定期購読者様限定ページはこちら

大人のための、ワントーンコーデ【色別見本27選】

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

コーディネートのカラートーンを統一する「ワントーンコーデ」をマスターすれば、こなれた印象を手に入れることができます。本記事では、グリーンやネイビー、水色、黒など、8つの色に分けた、参考にしやすいワントーンコーディネートをお届けします。

  1. 「ワントーンコーデ」とは?
  2. 「グリーン」を使ったワントーンコーデ
    1. 黒コーデに鮮やかグリーンがよく映えて
    2. 曖昧カラーでまとめてニュアンスたっぷりに
    3. グリーン×ブルーでまとまりよく
    4. パステルグリーンで爽やかにきめて
  3. 「ネイビー」を使ったワントーンコーデ
    1. ジーンズ合わせで程よくリラックス
    2. ビッグショルダーバッグでインパクトを添える
    3. たっぷりチュールスカートで華やかに
  4. 「水色」を使ったワントーンコーデ
    1. パステルトーンの水色で好印象に
    2. 鮮やかな水色と切れの良い白をぶつけて
    3. グレイッシュトーンでスタイリッシュに
    4. 程よく彩度を落とせば大人らしくきまる
  5. 「ピンク」を使ったワントーンコーデ
    1. ペールトーンで柔らかな表情へ
    2. ピンクとグレーでスタイリッシュにきめて
    3. 鮮やかピンクと黒でモードに誘導
  6. 「ベージュ」を使ったワントーンコーデ
    1. ニアーカラーでまとめてふんわりと
    2. カジュアルとクラシカルを融合させて
    3. 明度の高い曖昧カラーでオーラを放つ
  7. 「黒」を使ったワントーンコーデ
    1. 異素材ミックスでのっぺりさせない
    2. 白と柄パンプスで単調さを回避
    3. 鮮やかオレンジを差し色として投入
  8. 「白」を使ったワントーンコーデ
    1. レイヤード術で奥行きアップ
    2. 素肌をバランスよく見せつつ差し色ルージュを効かせて
    3. 切れの良い白と鮮やかイエローを組み合わせる
  9. 「グレー」を使ったワントーンコーデ
    1. 「差しグレー」でホワイトコーデを都会派に
    2. グレーを基調とすれば甘くなりすぎない
    3. 洗練配色はゆとりシルエットで今っぽく
    4. 柄を活用することでメリハリ付け

「ワントーンコーデ」とは?

コーディネートをベージュ系やブルー系のように、一色でまとめるワンカラーコーデと混同される場合が多いワントーンコーデ。

実際には、色は一色に限らず、色のトーンを統一した着こなしのことを指します。鮮やかなヴィヴィッドトーンや、原色に乳白色を混ぜたパステルトーン、パステルトーンの彩度を落としたペールトーンなど、同じ色調でまとめるとワンカラーコーデに仕上がります。

「グリーン」を使ったワントーンコーデ

まず最初に「グリーン」を使ったワントーンコーデをご紹介します。トレンドライクな鮮やかグリーン、爽やかなパステルグリーン、大人らしいくすみグリーンそれぞれピックアップ。

黒コーデに鮮やかグリーンがよく映えて

きりっとした黒の装いに、鮮やかグリーン小物を投入したヴィヴィッドトーンコーディネート。黒がみるみる生き生きと、トレンドライクに仕上がります。

曖昧カラーでまとめてニュアンスたっぷりに

くすみグリーンのパンツにライトグレーのジャケット、ベージュのインナーを合わせペールトーンの着こなしへ。グレーに馴染むシルバーの小物を投入すれば、切れよく整って曖昧カラーがぼんやりして見える心配がありません。

グリーン×ブルーでまとまりよく

鮮やかなグリーンとブルーを掛け合わせたモダンルック。強い色同士ですが、グリーンとブルーは類似色になるのでまとまりよく仕上がります。足元にはサンダルを合わせ、素肌を覗かせると抜け感に繋がりgoodバランス。

パステルグリーンで爽やかにきめて

爽やかかつ華やかなパステルグリーンのカシュクールワンピースなら、それだけで着映え効果抜群。手元には、ワンピースのトーンと合わせたライトキャメルのバッグを添え、一体感を。

「ネイビー」を使ったワントーンコーデ

次に品良くきまる「ネイビー」のワントーンコーデをご紹介します。おのずとダークカラーでまとまるので、落ち着いた印象に導きたい時にぴったり。

ジーンズ合わせで程よくリラックス

ネイビーのカットソーにジャケット、インディゴブルーパンツ、パンプスを合わせたきれいめワントーンコーディネート。パンツはデニム素材を選ぶことで適度なカジュアルダウンが叶い、お堅くならないこなれたバランスに着地します。

ビッグショルダーバッグでインパクトを添える

ネイビーのスーツに、トーンを合わせたダークブラウンのショルダーバッグを合わせノーブルに。バッグがインパクトのあるビッグサイズなので、モードな印象を醸すことができます。

たっぷりチュールスカートで華やかに

ネイビーのワントーンコーデは上品で落ち着いた印象なので、こんなたっぷりのチュールスカートを合わせることで華やぎを両立。ジャケットの袖をブラウジングし、素肌を見せるとメリハリが叶います。

「水色」を使ったワントーンコーデ

爽やかな「水色」を使ったワントーンコーデは、トーンを変えると違った表情を楽しむことができます。柔らかな表情のパステルトーン、モードなヴィヴィッドトーン… お気に入りの水色ワントーンコーデを見つけてみてくださいね。

パステルトーンの水色で好印象に

柔らかく、優しい表情の水色セットアップに、トーンを合わせたベージュジャケットと小物を合わせ好印象スタイルへ。インナーにぱきっとした白を合わせると間延びを回避することができます。

鮮やかな水色と切れの良い白をぶつけて

目が覚めるような鮮やかな水色スカートに、切れの良い真っ白なシャツを合わせたヴィヴィッドトーンスタイル。ふわりとした袖のシャツとタイトスカートでメリハリシルエットを作ると好バランス。

グレイッシュトーンでスタイリッシュに

グレイッシュな水色のリブニットワンピースにチェスターコートを重ね、奥行きを演出。そこにトーンを統一したグレーのバッグ、オフホワイトのブーツを合わせればニュアンス漂うスタイリッシュな着こなしが完成します。

程よく彩度を落とせば大人らしくきまる

水色と緑のカラー×カラーコーディネートも、彩度を落としたことで大人らしくきめることができます。スウェットにスニーカーというカジュアルな装いに、きれいめなコートとビッグハンドバッグを合わせたテイストミックスがこなれ見えに貢献。

「ピンク」を使ったワントーンコーデ

「ピンク」は、ワントーンにしつつ合わせる色にこだわることでがらりと印象を変えることができます。フェミニンからモードまで、テイスト別の着こなしをピックアップ。

ペールトーンで柔らかな表情へ

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント