営業基礎〜営業概略編〜

営業
スポンサーリンク

営業に行く前にする事

  • 下調べ
  • 身だしなみ

下調べ

相手のホームページを見る事であったりとか。代表の経歴。取引先。
代表のSNSを拝見(趣味や興味を探る)
→会話のネタとして使え、しっかりと調べているという事へつながる。

こういうのを、プリントアウトする。
もしくは、パソコンなので保存。

 

「しっかり調べているんだな」と信頼へ繋がります。

身だしなみ

靴がすごい汚い。シャツがすごいしわくちゃな人。
→そういった人はだらしないな!って思われちゃうと思います。

例えば;靴はしっかり磨くとか。シャツは毎回アイロン/クリーニングを出す。

見た目で、第一印象を良くする。

営業中

  1. 話さないで聞く
  2. 資料を説明するときは相手を見る
  3. できないことでも持ち帰る

話さないで聞く

相手のニーズを聞き出す
→「こんなことにお困りじゃないですか?」
→ニーズからの解決策を提案できると相手もわかりやすく解決に導きやすい。

資料を説明するときは相手を見る

資料は暗記をする
→資料は端から端まで暗記する
→何かを話しながら相手の目線を見れる。
→「右上を見てください」っていってもそもそも右上を見ていなかっら、相手がこのページ興味がないんだなってわかる。
→ボールペンで刺して説明するのは、失礼に当たるので。手だったり指だったりとかでしっかりご案内しましょう。

できないことでも持ち帰る

できないことでも持ち帰る
→「こんなのできないの?」など提案をされたりする。
→わからない場合や難しい案件でも一回持ち帰る
→「わからないので一回会社に持ち帰って見ていいですか?」

営業後

  1. 約束を守る
  2. レスポンスは早く
  3. 与えることを惜しまない

約束は守る

実際に宿題だとかを持ってきたときに、必ず連絡をする
→「できるかできないかまた連絡しますね」って約束はできるかと思うのですが。
→これは必ず守った方が良いです。
→例えばできなかったとしても、「すみません、今うちで確認をしたんですができませんでした」って連絡をすること
→「しっかりと相手の会社は確認してくれたんだな」とか「車内で揉んでくれたんだな」とかってわかります。
→約束は守らないと後々の契約などもあるかと思いますので。
→しっかり約束は守る

レスポンスは早く

レスポンスはすごく重要。
LINEやGmailとかでも、みなさん色んな手段があるかと思いますが。レスポンス遅い人っているかと思うんですね。
朝送ったのに既読すらつかないとか。既読ついたけどそもそも返信してこないとか。結構います。
僕はそういったのは結構勿体無いと思います。

ビジネスチャンスってあるかと思います。
例えば、「この後に競合会社と話すんだけど先にこっちに契約をしようかな?と思っている」っていうLINEを送ったのにも関わらず、それを見なかった事によって次の会社に契約されちゃったって結構あったりすると思うので。

なるべく、レスポンスを早くした方が良いです。

必ず溜まっているものには、返信してから次のアポへ行く。

与えることを惜しまない

例えば、これはうちではできませんってなったときに。
ただこういう会社があるのでこの会社オススメですよ」って与えるんですね。
→そうする事によって自分は人脈が広いって思われるんです。
→そうすると何かあったときに頼られるようになります。
→信用/信頼に繋がる

その他

  • 行事ごとには連絡を
  • 自信を持つ
  • 夢を持つ

行事ごとには連絡を

誕生日/お正月
→必ず連絡をした方が良いです。
→LINEと買って交換するとタイムラインにこの人今日誕生日ですってたまに上がってくると思うんですね。
→そういったのは、しっかりチェックして連絡をする。

自信を持つ

営業をしていると何をいっているのかわからないとか。
そもそも自分に自信がなくてこの商品もあんまりちゃんと説明ができないっていうのは売れないと思うんですね。

何か質問されたときに答える自信/パンフレットに乗っていることしか説明できない。
必ず自分に自信を持つ。必ず商品を理解してから提案をいく

夢を持つ

営業をしていると、「将来何をやりたいの?」とかって結構聞かれる。
それにしっかり応えられるようにする。

その夢の中で会話が弾み、紹介をいただいたり。
次のステップに行ったりと前進するケースがある。

 

コメント