定期購読者様限定ページはこちら

大人が手に入れるべき「夏キャンプギア」7選

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

キャンプ、海にプール、公園…と夏にお馴染みのスポット。もっと遊び尽くすためには何が足りない? 最新ギアからいつもの遊びをもっと楽しくするグッズを徹底的にリサーチ!

Bitly

より

夏のキャンプ、もっと気持ちよく過ごすために!

⑴⑵KAMAKURA TENMAKUのテントとシェルター

思いきってテントを最新に!

2人用の2ポールシェルターはそのダイナミックな見た目からは想像できないほど設置が簡単。ポールを追加すれば片側が大きく開き、タープを広げたようなオープンなキャンプが楽しめる。難燃性のTC 素材なのでタープの下で焚き火をできるのもうれしい。

  • テント¥58,080・シェルター¥21,780/鎌倉天幕(ニューテックジャパン)

⑶ogawaの「3ハイ&ローテーブル タフメッシュ」

直置きもOK

インダストリアルなデザインが魅力のテーブル。スチール製のメッシュ天板だからタフに使えて熱い鍋やコンロをそのままのせることも可。高さは3段階調節式でメインテーブルや焚き火時のサイドテーブルとしても活躍する。

  • ¥13,200/オガワ(キャンパルジャパン)

⑷ROVR PRODUCTSのクーラーボックス「ローラー45」

まさかのタイヤ付き!

持ち運びに苦労しがちなクーラーボックスだが、これはオフロード用のタイヤ付きだから荒れた道でも楽々移動できる。ワインボトルが縦に入れられる絶妙なサイズで、氷は最大10日間溶けないという保冷力も魅力。

  • ¥64,900/ローバープロダクト(津田商会)

  • エプロンベスト¥14,850・シャツ¥17,380・ロンT¥8,800・カーゴパンツ¥20,900・キャップ¥5,390/キャル オー ライン(ユナイト ナイン)
  • ブーツ¥49,500/メレル(丸紅フットウェア)

⑸ Hydro Flaskのクーラーカップ

ずっと冷たいビールを飲みたいし

飲み物の冷たさを少しでも長持ちさせたいならコレ。二重壁真空断熱技術を採用し保冷・保温機能が抜群。缶や瓶をそのまま入れてドリンクホルダーにできるのはもちろん、直接ドリンクを注いでカップとして使うことも可能。

  • ¥3,520/ハイドロフラスク(アルコインターナショナル)

⑹SEA TO SUMMITのジャングルハンモック

のんびり揺られるだけでいい

チェアでのんびりするのもいいけど、ハンモックもぜひ体験してみてほしい。風に揺られながら宙に浮いている気分はほかのものでは味わえない快適さだ。しかもこれはネット付き。虫が入ってこないから、思う存分寛げるってわけ。

  • ¥19,470/シートゥサミット(ロストアロー)

⑺BioLiteの「キャンプストーブ 2PLUS」

焚き火で発電って、マジ!?

内蔵のファンを回すことで燃焼効率を上げ、その焚き火の熱を電気に変換してくれるキャンプストーブ。蓄電した電気はUSBケーブルによってスマホの充電などに使えるので、電源のないキャンプサイトでも安心だ。

  • ¥19,800/バイオライト(モンベル・カスマター・サービス)
Bitly

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント