定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

人気殺到の「生ジョッキ缶」 革新的な缶を開発し「飲む機会」を創出

CATERING INDUSTRY(飲食)
スポンサーリンク

2021年4月にアサヒビールが発売した「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は、全開になる缶のフタを開けると自然に泡立つ画期的な商品だ。発売からすぐに販売数量が想定を大きく上回り、販売を一時休止することとなった同商品について、中島健氏に聞いた。

ビールの楽しさを伝えたい

──開発のきっかけを教えてください

開発は4年前にスタートしました。缶のビール系飲料には発泡酒や第3のビールと呼ばれる新ジャンルもあり、競争が激しくなっています。加えてチューハイやハイボールのブームや梅酒など、瓶入りのリキュール系のお酒を割るという楽しみ方もあり、「家飲み」シーンでビール以外の選択肢が充実してきたのがちょうどその頃でした。

アサヒビールとしては、お酒を飲むシーンでビールを選んでもらうために、家飲みでの不満をアンケート調査しました。多くの人は手軽で安価に、いろいろなお酒を楽しめるのであまり不満はなかったのですが、「家でもお店のように生ビールを飲みたい」という意見がありました。その望みを実現すればビールを選ぶ理由づくりになるのではないかと考えました。

──その時点で今の缶で出すことが決まっていたのですか。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント