定期購読者様限定ページはこちら

太って見えない「春のスキニーデニムコーデ」6選【アラサー女子】

アパレルマグ
スポンサーリンク

こんにちは。

1年を通して活躍してくれる万能アイテム『スキニーデニム』を使った着こなし。「お尻まわりが気になってチャレンジできない」「身体のラインを上手にカバーしたい」とお悩みの方も多いのでは?そこで今回は、スタイルアップも叶う、春のスキニーデニムコーデ6選をご紹介していきます。

大人女子向けスキニーデニムコーデ6選

【キレイめカジュアルスタイル】身体のラインが際立つデニムで女っぽく

シンプルなスキニーデニムは、テラコッタ色のノースリーブニットでフェミニンな雰囲気をプラスして。首元に巻いたボリューミーなキレイ色ストールで目線を上に!身体のラインが際立つスキニーデニムも、気負わず着こなせます。

  • ストール[95×220㎝]¥27,000(アソースメレ/アイネックス)
  • ニット¥6,000(ハッシュニュアンス)
  • パンツ¥19,000(レッドカード/ゲストリスト)
  • バッグ¥25,000(ケッシュル エッセンシャル)
  • シューズ¥27,000(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)
  • イヤリング¥5,891(アビステ)時計¥23,000(ダニエル ウェリントン/ダニエル ウェリントン カスタマーセンター)

【ロング丈トップスでお尻をカバー】長め丈のシャツで体型カバーもバッチリ

定番のスキニーデニムを使った大人カジュアルスタイル。長め丈のシャツをINせず合わせて、気になるお尻まわりをカバーして。イエローのカーディガンを肩掛けすれば、シンプルなワンツーコーデにメリハリが生まれます。

  • デニム¥26,400(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)
  • シャツ¥17,600(エミアトリエ/エミニュウマン新宿店)
  • カーディガン¥17,600(Stola.)
  • バッグ¥151,800(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)
  • シューズ¥15,400(ピシェアバハウス/ピシェアバハウス ルミネ有楽町店)
  • イヤリング¥7,700(エネーダ/ココシュニック オンキッチュ有楽町マルイ店)

【シンプルに着こなしてスタイルよく】デニムスタイルをジャケットで大人っぽく

トレンドのチェック柄ジャケットを主役にしたトラッド風コーデ。インナーは白のブラウス×スキニーデニムで、シンプルにまとめるのが正解です。きちんと感を演出できるジャケットも、チェック柄なら単色のものより柔らかい雰囲気に仕上がります。

  • ジャケット¥104,000(BARENA/カレンソロジー新宿)
  • ブラウス¥9,000(ハッシュニュアンス)
  • デニムパンツ¥28,000(マザー/サザビーリーグ)
  • バッグ¥54,000(FURLA/FURLA JAPAN)
  • ローファー¥30,000(ジャランスリウァヤ×デミルクス ビームス/デミルクス ビームス新宿)
  • イヤリング¥11,455(アビステ)

【上に色物を持ってきて下半身から目線逸らし】オレンジのニットカーデでヘルシーに

トップス代わりのニットカーディガンは、パッと目を引くオレンジで華やぎ度をアップ。短め丈のトップスなら、脚長効果もバッチリです。ボトムスは女性らしさを演出できるスキニーシルエットで、スタイルアップを狙って。

  • デニムパンツ¥11,000(リーバイス®/リーバイ・ストラウス ジャパン)
  • カーディガン¥32,000タンクトップ¥9,000(ともにザ・ニューハウス/アーク インク)
  • バッグ¥29,000(ア・バケーション/アルアバイル)
  • ブーツ¥58,000(ピッピシック/ベイジュ)
  • ピアス¥35,000(ルフェール/UTS PR)
  • ネックレス¥80,000(マリハ)

【長めシャツ×スキニーデニム】華やかなトレンドカラーを差し色に

ブルーのストライプシャツにスキニーデニムを合わせた、シンプルな着こなし。足元は春らしいピンクカラーのローファーで、王道のシャツ×デニムをフレッシュに。ベージュのカーディガンを肩掛けして、コーディネート感をUPさせるのがポイントです。

  • ローファー¥72,600(トッズ/トッズ・ジャパン)
  • ストライプシャツ¥23,100(Edition/Edition表参道ヒルズ店)
  • カーディガン¥31,900(デミリー/サザビーリーグ)
  • デニムパンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)
  • バッグ¥237,600(トッズ/トッズ・ジャパン)
  • ピアス¥7,700バングル¥12,600(ともにアビステ)

【シャツ合わせは今年はバンドカラーが旬】シャツスタイルをカジュアルに

定番のスキニーデニムには、ゆるシルエットのバンドカラーシャツで今年っぽさをプラス。タイトなデニムは、キレイめトップスとも相性バッチリ。上下のシルエットに差をつけることで、スタイルアップも叶います。

  • デニム¥26,400(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)
  • シャツ¥8,800(リノームバイエーティー)
  • バッグ¥2,490(GU)サンダル¥15,950(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)
CLASSY.(クラッシィ) 2021年 6月号 | |本 | 通販 | Amazon
AmazonでのCLASSY.(クラッシィ) 2021年 6月号。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またCLASSY.(クラッシィ) 2021年 6月号もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

まとめ

一見難易度が高いと思われがちな『スキニーデニム』を使ったコーデ。気になるお尻まわりを上手にカバーしつつ、上下のシルエットに差をつけることで、スタイルアップが叶います。ぜひ、この記事を参考に、コーディネートしてみてくださいね。

他にも「ファッション」や「ライフスタイル」など様々なマガジンを配信しております。
併せてご参照いただければと思います。

マガジンまとめ
こんにちは。 マガジンまとめを訪問頂き誠にありがとうございます。 こちらの記事では、普段私が発信しているマガジン/メディアを一覧化した物になります。 Kazuhiro Mouri Blogでは更新のお知らせを随時発信されている...

最後までご覧いただき誠にありがとうございます♪

コメント