定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

年収400万の20代後半女性が好むブランドは? 小遣いは月5万円超

Fashion(ファッション)
スポンサーリンク

約3万人を対象としたインターネット調査により、日本人の消費生活の実態に迫る連載企画。今回は、25~29歳で個人年収400万円以上の女性たちはどんなブランドを好むのかを見ていく。同世代の女性と比べて、月の平均小遣いは2万6000円も多い。お金に余裕がありそうな彼女たちの消費行動を分析した。

(イラスト/木山綾子)

日経クロストレンド

より

マクロミル ブランドデータバンクが約3万3000人に実施した最新の調査結果(2021年1月実施)から、25~29歳の女性のうち個人年収400万円以上の人々の調査結果に着目した。

 20代後半の彼女たちは、1992~1996年生まれのミレニアル世代とZ世代。どちらの世代も、子供時代からパソコンやネットに親しみ、「デジタルネーティブ」と呼ばれる。

 25~29歳女性は、調査対象約3万3000人のうち1626人。そのうち、個人年収400万円以上と答えたのは220人で、25~29歳女性の14%ほど。

 25~29歳女性の月の平均小遣いは3万134円だ。対して、年収400万円以上の25~29歳女性は平均5万6405円で、自由に使える金額が毎月2万6000円ほど多いことになる。

化粧品メーカーは「アルビオン」

 お金に余裕がありそうな個人年収400万円以上の25~29歳女性は、どんなブランドを好んでいるだろうか。同世代の女性の好みと比較しながら、この層の女性が好きなブランドのトップ3を分野ごとに見ていく。

化粧品メーカー・ブランドでこの層が好むのは、1位「アルビオン」「資生堂」、3位「SHIRO」となった。このなかで、同世代の女性と比較してこの層が特に好きなのがアルビオンとSHIROだ。高級化粧品メーカーとして知られるアルビオンの人気の高さに、この層の金銭面の余裕が表れている。

 しかし、ファッション分野では、また違う傾向が見られた。アクセサリーは、1位「4℃」、2位「ティファニー」、3位「ete」。服は1位「ユニクロ」、2位「ジーユー」、3位「ザラ」となった。靴・シューズは、1位「ナイキ」、2位「ニューバランス」、3位「オリエンタルトラフィック」だ。

 これらのなかで、この層の女性が特に好むのが、いずれも3位にランクインしたete、ザラ、オリエンタルトラフィックで、どれも高価なブランドではない。

 スキンケアにはお金をかけるが、ファッションはトレンドを押さえられればいい。使えるお金に余裕はあるもののメリハリのある消費を心がけているようだ。

同世代と比べても「先進性」重視

 この層の女性の価値観がよく表れたのが、腕時計の1位「アップル」だ。デジタルネーティブな同世代と比較しても、この層におけるアップル人気は特に高い。この層の女性たちの価値観で、同世代の女性より10ポイント以上高いのが、「先進性の高いものにひかれる」なのだ。

 食品の分野では、和洋菓子は1位「ゴディバ」、2位「アンリ・シャルパンティエ」、3位「シャトレーゼ」「リンツ」となった。同世代の全体の女性ランキングで1位のシャトレーゼがこの層では3位になっている点や、アイスの2位「ハーゲンダッツ(クリスピーサンド)」をこの層が特に好んでいる点から、この層の女性たちは、値が多少張っても食にはお金を使う傾向にあると言える。

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント