人気の理由は?「古着市場」がファッション産業に与える影響

Fashion Mag
スポンサーリンク

こんにちは。

セカンドハンドファッション(中古衣料)のECサイトを運営する米「スレッドアップ(Thredup)」によると、衣料品のリセール(再販)市場は今後10年、従来からある小売市場をはるかに上回る速さで成長し、2030年にはファストファッション市場の2倍の規模になると予想されるという。

ファッション産業は確実に、よりサステナブルなものになりつつあると言っていいかもしれません。

「スレッドアップ」が市場調査会社「グローバルデータ(GlobalData)」の協力を得て、アメリカで実施した調査の結果、リセール市場は従来型のファッション小売市場のおよそ11倍のスピードで成長していることが判明。

リセール市場は2030年までに、840億ドル(約9兆3100億円)規模の市場に拡大する見通し。同じ年に予想されるファストファッション市場規模は、およそ400億ドル(約4兆4300億円)とされています。

データに示されているのは、より簡単に利用することができ、リセール品の売却と購入の両面において消費者にアピールすることに成功したECサイトの増加によって、消費者個人による衣料品の売買が急増していること。

報告書によると、所有している衣料品をECサイトで売却したことがなく、「試してみたい」と考えているアメリカ国内の消費者は、約1億1800万人と推測されています。2020年に衣料品を初めてオンラインで売却した人は、約3620万人。

スレッドアップのコミュニケーション担当のバイスプレジデント(副社長)、カレン・クラーク氏は『WWD』誌に対し、「セカンドハンドファッションには、ファッション(業界)を変える力があるということです」と述べています。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご購入はこちら

コメント