定期購読者様限定ページはこちら

大人ならではの、コンサバファッション【見本コーデまとめ】

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

大人の女性ならではのきちんと感を醸したいから、コンサバファッションを選ぶ。けれど、老けて見えないか心配。コンサバファッションに対してそんなジレンマを抱えている40代、50代の方に向けて、大人が輝くコーディネート術をご紹介します。

  1. コンサバファッションが「老けて見えない」4つのポイント
    1. ポイント1『どこかに抜け感を作る』
    2. ポイント2『定番アイテムも“旬の形”に置き換えて古臭さをなくす』
    3. ポイント3『思い切って明るい色を選んでみる』
    4. ポイント4『モードアイテムをミックス』
  2. 「パンツ」コーデ見本
    1. デニム素材で適度な抜け感を
    2. 足元を外してリラックスムードを添える
    3. レザーパンツで無難を脱却
    4. プラスアルファのアイテムで垢抜ける
  3. 「スカート」コーデ見本
    1. ナイロン素材でモードをひとさじ
    2. フラットサンダルなら決めすぎにならない
    3. カットソーを選んで抜け感作りを
    4. モダンアイテム一点投入で見違える
    5. シャツのサイジングにこだわって
  4. 「ワンピース」コーデ見本
    1. ニュアンスのある明るいカラーでぱっと華やぐ
    2. レイヤード術でモードを加味
    3. シルエットにゆとりを持たせ抜け感を
    4. フラットサンダルにするだけで親近感が醸し出る
  5. 「コート」コーデ見本
    1. レオパードブーツでスパイスをトッピング
    2. 身軽に整えればこなれ顔
    3. カジュアルアイテムを覗かせ気負いなく
    4. フレッシュな色を頼りに顔映えよく
    5. モードアイテム一点投入で鮮度良く
  6. 「靴」コーデ見本
    1. 「スニーカー」でカジュアルダウン
    2. 「パンプス」はカラーを取り入れ新鮮に
    3. 「ブーツ」でかっこよさを倍増させて
    4. 「ローファー」には適度な抜け感を添えて
    5. 「サンダル」で肩肘張らない着こなしへ

コンサバファッションが「老けて見えない」4つのポイント

コンサバファッションを垢抜けさせ、大人ならではの魅力を感じさせる装いに仕上げるには、下記の4つのポイントを押さえておくと便利です。

ポイント1『どこかに抜け感を作る』

例えばカットソーやスニーカーを合わせる、デニム素材を迎える、適度な肌見せをする、ヘアメイクはナチュラルに… このように、どこかに「抜け感」を作ってあえて隙を見せることで、コンサバファッションに程よい親しみやすさが生まれ、こなれて見えます。

ポイント2『定番アイテムも“旬の形”に置き換えて古臭さをなくす』

ジャケットやシャツといった、汎用性が高くタイムレスに活躍する定番のコンサバアイテムたち。定番といえど「旬の形」かどうかを意識するだけでガラリと印象が変わってきます。例えばジャケットなら、つかず離れずな程よく身体が泳ぐシルエットに更新するだけで今っぽく垢抜けます。

ポイント3『思い切って明るい色を選んでみる』

上品に見せたい、落ち着いた印象に導きたい… そんな時に手っ取り早いのが、モノトーンやダークカラーといった色たち。けれど、もしかしたら印象が沈んで見えてしまう場合もあります。思い切って明るい色を取り入れ、フレッシュさを醸してみるとぱっと華やかにまとまります。

ポイント4『モードアイテムをミックス』

コンサバアイテムに少しだけモードな気分を加えると、上級者な雰囲気をまとうことができ、絵になるスタイルが叶います。例えばレザー素材を取り入れてみたり、ヒトクセ小物を加えたり… 少しの冒険心が、意志ある佇まいを完成させます。

「パンツ」コーデ見本

ここからは、上記でご紹介したポイントを踏まえた、アイテム別コーディネートをお届けします。大人が試したい、コンサバな「パンツ」スタイル見本をピックアップ。

デニム素材で適度な抜け感を

ボウタイブラウスにジャケット、パンツ、ヒールサンダルという王道コンサバスタイルは、パンツの素材をデニムにすることで抜け感と親近感を演出。さらにジャケットとブラウスいずれも明るい色を選べば、顔映えがよくなり生き生きと見えます。

足元を外してリラックスムードを添える

爽やかなストライプシャツと黒のスラックスを合わせた凛とした着こなしは、シャツの裾をアウトにしつつコンフォートサンダルで外すことで気負いないムードをトッピング。適度に力の抜けた様がこなれ見えに直結。

レザーパンツで無難を脱却

全身きれいめアイテムで構成したコンサバスタイルは、パンツをレザー素材に置き換えほんのりモードさを醸すと洒落た印象がぐんとアップします。白と黒をバランスよく配置し、小気味よいリズム感を。

プラスアルファのアイテムで垢抜ける

ギンガムチェックブラウスに黒ジャケットを重ねたきちんとスタイルに、白パンツを合わせ清々しく。キャメルのレザー小物できれいめな印象を上乗せしたら、キャップと肩掛けニットをプラス。カジュアルミックスにすることでお堅くならず、お洒落への探究心を満たせます。

「スカート」コーデ見本

次に「スカート」を使ったコンサバファッションをご紹介します。垢抜けを叶えた、大人に似合うスタイリング方法をチェック。

ナイロン素材でモードをひとさじ

一目できれいめと分かるシャツとフレアスカート、そしてヒールパンプスのコンサバファッションは、スカートの素材をナイロン素材にしてアクティブさを足すとモードな雰囲気が醸せます。ブルーとネイビーのように、同系色でまとめ一体感を意識。

フラットサンダルなら決めすぎにならない

レース刺繍が華やかな白ブラウスに、エクリュのタイトスカートを合わせニュアンスカラーコーディネートをメイク。優雅な着こなしは、フラットサンダルでほんのりリラックスさせればトゥーマッチになりません。細ベルトやバッグのダークブラウンが、引き締めを叶えます。

カットソーを選んで抜け感作りを

きちんとした佇まいのベージュプリーツスカートに、黒のロングブーツを忍ばせ今どきなバランスへ。モカブラウンのトップスで色のまとまりの良さを意識しつつ、カットソーを選ぶことで抜け感を添えています。

モダンアイテム一点投入で見違える

白シャツと黒プリーツスカートという端正なクラシカルコーディネート。これだけではやや無難にまとまってしまうところ、足元にゴールドチャンキーチェーンのモチーフがあしらわれたシューズを迎えることでモダンに着地します。

シャツのサイジングにこだわって

シャツにロングタイトスカート、そしてローファーを使ったコンサバルックは、適度に身体が泳ぐシルエットのシャツを選んだことで肩肘張らないお洒落が叶います。ミッドナイトブルー、黒、そしてツヤ素材がマチュアな魅力を引き立てて。

「ワンピース」コーデ見本

「ワンピース」を使ったコンサバファッションを、大人に似合うバランスへと導くなら? 色使いや合わせるアイテムにこだわり、着映えを叶えた実例をご紹介します。

ニュアンスのある明るいカラーでぱっと華やぐ

一枚でコーディネートが完結するワンピースだからこそ、時にはこんな華やかカラーを選んで着映えを叶えたいです。明るいだけでなく、程よくくすんだトーンが大人に寄り添ってくれるので、品の良さもしっかりキープできます。

レイヤード術でモードを加味

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント