動画撮影基礎〜シャッタースピード編〜

動画撮影
スポンサーリンク

適正露出を決めるためには

  • シャッタースピード
  • ISO感度
  • F値

シャッタースピードとは?

センサーに光をあてる時間
→シャッターが開いている時間

シャッタースピードを変えると

明るさ/ブレ具合
→被写体の写りが変わる

シャッタースピードが遅い場合

光を多く取り込む際の注意点

ブレないように三脚を使う必要がある

SS 13秒

                       SS25秒

                      SS1/400

                     SS1/6400

日中の撮影では

シャッタースピードは少し早めるくらいで良い

手持ちのシャッタースピード

1/50や1/100が限界

地域によって設定値を変える

関東と関西で使い分ける

関西は電気の周波数が60Hz
関東は電気の周波数が50Hz

50Hz→100回点滅50回は誤り
60Hz→120回点滅60回は誤り

カメラに点滅が写ってしまう

電気の点滅写さないために

関東では50の倍数

関西では60の倍数

シャッタースピードを設定

シャッタースピードのまとめ

1/400秒や1/800秒は動きの速いもの

5〜15秒は夜間の撮影向け
#ブレさせないために三脚が必須

動画のシャッタースピード

1/50以下にしない

関東は50の倍数

関西は60の倍数

 

コメント