定期購読者様限定ページはこちら

事務所の最終兵器だった!?BLACKPINKのロゼ(Rosé)を知る17の事実

Beauty&Life
スポンサーリンク

こんにちは。  

今や世界のトップに君臨したと言っても過言ではない、ブルピンことBLACKPINK。彼女にまつわる様々な事実やトリビア、疑問を「Hearst Contents Hub」からまとめてお届け! BLINK初心者こそ知っておきたい、読めばますます彼女のことを好きになれる小ネタが満載!

生まれはニュージーランド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROSÉ(@roses_are_rosie)がシェアした投稿

1997年、ニュージーランド最大の都市オークランドで、韓国人の両親のもと生まれたロゼ。左利き、水瓶座、血液型はB型。丑年生まれなので、2021年は年女に。

ニュージーランドと韓国の二重国籍を所有しており、母国語は英語。さらに、TV番組で司会者と日本語で会話したり、ファンに日本語でメッセージを贈ったりすることも!

「ロゼ」という名前の由来

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLΛƆKPIИK(@blackpinkofficial)がシェアした投稿

バラを思わせる「ロゼ」という名前は、彼女の英語名「Roseanne Park(ロザンヌ・パク)」から由来しているとのこと。

小さい頃から、周りに「ロゼ」や「ロージー」と呼ばれていたよう。韓国名はパク・チェヨン。

オーストラリア育ち

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROSÉ(@roses_are_rosie)がシェアした投稿

8歳の時に、オークランドからオーストラリアのメルボルンに移住し、カンタベリー・ガールズ・セカンダリー・カレッジで学ぶことに。

学生時代はチアリーダーの経験もあり、またクリスチャンのため教会にも通っており、聖歌隊にも参加していたとか。

姉は弁護士!

1993年生まれの姉アリスは一般人(弁護士)ながら、Instagramのフォロワーはなんと70万人超え!

父の勧めでオーディションを受ける

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BLΛƆKPIИK(@blackpinkofficial)がシェアした投稿

人生の転機は2012年4月。毎日のように歌うロゼを見た父親に「音楽が好きなら試してごらん」と勧められ、(なおロゼは「父はうるさく歌う私を家から追い出したかった」とも語っている)、YGエンタテインメントのオーディションを受けるべくシドニーへ。

ちなみにこの時の倍率は約700倍だったそう。ロゼはジェイソン・ムラーズの曲『I Won’t Give Up』をギターで弾き語り、見事才能を見出される。

その後、「2カ月以内に韓国に来れる?」と事務所から連絡を受け、高校も中退し、家族と離れて暮らしたこともほぼなかったにもかかわらず、単身韓国で練習生生活をスタート。

練習生期間はグループ内で最短!

2012年から始めた練習生期間は約4年2カ月続いたが、これはグループ内では最短(最長はジェニーの約6年)。しかも、練習生になりたての年に、先輩BIGBANGのG-Dragonの曲『Without You』でコラボしたことも…!

さらには、“YGエンタテインメントの最終兵器”という異名までも取っていたそうで、デビュー前から異彩を放っていた様子。

2016年にデビュー!

▼続きは有料会会員のみになります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント