定期購読者様限定ページが開設

いつも購読して頂き誠にありがとうございます。
この度β版として、定期購読様限定ページを開設しました。
こちらでかなり見やすくなったんじゃないかなと思います。

また徐々に改善と更新をしていきますので。

お楽しみに♪

定期購読者様限定ページが開設

幸せを追いかけて「不満だらけの人」の問題点

Kazuhiro Mouri's Mag
スポンサーリンク
私たちはつい、他人と年収を比べたり、社会的なイメージで就職先を選んだりしてしまいがちだ。しかし、あなたはほんとうはどのような人生を送りたいのだろうか? ほんとうはどのような人間になりたいのだろうか?
4000万人ものSNSフォロワーを誇る作家、ポッドキャスターのジェイ・シェティは、僧侶となるべく修行を重ねた経験をもとに、自分らしく生きるためのメソッドを紹介し、世界中から熱狂的な支持を得ている。世界30カ国以上で刊行され、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー1位ともなり、ついに8月に日本語版が刊行されるシェティの著書、『モンク思考』から、一部抜粋・編集のうえ、お届けする。
モンク思考: 自分に集中する技術 | ジェイ・シェティ, 浦谷 計子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでジェイ・シェティ, 浦谷 計子のモンク思考: 自分に集中する技術。アマゾンならポイント還元本が多数。ジェイ・シェティ, 浦谷 計子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またモンク思考: 自分に集中する技術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

幸せを追いかけて不満だらけの現代人

現代社会では、かつてないほど多くの人が不満を抱えながら生きている。不満がない人でも、たいていは「幸福」を追いかけることに躍起になっている。

社会もメディアも、何かを成し遂げた人や、成功した人をもち上げては、僕らにこうなるべきだ、こう生きるべきだというイメージやコンセプトを押しつけてくる。

でも、名声、お金、華やかさ、セックスは、どれも僕らを満足させてはくれない。むしろ、僕らは欲望を募らせ、いらだち、幻滅、不満、不幸、消耗という悪循環に陥っていく。

ここで、「モンク・マインド」といわゆる「モンキー・マインド」と呼ばれるものが、どれだけ違うかを話しておこう。

心は使い方次第で人を気高くもすれば、卑しくもする。心にはそういう力がある。僕らはとかく、ものごとを考えすぎたり、先延ばしにしたり、不安に悩まされたりするが、そういうときはモンキー・マインドに陥っている。

モンキー・マインドは、こっちの考えからあっちの考え、この問題から別の問題へと、せわしなく飛び回るだけで、何一つ解決しない心の状態を指す。

でも、そんなモンキー・マインドをモンク・マインドに育て上げることは不可能じゃない。自分が求めているものの根っこの部分を掘り下げて、成長するために実行可能なステップを見つければいい。

モンク・マインドは僕らを混乱と注意散漫の沼から引き上げ、ものごとを見きわめる明晰さと、人生の意味と方向性を教えてくれる。

「モンク・マインド」は、僕らに、今とは違う人生観、違う生き方を見せてくれる。その新しい生き方では、反骨心、無執着、再発見、目的、集中力、自制心、奉仕が鍵を握る。

モンク・マインドがめざすのは、エゴ、嫉妬、欲望、不安、怒り、不満、悩みから自由になることだ。

僕に言わせれば、モンク・マインドは入手可能なだけではない。必要不可欠なものだ。他に選択肢はない。僕らは落ち着きと静けさと安らぎを必要としている。

「ほんとうの自分」とは何だろう?

人はみな、程度の差こそあれ、無意識に俳優のように演技をしているようなものだ。ネットの世界で演じる役柄、職場や友人の前で演じる役柄、家庭で演じる役柄……というように、ペルソナを使い分けている。

もちろん、それにはそれなりのメリットがある。その役柄を演じるからこそ、生活費を稼ぐことができるし、居心地のよくない職場でも仕事を続けられる。たとえ、いけ好かないと思う相手でも、付き合わなければならない相手なら、付き合っていける。

でも、そういう役柄を幾重にもまとっていると、そのうち、ほんとうの自分が埋もれてしまう、なんてことが起きる。もっとも、ほんとうの自分が何だったかを知っていればの話だ。

僕らはみな、職場での役柄を家庭にもち帰ったり、恋愛関係に友人の役柄をもち込んだりしているが、自覚や意図をもってやっているわけじゃない。しかも、その役柄をどんなにうまく演じたところで、結局は満足できずに、気が滅入り、自信をなくし、みじめな気分を味わっている。

僕らが「自分」と呼んでいるものの姿は、ただでさえちっぽけで傷つきやすいうえに、ゆがんでいるからだ。

僕らは、他人にそう思われていると思っている自分の姿に忠実であろうとするあまり、自分の価値観さえも犠牲にしてしまう。いや、そもそも自覚や意図をもって、自分の価値観どおりに生きたことが一度でもあるだろうか?

僕らは他人の目に映る自分を見て、それが自分かもしれないと思っている。しかも、その屈折した自己像をもとに人生の決断を下していることに、たいして疑問も抱かない。

社会学者のクーリーは、そうやって形成される自己像を「鏡に映った自己」と呼んだ。僕らは、他人の感じていることを感じとり、それが自分だと思って生きているうちに、ほんとうの自分を見失ってしまった。

他人の夢を自分の夢だと思い込んで追いかけていたら、自分がほんとうは何者で、何に生きがいを感じるかなんて、どうして分かるだろう?

雑音にフィルターをかけてみる

僧侶になると宣言した僕に周囲が示した反応は、僕ら若者が日頃から受けているプレッシャーの典型例だ。

家族や友人、社会やメディアは、「人はこうあるべきだ」とか「こうするべきだ」というメッセージをさかんに発している。彼らは意見と期待と義務を声高に叫ぶ。高校を終えたら一流大学へ入れ。金になる仕事を見つけろ。結婚しろ。マイホームを買え。子どもをつくれ。出世しろ。

世間には世間なりの標準が存在するものだし、幸福な人生とはこんなものかもしれない、という社会的モデルがあってもおかしくはない。ただし、そのモデルを無条件に自分の目標にしてしまうと、現実に達成できないとき、訳が分からなくなる。

なぜ今の自分はマイホームを買えないのか、なぜ今いる場所で幸せではないのか、なぜ今の仕事に虚しさを覚えるのか。いや、そもそもほんとうに結婚したいのか。それどころか、めざしているゴールはほんとうに自分が望んでいるものなのか。

本格的にアシュラムに入るという僕の決断は、周囲を騒然とさせたが、その種の雑音に心を惑わされずに済んだのも、やはりアシュラムで経験を積んでいたからだ。問題の原因と解決策がいっしょだったわけだ。

周囲の人間が、正常で、無難で、現実的で、最高だとする人生の定義に、僕は振り回されなくなっていた。

自分を愛してくれる人たちと縁を切ったわけではない。どの人も大切だったし、心配してほしくはなかった。でも、だからといって、彼らの定義に合わせようとは思わなかった。人生で最も難しい決断は正しい決断だった。

両親、友人、学校、メディアは、ああだこうだと言って、自分たちの信念や価値観を若者に植えつけようとする。社会が言う幸せな人生の定義は、誰にでも当てはまるように見えて、じつは誰のものでもない。

ほんとうに自分らしい人生を送りたければ、周囲の雑音にフィルターをかけて、自分の内面を見つめるしか道はない。それが「モンク・マインド」を育てるための旅の第一歩だ。

僕らは、僧侶のように邪魔なものをそぎ落とすことから、この旅を始めよう。まずは、僕らを翻弄し、大切なものを見えなくしているプレッシャーに目を向ける。そして、今の生き方のベースになっている価値観の棚卸しをして、その価値観が、ほんとうになりたい自分、ほんとうに生きたい人生と合致しているかどうか考えよう。

(翻訳:浦谷計子)

モンク思考: 自分に集中する技術 | ジェイ・シェティ, 浦谷 計子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでジェイ・シェティ, 浦谷 計子のモンク思考: 自分に集中する技術。アマゾンならポイント還元本が多数。ジェイ・シェティ, 浦谷 計子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またモンク思考: 自分に集中する技術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

より

 

コメント