定期購読者様限定ページはこちら

大人のためのデニムジャケット、すぐ真似できる着こなし【コーデ27選】

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

肌寒いときに役立ったり、カジュアルにまとめたいときに役立つ「デニムジャケット」という存在。本記事では、大人に似合うコーディネートの作り方を、パンツやスカート、ワンピース、靴といった合わせるアイテム別にご紹介します。

  1. 「大人に似合う」デニムジャケットコーデのポイント
  2. 「パンツ」コーデはディテールにこだわり大人らしく
    1. ミニマルな白黒アイテムと合わせて
    2. 落ち着いたブラウンで品の良さを添えて
    3. カジュアルときれいめをちょうどよく融合
    4. ダークカラーを基調として
    5. 脚をすっきりと見せてヘルシーに
    6. チェック柄パンツ合わせで楽々着映える
    7. ダークカラーを少量散らしてメリハリ付け
    8. インディゴデニムの上下できりっと
    9. レイヤード術で上級者な出で立ちへ
  3. 「スカート」コーデを適度にカジュアルダウン
    1. 糖度高めなスカートに気兼ねなくチャレンジ
    2. 形はきれいめ、素材で程よくカジュアルに
    3. ブルーで統一してクリーンに魅せて
    4. ブラックコーディネートに親近感を
    5. 黒を活用して爽やか配色を引き締め
    6. レザー素材でぴりっと辛口に
    7. 白のボトムスで軽快さを引き立てて
    8. 色の差異をつけて楽しむデニムコーデ
  4. 「ワンピース」と合わせこなれたバランスへ
    1. カジュアルなのにしっかり大人顔
    2. ミニワンピースにデニムジャケットが効く
    3. カジュアルアイテムを一点投入
    4. 目を引くワンピースをデイリー仕様に
    5. 淡いトーンもカジュアルミックスで気負いなく
  5. 「靴」を変えて印象チェンジ
    1. 「スニーカー」で親しみやすさを上乗せ
    2. 「パンプス」できれいめムードをアップ
    3. 「ヒールサンダル」でレディと抜け感を両立
    4. 「フラットサンダル」でリラックス
    5. 「ブーツ」できりっとかっこよく

「大人に似合う」デニムジャケットコーデのポイント

ともすればアクティブになりすぎたり、カジュアルな印象が強くなりすぎるデニムジャケット。大人に似合う装いに仕上げるなら、下記の手軽な2点を押さえればOKです。

【1】きれいめ小物と組み合わせる

【2】ベーシックカラーアイテムと合わせ落ち着いた印象に

では、パンツやスカートなど、合わせるアイテム別にデニムジャケットコーディネートをお届けします。

「パンツ」コーデはディテールにこだわり大人らしく


まず最初に「パンツ」にデニムジャケットを合わせたコーディネートをお届けします。色合わせやアイテム選びで、大人らしい印象を叶えた実例をピックアップ。

ミニマルな白黒アイテムと合わせて

白カットソーと黒スラックスというミニマルシックなワンツーとデニムジャケットを合わせ、大人カジュアルをメイク。スニーカーは、ぽてっとした形で適度な重厚感を足しつつ、カラーを選ぶことでシンプルな装いにほんのりモードな表情を加えることができます。

落ち着いたブラウンで品の良さを添えて

黄みブラウンのパンツに、ブラウンベージュのレザートートバッグを組み合わせ、カジュアルなデニムジャケットに品の良さをミックス。デニムジャケットはジャストサイズを選ぶことで、きれいめな印象を確保することができます。

カジュアルときれいめをちょうどよく融合

白シャツと黒プリーツパンツというきれいめな上下は、いずれもオーバーサイズを選ぶことでお堅くなるのを回避。そのゆるっとしたシルエットだからこそ、カジュアルなデニムジャケットとスニーカーがよくマッチします。

ダークカラーを基調として

黒で統一したトップスとパンツ、インディゴのデニムジャケットのように、ダークカラーをメインにすれば大人らしさも両立できます。ラウンド型がモダンなバッグを投入すれば、物足りなさを感じる心配もありません。仕上げに、白スニーカーと白フレームのアイグラスで軽やかさもクリアすればパーフェクト。

脚をすっきりと見せてヘルシーに

腰丈のデニムジャケットに、ショートパンツを合わせれば視線が上に上がりスタイルアップ効果抜群です。ブルーやライムグリーン、イエローといった爽やかな配色にこだわり、好印象に導いて。

チェック柄パンツ合わせで楽々着映える

カラーが切り替えになったデニムジャケットに赤地のチェック柄パンツを合わせれば、それだけで着映え効果ばっちり。他のアイテムは黒タートルニットやショルダーバッグなど、シンプルに徹して。

ダークカラーを少量散らしてメリハリ付け

ライトブルーで統一したジャケットとパンツは、デニムONデニムで目を引く装いへ。パンツの裾をロールアップしつつ白パンプスを合わせれば、すっきり清々しいきちんとした印象に。黒のインナーとボルドーのバッグできりっと引き締めれば、色のバランスが良好です。

インディゴデニムの上下できりっと

デニムONデニムも、上品なネイビーのようなインディゴブルーならきりっとした表情に整います。白を上下に配置して、爽やかに見せて。

レイヤード術で上級者な出で立ちへ

こちらのデニムONデニムコーディネートは、ジャケットとパンツの色味をわずかに変え、流れるようなカラーグラデーションへ。そこにさらにレオパード柄ロングコートを重ねれば、上級者な見た目に着地します。

「スカート」コーデを適度にカジュアルダウン

「スカート」コーディネートの甘さを抑えめにするのなら、デニムジャケットを投入するのが有効です。フェミニンとカジュアルのバランスがちょうどよく取れた、垢抜け必至なコーディネート例をチェック。

糖度高めなスカートに気兼ねなくチャレンジ

チュール素材にフラワー刺繍、そして白というカラーがフェミニンなスカートは、親近感のあるデニムジャケットを合わせればトゥーマッチになりません。白とブルーの爽やかな配色に、サニーイエローのパンプスを添えフレッシュに。

形はきれいめ、素材で程よくカジュアルに

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント