定期購読者様限定ページはこちら

二日酔い防止に!お酒を飲む前後や最中に取り入れたい食事法

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

二日酔いを避けるには、はじめから飲みすぎないのが大事だとわかっていても、飲み過ぎてしまうことってありますよね。そんなとき、二日酔い防止のコツを知っていれば、少しでも翌日の体調は良くなるはず…。

そこで本記事では、専門家が説明する、二日酔い防止のために取り入れたい食事法をご紹介します。

二日酔いを治す特効薬はない

栄養士のキャサリン・オサリバンさんによれば、まず大前提として二日酔い治療の特効薬はないとのこと。

「悲しい現実ですが、二日酔いを治す特効薬のようなものはありません。ただし、二日酔いを和らげたり、回復を早めたりする方法はあります。カギになるのは、水分、血糖値、腸内環境です」

ちなみに厚生労働省によると「節度ある適度な飲酒」とは1日平均純アルコールで20グラム程度の飲酒を指すよう。これは、大体「ビール中ビン1本」「日本酒1合」「チュウハイ(7%)350mL缶1本」「ウィスキーダブル1杯」などに相当し、週に2日は休肝日にすることを推奨しています。

飲む前の食事法

水分補給をする

オサリバンさんは、二日酔い防止のカギの一つが「水分補給」。

「普段から1日2リットルの水を飲むことを目指しましょう。飲みに出かける前に500mlの水を飲むことを勧めます」

また、水にレモンのスライスを加えるのもオススメとのこと。

フルーツジュースやコンブチャを飲む

オサリバンさんは、水に加えてフルーツジュースやコンブチャ(紅茶キノコ)を飲むことも推奨。

「さらにコップ1杯のフルーツジュースを飲んで、アルコールの摂取により欠乏する栄養素の1つであるビタミンCを取っておくのもいいですね。コンブチャも腸の健康にいいのでオススメです」

さらにケフィアなどのプロバイオティクスも、腸を整え、アルコールの吸収を抑えてくれると補足。

良質な脂質をたくさん取る

「脂質の多い食べ物は、お腹を長い間満たしてくれるため、アルコールの吸収を遅くしてくれます」と、オサリバンさん。具体的には、サーモン、アボカド、ナッツなどがおすすめ。

外食するなら和食がベスト

外食をする場合には、腸に優しい発酵食品などがとりやすい和食がおすすめ。

肝臓にいい食材を取り入れる

ターメリック、シナモン、ケール、ブロッコリー、ビーツ、アボカド、レモンなどは、肝臓にいいとされる食べ物であるため、飲みに行く前に取り入れて。

飲んでいる最中の食事法

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント