定期購読者様限定ページはこちら

妻夫木聡さんの私服がセンス抜群!コーデ集&私物〜愛用ブランド一覧まで紹介!

CELEBRITY(セレブ)
スポンサーリンク

清潔感のあるビジュアルと確かな演技力で安定した人気の妻夫木聡さん。高校生の時にファッション雑誌でモデルをしていたこともあり、そのおしゃれなファッションや私服コーデは注目の的です。そんな妻夫木聡さんの私服メンズコーデを愛用ブランドとともに紹介します。

妻夫木聡さんは私服がセンス抜群…!

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466533034/

『ウォーターボーイズ』や『涙そうそう』といった映画や『オレンジデイズ』『危険なビーナス』などのテレビドラマ、舞台、CMにと幅広い分野で活躍する妻夫木聡さん。正統派イケメンで好青年なイメージと、清潔感あふれるファッションは男女問わず人気があります。

高校時代は『東京ストリートニュース』でモデルとして活躍、表紙を何度も務めました。そんな妻夫木聡さんはファッションへのこだわりが強く、『Red』という映画では、持ち込んだ私服からインスピレーションを受けて衣装を選んだというほど。プロ顔負けのこだわりを持つ、妻夫木聡さんのおしゃれな私服コーデや愛用ブランドについて紹介します。

妻夫木聡さんのおしゃれな私服コーデ集

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466533901/

爽やかイケメン俳優の代表とも言われる妻夫木聡さんですが、年を重ねるにつれて大人の色気を醸し出すファッションもかっこいいと評判です。原点ともいえるストリートカジュアル、清潔感のあるシンプルスタイル、上品なスーツの着こなしなどを細かく解説します。好みのスタイルから参考にしてみてくださいね。

モノトーンコーデ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466535373/

かっちりした印象になりがちなモノトーンファッションですが、ほどよくゆるめのシルエットを選ぶとラフにセンス良く着こなすことができます。胸元に明るい色を持ってくることで、顔色も良く見えてイケメン度が増すコーデです。

ネイビーセットアップ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466534606/

素材感にこだわったセットアップは、妻夫木聡さんの私服コーデにも欠かせない色であるシックなネイビーが印象的です。上品さの中に、深い合わせやワイドシルエットなど遊び心が感じられます。柄物のスニーカーでスポーティーミックスファッションが新鮮です。

▼着用アイテム

  • ジャケット:DIOR
  • パンツ:DIOR
  • ネックレス:DIOR
  • スニーカー:DIOR(¥137,500)

レースアップトップス

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466533966/

難易度の高そうなレースアップトップスは、色味を抑えたコーデにするといいでしょう。妻夫木聡さんのようにパンツとシューズを同色系でまとめると、すっきり見えてスタイルをよく見せてくれる効果も期待できます。

▼着用アイテム

  • レースアップトップス:MARNI
  • パンツ:MARNI
  • スニーカー:MARNI

デザインシャツ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466533782/

メンズファッションでは珍しいボウタイのシャツですが、シックな配色を選べばおしゃれに着こなせます。袖丈を短めにすることで抜け感を出し、高級ブランドであっても頑張りすぎないコーディネートに仕上げることができます。シンプルなコートの中に着てアクセントにもおすすめです。

グレーニット

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466533193/

ざっくりとしたニットは、柔らかい印象のグレーを選ぶことでよりクリーンな印象に。襟元に白をのぞかせて顔回りを明るく、スニーカーと色を合わせて統一感を出しています。大人の色気を感じさせるカジュアルコーデです。

ボーダーTシャツ

出典:https://www.pinterest.jp/pin/604678687466535088/

定番のボーダーTシャツは、どんなボトムにも合うので日常でも取り入れやすいアイテムです。細めのもの、白の少ない配色だと大人っぽい雰囲気になります。ファッションコーデで大事なのはサイズ感で、ジャストか少しゆるめのシルエットがおしゃれに見えます。

▼着用アイテム

  • ボーダーTシャツ:WRAPINKNOT

ライダースジャケット

▼続きは有料会員限定になります▼
定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント