定期購読者様限定ページはこちら

今っぽく着こなせる、デニムを取り入れたスタイル4選

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

スラックスやトラウザーズなどのパンツは、おそらく多くの方が日々はきこなしていることでしょう。そんな中、より大人らしさやカジュアルさを取り入れたいのなら、ジーンズをスタイルの一部に加えてみてはいかがでしょうか。

ジーンズもさまざまなタイプがあるため、人によって好みのアイテムが分かれるかもしれません。今回ご紹介するのは、ブルーウォッシュやワイドシルエット、ブラックデニム、そしてホワイトデニムの4種類のジーンズを取り入れたスタイルです。ぜひ、参考にしてみてください。

こなれ感漂う淡いブルーで、洒落感2割増し!

デニムタイプ#1:ブルーウォッシュ

ローテクスニーカーと合わせて、
懐かしのアメトラを意識

定番のグレースラックスの代わりに、ブルーウォッシュのジーンズを。こちらのスタイルは、力が抜けていて今どきです。

足元はローファーではなく、キャンバスのスニーカーを履くというのがミソ。トラッドさはそのままに、よりくだけた印象になるスタイルです。

  • パンツ4万2900円(トラマロッサ/三喜商事 TEL 03-3470-8232)
  • パーカ2万7500円(レディホワイト カンパニー/ユーソニアン グッズ ストア TEL 03-5410-1776)
  • Tシャツ1万1000円(ヤア/エストネーション TEL 0120-503-971)
  • 靴6050円(ヴァンズ/VANS JAPAN TEL 03-3476-5624)
  • バッグ1万9800円(スタンダード サプライ×ビームス プラス/ビームス プラス 原宿 TEL 03-3746-5851)
  • サングラス3万9600円(ローワーケース/ブリンク ベース TEL 03-3401-2835)

ワイドだけど濃紺を選べば、大人っぽく見せられる

デニムタイプ#2:ワイドシルエット

色気のあるローファーとの
ギャップを楽しむ

紺ブレ × チノパンというマンネリ打破に有効なのが、ワイドシルエットのジーンズ。ポイントはなるべく色の濃いものを選ぶこと。ゆったりとした印象ながらも子どもっぽく見えず、旬な装いに。

足元はペタッとしたローファーで、ボリューム感の妙を楽しむのもアリ。

  • パンツ3万9600円(イートウツ)、靴3万3990円(スティーブ モノ/以上シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)
  • ジャケット11万5500円(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン TEL 0120-3274-20)
  • シャツ2万7500円(ギ ローバー/バインド ピーアール TEL 03-6416-0441)
  • Tシャツ8800円(ヤア/エストネーション TEL 0120-503-971)
  • 眼鏡6万3800円(10 アイヴァン/アイヴァンPR TEL 03-6450-5300)
  • バッグ1万3970円(ノマディス/エディフィス 新宿 TEL 03-5366-5481)
  • バングル9万2950円(パッド ぺドニー/ユーソニアン グッズ ストア TEL 03-5410-1776)

落ち着きある男性像に導く、色落ちブラック

デニムタイプ#3:ブラックデニム

武骨なブーツと合わせて、
ストイックな着こなしに

黒のジーンズは、カジュアルさとシックなイメージを併せ持ったお役立ちアイテム。カーゴパンツを合わせたちょっと子どもっぽいスタイルも、黒ジーンズを合わせればスタイリッシュなワントーンコーデに様変わり。

足元は、ブーツで引き締めるのが正攻法です。

  • パンツ2万900円(レッドカード×エディフィス/エディフィス 新宿 TEL 03-5366-5481 )
  • ブルゾン5万5000円(バラクータ×ビームス プラス/ビームス プラス 原宿 TEL 03-3746-5851)
  • Tシャツ1万3200円(バトナー フォー シップス/シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)
  • 靴3万1570円(レッド・ウィング/レッド・ウィング・ジャパン TEL 03-5791-3280)
  • 眼鏡3万5200円(エナロイド/ブリンク ベース TEL 03-3401-2835)

洗いのかかったホワイトデニムで、親しみやすい印象に

デニムタイプ#4:ホワイトデニム

同色のスポーティなスニーカーで
爽やかさを重ねる

クリース入りの白トラウザーズだと、決まっているけどなんとなく堅い苦しい印象になりがちに…。そんなときは思い切って、ホワイトデニムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

洗いをかけて風合いを出したものなら、さらにこなれ感も増して着こなしやすく、好印象濃度も上がるはず。流行りのミリタリーアウターの武骨さを、爽やかに引き算してくれるというわけです。

  • パンツ4万2900円(トラマロッサ/三喜商事 TEL 03-3470-8232)
  • ブルゾン4万2900円(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 青山メンズ店 TEL 03-6418-5712)
  • ポロシャツ2万9700円(ジョン スメドレー/シップス 銀座店 TEL 03-3564-5547)
  • 靴9900円(ナイキ スポーツウェア/NIKE カスタマーサービス TEL 0120-6453-77)

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント