人の良さはこれで決まる

ライフスタイル
スポンサーリンク

こんにちは!

先日Twitterでこう言ったツイートをしました。


私は仕事柄と言いますか、いろいろな人と接する機会があるのですが。
その中で、この人めっちゃいい人やなって思う人もいれば。この人めっちゃ嫌な人やな!って思う人もいます。

本日は、僕目線ではありますが。
「この人めっちゃいい人やな」て思う人の共通点を解説していきたいと思います。

結論は3つ

僕が思うに「この人めっちゃいい人」やなって思う人の共通点は大きく分けて3つあります。

・謙虚と感謝を持っている
・常に笑顔
・他者想いである

1つづつ解説していきます。

 

まず1つ目の「謙虚と感謝を持っている」です。

例えば、例え年下の人と接する時でも初めは敬語で話す。とか
「ありがとうございます。」や「こんにちは」などちゃんとできているか?とか

本当当たり前のことなんですが。この当たり前を自然と意識せずできてる人はやっぱりいい人が多い印象です。
誰からも愛される人や頼られるような存在の人に見えます。

 

謙虚さって結構重要なんじゃないかなって思います。
自分はまだまだ未熟と思い、いろいろな人から吸収していく姿勢の現れですし。
謙虚さは、その相手を尊敬/尊重している為に現れる物かと思います。

 

感謝は、例えば帰り際に「今日はありがとうございました!」とか「ごちそうさまでした!」とかもそう。
何かして頂いてて「ありがとう」をしっかり相手に伝える事。
これは結構重要で、以心伝心ではなくしっかり言葉で感情を表現することにより。
相手に伝える事ができるし伝わる。それは、回り回って自分自身の好循環にも繋がります。

2つ目の常に笑顔

雰囲気が良い人つまりは好印象な人って、いつも口角が上がってる印象です。

思い出して欲しいですが、ディズニーランドに行った時、キャストさんっていつも笑顔で接客してくれてませんか?
例えば、この飲食店の接客めっちゃ良かったなって思うところって店員さんが笑顔で接客してくれてませんか?

 

そうなんです。
いつも笑顔な人/口角上がっている人って周りを幸せにしたり笑顔にする人が多いい印象です。
もしあなたがいつも「むすっ」てした表情でいましたら、少し口角をあげてみるのをお勧めします。

笑顔の人を見るとこっちも笑顔や幸せになる気しないですか?
笑顔は笑顔を伝染させる素晴らしい表現方法だと思いますね。

 

3つ目の他者想いである

これはいつも言っているのですが。

他者想いである事は結構重要なんじゃないかな?って思う。
やはり人って自分中心に捉えがちだが、1歩引いて相手を想いやる事ができる人はめちゃくちゃ良い人が多い。

相手の気持ちになってとか!相手のことを想ってとか!全て相手中心の行動や判断をしており。
すなわちそれは、相手を想いやる事相手を理解する事で初めて成立する事。

自分自分ではなく、「あなたが居るから私がいる」こう言った想いで。
言動/行動できる人は間違いなく良い人かと思う。

 

まとめ

どうでしたか?
これはあくまで僕が思うめっちゃ良い人の共通点です。

もしかしたら、人によっては他にもいっぱいあるかもしれません。
しかし、根っこの部分は一緒なんじゃないでしょうか?

やっぱめっちゃ良い人はめっちゃ良い事が循環します。
逆に悪循環な人はこの3つができていない人かもしれません。

まずは、口角を上げる事や感謝を伝えるなど、今からでもできる事から徐々に取り組んで言ってみて下さい。

本日はありがとうございました。

 

コメント