定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

大人の夏スタイルSNAP:シャツ編

アパレルマグ
スポンサーリンク

カジュアルタイドアァプやタックイン、そしてカジュアルなど世の中には多くのシャツスタイルが存在します。そんな中、シャツスタイル巧者たちが語る共通キーワードは程よいゆとりがもたらすリラックス感。

今回は、着こなしの自由度が広がっているシャツスタイルに注目してみました。お好みのスタイルをぜひ探してみてください。

MEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年8・9月合併号 (2021-06-24) [雑誌]
Amazonでハースト婦人画報社のMEN’S CLUB (メンズクラブ) 2021年8・9月合併号 (2021-06-24) 。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

より

坂田真彦さん

アーカイブ&スタイル 代表
51歳

「リネンシャツは、清潔感を演出するのにぴったりなアイテムです。でも、ワザとらしい爽やかさは個人的に避けたいですね」と、坂田さんは話します。

こちらでは白や青ではなく落ち着いたブラウンを選んで、“爽やかすぎない”雰囲気にまとめています。ボトムスもペインターパンツを合わせ、白パンでもキザに見えないように意識しているとのこと。

「季節の素材を楽しみつつ、ワザとらしくならない自然さを心がけるのが私なりのこだわりです」と、坂田さんは続けて語ってくれました。

シャツ:ソフネット
パンツ:
ディッキーズ(古着)
靴:
パラブーツ
時計:
ロレックス

江原登紀夫さん

Jプレス&サンズ マネージャー
46歳

やや大きめのストライプシャツは、「Jプレス」の代名詞で知られるアービングボタンダウンシャツ。

ネクタイは、「クレスト バイ ディガウェル」のもので、シャツの中にネクタイを収納するのはきっちり感を軽減させ、軽快さを演出するちょっとしたテクニックです。

バギーフィットのイージーパンツに、レザーサンダルを合わせたリラックスさも良いですね。

シャツ:Jプレス オリジナルス
パンツ:
Jプレス オリジナルス×インプレストア
靴:
ユッタニューマン
バッグ:
Jプレス オリジナルス×コットンパン

黒野智也さん

Jプレス&サンズ バイヤー
36歳

ゆとりのあるシルエットが特徴の、ウエポン素材を使用したトラウザーズにビッグサイズのシャツをタックイン。

ボタンダウンのボタンを外し、オールドエルメスのプリントタイがコーディネートのアクセントとなっています。

シューズは夏らしくサンダルですが、レザー製でグルカ調のサンダルで大人っぽく仕上がっています。

シャツ:アンフィル
パンツ:
Jプレス オリジナルス
靴:
オルフィック
ネクタイ:
エルメス

新井慶太さん

バーニーズ ニューヨーク PRリーダー
36歳

「バーニーズ ニューヨーク」らしい気品あふれる大人のスタイルを見せてくれた、PRの新井さん。大人の夏のスタイルをイメージし、ジャケット、シャツ、タイすべてリネンでそろえ、コーディネートにリラックス感を表現しています。

また、トレンドであるダスティカラーを取り入れ、ブルーグレーのアイテムとともに落ち着いた雰囲気に。

ジャケット:ベルベスト
シャツ:
バーニーズ ニューヨーク
パンツ:
インコテックス
靴:
クロケット&ジョーンズ
ネクタイ:
マニファットゥーレ クラバッテ

大島拓身さん

ビームス VMD
41歳

コットン100%ながら、リネンのように風合い豊かな古着のオープンカラーシャツをクラシカルなウールパンツで上品に着こなしている大島さん。

「クラークス」のナタリーは、スタイリングと適度にコントラストがつく表革を選んでいるのもこだわり。トップから足元に向かって濃色になる絶妙なカラーバランスも、ぜひ参考にしたいところ。

シャツ:古着
パンツ:
ベルナール ザンス
靴:
クラークス
ジャケット:
リーバイス

小沢裕介さん

ビームスF スタッフ
40歳

プレッピースタイルの象徴的アイテムのひとつである、マドラスチェックシャツをチョイス。存在感のある柄ながら、ボルドーベースなので大人でも取り入れやすく、ややクセのある太めのパンツとの合わせも品よく仕上がっています。

足元はシャツと同系色のビットローファーで上品さを保ちつつ、手元はGショックでハズしているのも技アリです。

シャツ:ビームスF
パンツ:
ベルナール ザンス
靴:
グッチ
時計:
カシオ「Gショック」

佐久間直樹さん

ビームス プラス 原宿 スタッフ
31歳

シャンブレーシャツにバティック柄のパンツを組み合わせ、リゾートを意識したスタイリングに。どことなく上品さを感じるのは、シャツをタックインしているからです。

インナーの白Tシャツはヌケ感を演出するだけでなく、バティック柄のインパクトを中和する働きも。足元はコードバンのトングサンダルという、大人っぽいセレクトも良い感じです。

シャツ:ポストオーバーオールズ
パンツ:
ビームス プラス
靴:
モト
アイウエア:
モスコット×ビームス プラス

篠塚 剛さん

麻布テーラー プレス
34歳

テラコッタカラーのリネンシャツとプリーツ入りスラックスは、共にオーダーメイドなだけにサイズ感は完璧。同じタックインでも、シャツがプルオーバーでパンツもベルトレスならリラックス感も倍増。白×紺のストライプ柄も清涼感を後押ししています。

また、Vゾーンからのぞくインナーの白Tがクリーンなアクセントとしても有効です。

シャツ:アール&ブルース
パンツ:
麻布テーラー
靴:
クロケット&ジョーンズ

早川 海さん

ユーソニアングッズストア プレス
27歳

リネンのオープンカラーシャツを、1950年代製のヴィンテージスラックスにタックインしたスタイリング。少したるませた腰周りが、レトロモダンな雰囲気をつくっています。

あまりに夏を意識しすぎて、軽くなりすぎないようシューズやベルトなどブラックの革小物でアクセントをつけたとのこと。

袖まくりもこなれ感を演出しています。

シャツ:インディビジュアライズドシャツ
パンツ:
古着
靴:
モヒンダーズ
ベルト:
マキシマムヘンリー

今村嵩嶺さん

アーチ トーキョー スタッフ
27歳

「フランクリーダー」のマルチストライプシャツに、ヴィンテージのモールスキンパンツをコーディネート。ワークな薫りを漂わせつつ、ブルー系で夏らしい爽やかさを。

「メルツ・ベー・シュヴァーネン」の白Tシャツのチラ見せも、功を奏しています。

深澤礼人さん

麻布テーラー池袋店 店長
28歳

オーダーメイドのシャツは、コットンリネンで開放感のあるバンドカラー。適度にゆるさのあるタックインが、リラックス感を演出。

水色と白をベースにした清涼感のあるシャツの色みと、抜染(ばっせん)により実現したデニムパンツの風合いが、絶妙なヌケ感を加えています。

小林順平さん

ビームス プレス
38歳

バンドカラーシャツに白Tシャツをレイヤードして、爽やかさを倍増。

大人っぽく旬も押さえた小物使いが、シンプルコーデに際立ちます。

金村浩史さん

ストラスブルゴ 銀座店メンズストア 店長
40歳

ジャーニーマンのスキッパーポロに、袖をロールアップしたバルバの白シャツを羽織り、夏らしい開放感を。

一方、パンツにはストライプを合わせ、地味見えを回避。グルカサンダルのリゾート感もシャープにまとまります。

河野建徳さん

シップス プレス
30歳

デザインが異なるリネンシャツを重ねたアイデアが実に斬新。

透け感のある独特な風合いが、ユニークなニュアンスを生み出しています。

根岸慶輔さん

999.9スタッフ
34歳

エアリーな風合いが魅力のフランネルの白シャツと、質実剛健なヴィンテージのM-47を合わせたメリハリの利いたコーディネート。

赤のクロッシュチャームやセルとチタンのコンビフレームの眼鏡など、小物使いも上手です。

山内良太さん

ナノ・ユニバース プレス
28歳

カジュアルさと上品さが同居するシャツとパンツのセットアップを選択。

インナーのTシャツを同系色にして、品よくまとめています。

小林周平さん

ナナミカ東京 スタッフ
28歳

半袖シャツを軸にしたラフな合わせを、タッセルシューズで大人っぽく。

シャツとパンツをゆったりシルエットにしたのが、こなれています。

中川貴弘さん

ドレイクス 銀座店 店長
34歳

ショーツスタイルは子どもっぽく見せないのが課題。

「ドレイクス」のシャツに、ミリタリージャケットで大人の雰囲気に。小物はネイビーで統一。

木村顕治さん

麻布ザ・カスタムシャツ マネージャー
38歳

ネイビーのポロシャツに金ボタンのブレザーの合わせは、王道のトラッド。

そこにフレアデニムを合わせて、イマドキな雰囲気に。

柳 雅幸さん

メイデンカンパニー PR
36歳

ブルーのシャツは、はけ目生地でインディビジュアライズド シャツにオーダー。

ゆったりシルエットとブルートーンが好印象です。

井上雅士さん

ヴァルカナイズ ・ロンドン マーケティング
33歳

 タックインで主役となるシャツは、羽織りものとしても有効に使えるのです。ロンドンを代表するドレスシャツメーカー、「ターンブル&アッサー」のウエスタンシャツはそのデザインが新鮮。

足元のホワイトスニーカーがコーディネートに、絶妙なヌケ感をつくっています。

中西俊英さん

ヴァルカナイズ ・ロンドン ヴィジュアル・ディレクター
40歳

大きめチェックにラウンドカラーなど、ジャケパンスタイルはインナーのシャツで遊ぶ好例。ビジネスからレストランまで対応できます。

林 哲也さん

より

まとめ

どうですか?
参考にして頂ければと思います。

 

定期購読(サブスクリプション)で有料コンテンツや特別なイベントなどにもご招待。
併せてご参照いただければと思います。

定期購読(サブスクリプション)のご案内
今なら2週間の無料トライアル実施中 入会手続きはこちら 【入会のメリット】 メリット1全ての特集が読み放題 毎日7記事以上アップされる記事を購読者限定で読み放題テキスト以外にも音声や動画等もございます。 メリット2音声/動...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

 

コメント