定期購読者様限定ページはこちら

原油が7年ぶりの高値! インフレ時代を生き抜く投資とは

CAREER&SKIL(キャリア・スキル)
スポンサーリンク

今回は原油をはじめとした資源高の時代を生き抜く投資法について解説します!

原油などをはじめとする資源は、日々価格が上下します。足元では原油生産国がなかなか増産に動かないことなどから、原油価格が7年ぶりの水準にまで上昇しています。すでに私たちの身の回りでも「燃料コストの上昇」として影響が出始めています。投資でできる「インフレ対策」を今回は紐解いていきます。

10月は資源価格上昇が重しに

10月29日の日経平均株価は2万8892円となり、前月末比560円安でした。
国内の新型コロナウイルス感染者の減少が、経済正常化につながるとの思惑から、株価は底堅く推移しました。

ただ、中国不動産会社の債務問題や、米国の債務上限問題などが引き続き投資家心理を冷やしたほか、資源価格の上昇が相場の重しとなりました。

原油価格の上昇は、ガソリン価格や冬場の暖房燃料価格の上昇にもつながり、個人消費が冷え込むリスクとして懸念されています。

原油価格は7年ぶりの高さ

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント