動画撮影基礎〜コンセプト編〜

動画撮影
スポンサーリンク

その動画にどんな意味合いがあるのか
→どうやって深めていくか

コンセプトシート

Vlog
→どう意味合いがあるのか

どのようにメッセージを表現するか

  • 店舗でこんなブランディングをしたい
  • こんな表現をしたい
  • こんなメッセージを伝えたい

それらをどう落とし込むか

発注者と制作サイド

目線を合わせないと
→認識のズレが生まれる

企画における議論の質を高める

何を求めているのか
→制作の軸をブレさせない

軸をブレさせずに話をしていきましょう

制作物の費用対効果の最大化を図る

費用対効果を理解する
→全ての逆算して考える

議論、制作物の質を高め認識のズレを無くす

コンセプト

この動画で伝えたいことは何か
→1つの軸を中心に’したいこと’を洗い出す

ターゲット

誰に見て欲しいか?
→届けたい人によって掲載場所も変わる

どこに掲載するか?

『掲載場所の一例』

  • サイネージ
  • 店舗の電子掲示板
  • ホームページ/SNS
  • イベントで流れる映像

目的に応じて場所選定をする

視聴者にどんなアクションを起こしたいか

『パン屋さんの紹介動画の場合』

  • 動画をシェアして欲しいのか
  • 来店して欲しいのか

提案がしやすくなる

何を求めてるか企画しやすくなる

アクションを起こすための訴求点

視聴者が感じる魅力とは何か?

描写方法

  • 実写
  • アニメーション
  • モーショングラフィックス

感情トリガーマップ

動画の雰囲気
→どういう感情を表現したいのか?

動画の質を高めるために

様々なシーンでコンセプトシートを活用していこう

 

コメント