定期購読者様限定ページはこちら

意外と簡単! 大人のための「ハイテクスニーカー」コーデ術【31の見本】

ACCESSORIES(小物使い)
スポンサーリンク

そのボリューム感で、コーディネートのポイントとなる「ハイテクスニーカー」。本記事では、そんなハイテクスニーカーのコーディネート術をテイスト別、季節別、合わせるアイテム別にご紹介します。足元を今っぽくアップデートして、こなれた印象を手に入れてみてくださいね。

  1. ハイテクスニーカーとは? コーデのポイント
    1. ハイテクスニーカーとは?
    2. コーデのポイント
  2. 【テイスト #1】「大人カジュアル」を格上げ
    1. オールブラックに映えるハイテクスニーカー
    2. 白を選んで軽やかさも両立
    3. 足元にボリュームを作ってスタイリッシュに
    4. テイストミックスの完成度を上げる
  3. 【テイスト #2】「きれいめ」コーデの外し役に投入
    1. 重厚感スニーカーでマンネリさせない
    2. スーツスタイルに抜け感を作る
    3. 品の良いベージュコーデを無難にさせない
    4. 靴下との合わせ技でスポーツミックスに
    5. ハイテクスニーカーを主役にしてみる
  4. 【季節 #1】「春夏」コーデのポイントに取り入れて
    1. ボリュームを作って今っぽさをひとさじ
    2. 夏の定番ワンツーをブラッシュアップ
    3. カラーをアクセントにポジティブオーラを放って
    4. ストリートなムードを盛り上げて
  5. 【季節 #2】「秋冬」コーデをかっこよく
    1. ハイテクスニーカーでモダンさを後押し
    2. 白で抜け感を作りながらタフさはキープ
    3. カラフルハイテクスニーカーで親近感を添えて
    4. 厚みのある白アイテムでスポーティに着こなす
    5. 穏やかなベージュコーデに切れの良さを授けて
  6. 【アイテム #1】「パンツ」スタイルを無難にさせない
    1. ネオンイエローでモード感を光らせる
    2. オールブラックに小さなグリーンがよく映えて
    3. スウェットコーデを垢抜けさせる
    4. アクティブなボトムコーデでジャケットスタイルが見違える
  7. 【アイテム #2】「スカート」が甘くなりすぎない
    1. きりっとかっこいいスカートコーデの作り方
    2. シンプルワンツーが単調にならない
    3. 色のトーンを変えて抑揚たっぷりに仕上げる
    4. アスレジャーミックスでスカートルックを新鮮に
  8. 【アイテム #3】「ワンピース」スタイルが垢抜ける
    1. タフな足取りで甘さを中和
    2. ハイテクスニーカーでヘルシーに導いて
    3. ガーリーワンピースにあえて合わせたい
    4. 蛍光色が着映えに直結
    5. 緩急をつけてメリハリをオン

ハイテクスニーカーとは? コーデのポイント

ハイテクスニーカーとは?

ハイテクノロジースニーカーの略であるハイテクスニーカーは、その名前の通り高機能なスニーカーのことを指します。例えばクッション性が高かったり、フィット感を高める機能が搭載されているタイプなどがハイテクスニーカー。反対にローテクスニーカーとは、そうした機能がなくボディとソール、糸で作られたシンプルなデザインのものを指します。

コーデのポイント

ハイテクスニーカーは厚みがあったり、ゴツめデザインが多いため「バランスのとりにくさ」が難しさとして挙げられます。足元にボリュームを出すトレンドを意識しつつ、バランスをとるのがポイントです。

【テイスト #1】「大人カジュアル」を格上げ

タフな印象のハイテクスニーカーを加えれば、大人カジュアルにモード感が添えられ、クラスアップが図れます。こなれ見え間違いなしなコーディネート術を早速チェック。

オールブラックに映えるハイテクスニーカー

スニーカー以外全て黒で統一したミニマルルック。ここでスニーカーがシンプルなローテクだとやや物足りなさを感じますが、ハイテクスニーカーを選んだことでタフな足取りが実現します。白をベースにピンクやブルーのラインが入ったデザインで、キャッチーにきめて。

白を選んで軽やかさも両立

ノースリーブトップスとパンツ、スニーカーで構成したカジュアルルック。ボリュームのあるハイテクスニーカーで今っぽさを叶えながらも、カットソーと同じ白を選べば軽やかさも両立できます。パンツは白とお似合いなブルーをセレクトし、爽やかに。イエローのざっくりニットを肩掛けし、立体感を上げればマンネリ知らず。

足元にボリュームを作ってスタイリッシュに

赤のハイネックニットに、アイスブルーのマムジーンズを合わせメリハリ配色を意識。そこにグレーがベースのハイテクスニーカーを掛け合わせれば、足元にボリュームが出てカジュアルもスタイリッシュにまとまります。仕上げに黒の太ベルトを添え、着こなしをクラスアップ。

テイストミックスの完成度を上げる

生真面目な印象の黒スーツも、パーカーをインナーとしてセレクトしたことでこなれた雰囲気に。スーツとパーカーの色とリンクさせたハイテクスニーカーで、テイストミックスの完成度を引き上げています。ストイックな配色なので、パステルイエローのバッグを投入し、親しみやすく。

【テイスト #2】「きれいめ」コーデの外し役に投入

カジュアルコーディネートにマッチすることはもちろん、きれいめコーディネートの外し役としてもおすすめなハイテクスニーカー。コンサバに傾きすぎず、今のムードにマッチした装いを作ることができます。

重厚感スニーカーでマンネリさせない

パフスリーブがエレガントな白ブラウスに、エクリュのパンツを合わせた王道きれいめコーディネート。足元には予想を裏切るようなボリュームハイテクスニーカーを合わせたことで「おしゃれを分かっている」雰囲気を醸して。色は白をベースにすれば、悪目立たせずにしっかり馴染みます。

スーツスタイルに抜け感を作る

黒のジャケットとパンツ、そして白トップスで作る大人のミニマルルックは、ぽてっと厚みのあるハイテクスニーカーで外せばモダンな装いに昇華。ヘアをすっきりまとめつつ、ゴールドのフープピアスをあしらい顔周りもぬかりなく。

品の良いベージュコーデを無難にさせない

タイムレスに活躍する、上品ベージュを使ったきれいめコーディネート。そこにボリュームのあるハイテクスニーカーを迎えれば、無難にならないトレンドライクなきちんとルックへと早変わり。ぱきっとシャープな白を選んで、スタイリッシュさを添えています。

靴下との合わせ技でスポーツミックスに

黒で統一した上下に、ブラウンのロングダウンコートをかけ合わせたコンサバルックは、こだわりの足元コーディネートで今っぽく更新。厚みのある白のハイテクスニーカーとラインソックスを掛け合わせれば、スポーティさが加わってこなれて見えます。

ハイテクスニーカーを主役にしてみる

時には、ハイテクスニーカーを主役にするためにオールブラックコーディネートを楽しむ発想もあり! 構築的なデザインと重厚感のあるスニーカーなら、街中で映える装いが手に入ります。タフな着こなしなので、足首をちらりと覗かせ抜け感を作ると好バランス。

【季節 #1】「春夏」コーデのポイントに取り入れて


身にまとうアイテムが少なく、薄くなる春夏は、小物使いがコーディネートの鍵となります。存在感のあるハイテクスニーカーを活用すれば、着こなしが単調にならず絵になるスタイルを叶えることができるので、是非参考にしてみてくださいね。

ボリュームを作って今っぽさをひとさじ

微光沢感のある、とろみ素材のシャツ×イージーパンツは、オフホワイトを選んで春らしく爽やかに。そこに同色のハイテクスニーカーを加えれば、きちんと感はそのままにほんのり今っぽさを添えることができます。ワンカラールックなので、ゴールドのフープピアスとオレンジリップで顔周りを華やかにトッピング。

夏の定番ワンツーをブラッシュアップ

白Tシャツとデニムパンツのオーソドックスな組み合わせは、ハイネックTを選ぶことでマンネリ回避。さらに黒ワンピースを重ねつつ、ぽってり厚みのある白のハイテクスニーカーを加えればぱっと目に止まるコーディネートが完成。

カラーをアクセントにポジティブオーラを放って

 

 

▼続きは有料会員限定になります▼

定期購読(サブスプリクション)へのご入会はこちら

コメント