ジム TEL 03-3404-3221)
  • スーツ11万5000円(タリアトーレ/伊勢丹新宿店 TEL 03-3352-1111)
  • 胸に差したサングラス4万4000円(ローワーケース/ユーソニアン グッズ ストア TEL 03-5410-1776)

いわゆるワイシャツと同じような感覚で使えるのが、襟が自立するように台襟を高めに設定したポロシャツ。

 こちらのポロシャツは細身の前立てによるホリゾンタルカラーで、ビジネスにふさわしい品格をプラスします。シーアイランドコットンによる鹿の子素材で、着心地も上々です。

バリエーション

  • 左/1万2100円(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL 03-3479-8180)
  • 右/1万7930円 (ギ ローバー/シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)

スキッパー

ボタンがなく、Vネックに襟が付いたカタチのスキッパーポロ。首元がちらっと見えて、色気や爽やかな印象を与えます。

くだけすぎに見えないように同系色の上着を合わせて統一感を

  • ポロシャツ3万8500円(グランサッソ/エスディーアイ TEL 03-6721-1070)
  • スーツ19万8000円(オーダー価格)(サルトリア イプシロン/伊勢丹新宿店 TEL 03-3352-1111)
  • 時計80万3000円(オメガ/オメガお客様センター TEL 03-5952-4400)

「スキッパー」というアイテム名は、イギリスのあるメーカーがそのカタチのシャツを「スキッパー」と名づけて販売したところ人気アイテムとなり、そのままアイテム名として定着したとも言われています。

 素材はパイル地などではなく、ハイゲージで編まれた品のあるものを選べばビジネスでも十分使用可能です。Vゾーンのバリエーションも広がるでしょう。

 今回選んだのは、イタリアの名門「グランサッソ」のポロシャツ。スーツと近しい色を選んで、なるべく上品に着こなすのが肝です。

バリエーション

  • 左/1万7600円(トゥモローランド トリコ/トゥモローランド TEL 0120-983-522)
  • 右/1万7500円(ジャン パオロ/カヴァレリア TEL 06-6258-7577)

ハイゲージ

編み目の細かいニット素材。編み目が目立たない分、ミニマルで洗練された雰囲気に。初心者にもおすすめ。

ペタッとした襟も特徴のひとつ。一番上まで留めれば、より知的に

  • ポロシャツ2万8600円 (ジョンスメドレー/リーミルズ エージェンシー TEL 03-5784-1238)
  • スーツ8万5800円(ソブリン/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL 03-3479-8180)
  • 眼鏡2万2000円(キュービッツ/ブリンク ベース TEL 03-3401-2835)

大体12ゲージ以上をハイゲージと呼ぶのですが、「ジョンスメドレー」の定番モデルは30ゲージという細かさが売り。台襟が低く、一番上までボタンを留めて着ても窮屈に見えず、かえって知的さがアップします。

 襟付き × ニット素材で、ドレスダウンが手軽に決まる一着です。

バリエーション

  • 左/1万6500円 (ジャンネット/トヨダトレーディング プレスルーム TEL 03-5350-5567)
  • 右/2万5300円 (スローン/スローン TEL 03-6421-2603)
MEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年7月号 (2021-05-25) [雑誌] | ハースト婦人画報社 | 男性のライフスタイル | Kindleストア | Amazon
Amazonでハースト婦人画報社のMEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年7月号 (2021-05-25) 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント